ブログトップ

My Foolish Heart

梅雨の明けまで 奈落の底

d0151699_1354499.jpg


先週は指の関節炎と山歩きトレで奈落の底は行かなかった。
梅雨で週末まで雨続きだったからか、他の岩場は染み出しあるようで、今日は奈落の底は18人くらいいた。バラクーダー12Aは5人。第一核心は1テン、第二核心は、苦戦。棚ガバが黒く滑っている。マッチして縦ホールド右でとって、フラッキングで右のクラックをとりにいく。
テンションを重ねる。何とかいけてランナウトクリップ、棚を這い上がり、ハング乗り越し前のコルネからのハング際までをいく。ハング超えは時間かかると思い降りてきた。

2回目は、第一核心をノーテンで突破。第二核心もテンションかけていけるが、ランナウト最後のガバがとれずフォール。そこから何度か突撃して、降りてきた。

今日は1回目降りてきた時、sportabaさんが35分ぶらさがってたな~前の○○君は42分やった。と言われた。何でそんなん言うのかな?と思ったら、横でビレーしていたクライマーが、私の登っているのを見て、
「長いな~ 降りさせたらええのに」とつぶやいたらしい。sportabaさんは、掃除して降りてくるて言うてるからもう降りるわ!と答えたらしい。
sportabaさんは、長いルートのバラクーダー5人いてるから40分超えたら降りて来い!と言おうと時間を計っていた。
私も5人いてるから2回目回ってこないかも?と思い、第二核心は超えておこうと思った。
その後、そのクライマーは
「テンション、テンションて言って、分相応のグレードやれへんからあんなんなるねん」
と言ってたのをsportabaさんは聞いたらしい。

しかし、みんな30分以上やってるし、バラクーダーと関係ないルートをそのクライマーと仲間はやってるので、関係ないのに、そんなことを言ってくる。それにその仲間は12台をトップロープでやっていて、分相応のグレードをやっているのか?と矛盾を感じる。他人のクライミングスタイルに口出す前に仲間のクライミングはいかがなものか?
2回目のトライもやめとこか・・・・と思ったが、順番回ってきて、バラクーダーの人らは、僕らは地元なので時間気にしないから、先にやって下さい。存分に長いことやってくれていいです!!と言って下さった。
長いハングドックをして迷惑かけてるのならわかるが、みんな許容範囲でやっているのなら、とやかく言われる筋合いはない。分不相応は百も承知でやっているし、素人でもないので良いスタイルのクライミングについての知識はある。私も再骨折からの遷延治癒で苦労し、自分のできる範囲の目標を見出し、奮起してこれからやっていこうと思っているのに、心無い人がいるなと意気消沈した。みんないろんな事情があり、其々のスタイルでやっているのだから、自分の尺度で意見するのはいかがなものだろうかと思う。自分のクライミング論は、仲間内で夜酒の席で語ったらどうなのだろう。

心外なできごとがあったが、sportabaさんもムーブ変更して、第一核心をノーテンで突破。
同じく私も第一核心をノーテンで突破。その後は、秋に後半戦か・・・・
来週は、一日奈落で一日は違う岩場に行こうと思う。

d0151699_1361656.jpg

[PR]
Commented at 2012-06-25 22:25 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mizunoawa921 at 2012-06-25 22:41
心こもった有り難いコメントありがとうございます。
貴方のような強いクライマーでもそんなことがあったのですね。怪我とかそんなことから比べると大した事は何もなく、図太い神経なのですが・・・・何かもうどうでもよくなる自分がいますね・・・私が尊敬する貴方のようなクライマーから励ましの言葉を頂くと、また頑張ろうという気になります。感謝です!!!
Commented by edy at 2012-06-29 00:10 x
お久しぶりです。  くだらんコトを言う人が
居ますネ~。  僕は登れない難しい課題にトライするのは素晴らしと思いますヨ。  頑張って下さい!!
Commented by mizunoawa921 at 2012-06-29 23:33
edy 忙しいですか?ほんまくだらん奴やったわ
言うたろかな!!と思ったけど、乱闘になって岩場閉鎖になっても、くだらんわ!!と思ってやめました。
ぼちぼち頑張ります。ありがとうね~!!
by mizunoawa921 | 2012-06-25 00:15 | | Comments(4)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30