ブログトップ

My Foolish Heart

恵那ボルダー 

d0151699_21383149.jpg

トケビ岩 ako

d0151699_21385888.jpg

ノムール1級 sportabaさん 

d0151699_21391523.jpg

シュクラン1級 sportabaさん

恵那ボルダーに初めて行ってきた。インターを降りてから駐車場まで向かう道のりは、ボルダーエリアまで整備されて、案内板が立っており、大きなdaiちゃんの看板が迎えてくれた。地元の方がクライマーを受け入れてくれていることが伺える。日本各地の他のエリアもそうなればいいのにと思う。

エル岩でキノピー引率のみんなと合流。sportabaさんは3級ゲット。私は8級。

ルーフルーフ岩でノムール1級=これを私たちはイルカと思っていた(><)sportabaさんはいい線まで行っていたが、キツイムーブはやるごとに高度が下がってきた。
横にある大きなルーフをこれを岳人先生が登りはったイルガ3段なんや!と思って拝んで移動。
あれはなんの課題やったんかい!

ウォールフラワ岩の7級を私は完登。sportabaさんはど嵌りの末3級完登。

レッドケイブ岩のレッドケイブ2級をsportabaさん1撃!

それからキノピーたちがいるシュクラン岩に移動。キノピーたちは遭難しかけてやっと着いたみたいだと電話が入った。私たちも長いアプローチを想定して行くが、途中で道を聞いたら、すぐ下です。
と教えてくれたのは、ドリームタイムを登ったmoka君だった。すぐに到着。帝釈のアプローチに比べたら、楽勝やな・・・
こないだ来て今日は落とし狙いのムネ君が初1級シュクランを完登。
sportabaさんは、登れたと思ったら降ってきた。惜しくも1級完登ならず・・・

コーヒーの差し入れをmoka君に持っていく。4段を小さなマットひとつで一人でやっていた。
マットひとつで怖くないんですか?と聞くと、マットない時は危ないことしないんで・・・
みんなで来てるからマットいっぱいあるから持ってこようか?と言うと、いいですよ~(^^;)
ありがとうございます。
移動する時moka君に挨拶しに行くと、気温は高くなく肌寒いくらいなのに、裸になっていた。

最後はトケビ岩
私は6級と打ち込んで4級完登。
sportabaさんはトケビ3級を完登。

恵那は威圧感があるかと思ったが、子供も年輩の人も来られていた。日本のトップの若者も来る。
手軽にクライミングの面白さと難しさが楽しめるボルダリング。流行る理由がわかる。
私が楽しさでいっぱいなのは、気候のいい森の中とワイワイ登る賑やかさと騒がしいさと1日で登れるかどうかのエンジョイグレードをやってるからなのだとわかっている。
今回の私たち集団と一人で打ち込みにくるクライマーとの間には何があるのだろう・・・と考える。
ベテランクライマーはボルダリングは、集団で登るイメージが今は強いが、昔はそうでなかった。
ルートの練習だった・・・・と
ルートは賑やかさはないが、一人では登れない。ビレーヤーがいる。ボルダーはちがう。賑やかにも登れるし、一人でも可能。本当の孤独と向き合うのはボルダリングなのか・・・・

近日中にイルカやりにいかなあかんな~とsportabaさんと語る。
足のこともありボルダーはあんまりよろしくない。
今週末は、ヌンチャクとロープの入った重い荷物を背負い、懸垂と登り返しで一日のアプローチで軍手が穴の空く岩場に行く。そこは奈落の底にある道場。しんどいな~と思うけれど、そこが今の自分なりのクライミングができる場所だと思うから・・・
True Colors ♪
[PR]
by mizunoawa921 | 2012-05-14 01:18 | | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30