ブログトップ

My Foolish Heart

愛という名のもとに

月9の『幸せになろうよ』香取慎吾主演のラブストリーを観てドラマにおける感動の真髄について思った。
このドラマはどうでもええと思いながらもラブストーリーなので、結構気軽に面白く観れる。
黒木メイサ芝居下手やな~ 美人やから見れるけど、まぁこれで芝居上手かったら怖いもんあるか。

ラブストーリーに於いて、結構名作のラブストーリーはあんまり感動しない。なにがええんかわからんのが多い。キャスティングと音楽でもってるのか?
私が感動するのは、役者、ヒロインの台詞にある。
こころに残るのは、
東京ラブストーリーのヒロイン鈴木保奈美が織田裕二に『カンチ、セックスしよう!』という、これはどうでもええ、
びっくりしただけで、なんも心に残らん。

感動したのはこの2作

北川江吏子脚本の名作『愛してると言ってくれ』 耳の不自由な豊川悦司がヒロインの常盤貴子に恋愛の破綻、終わり際に言う台詞
君の声が聴いてみたい・・・・・・アイシテルトイッテクレ・・・・・と手話と掠れた声で言う。ドラマタイトルと同じ台詞。

石田純一と秋吉久美子の『さよならをもう一度』
元恋人が再会するが、男は恋人、女は夫がいた。秋吉はキャリアウーマンで、勝気だった。癌に侵さ
れ、闘病と最期を元恋人石田が付き添う。仕事も家族も失った石田。秋吉が死んだ後、敵役だった長塚京平に、ある者が全部失った石田に何が残ったのかと苦言する。長塚は言った。愛が・・・・残ったのではないでしょうか。・・・・・・このドラマ、内容は深かったが、都会的でお洒落だった。主題歌は非常に素敵だった。
瞳のささやき ♪
[PR]
Commented by カイロドクター at 2011-06-02 11:08 x
愛してると言ってくれはインパクト強くてよかったな~。
Commented by mizunoawa921 at 2011-06-03 00:14
カイロドクターさん
常盤貴子がトヨ悦を好きで好きで溜まらない感じをよく演じてました。恋愛の醍醐味が上手く描かれて、クライマックスは切なく、結末もよかった(^ ^) 
by mizunoawa921 | 2011-06-01 21:55 | 雑記 | Comments(2)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31