ブログトップ

My Foolish Heart

永遠のゼロ

 百田尚樹著『永遠のゼロ』を読む。ジャーナリスト志望のフリーライターの女性が、終戦60周年記念の新聞社の仕事として、司法試験浪人でもはやニートの弟と太平洋戦争で戦死した祖父の人生について調べ出す。
 祖父、宮部久蔵を知る戦友から、話を聞くと、戦闘機乗りとして凄腕を持ちながら、異常なまでに死を恐れ、生き残ることにのみ執着する零戦パイロット、海軍航空隊一の臆病者だった。ことを聞かされる。

 しかし、物語が進むにつれて、宮部の真の姿が浮かび上がってくる。そして、最後に特攻として死んででいく。
 
 真珠湾攻撃、ミッドウェーの戦い・・・など耳にしたことはあるが、本書は、太平洋戦争が、解り易く説明されている。大本営や軍令部の将官クラスのエリート意識、自分の身を守りながら、無謀で命知らずの作戦をとり、人命軽視の思想であった日本軍の実態が描かれている。その一番の狂気な戦法が、特攻隊であり、人間ロケットである桜花といった十死零生の作戦だった。

 「神風特攻隊 戦後、様々な捉え方があった。国のために命を投げ打った真の英雄と称えられた時もあったし、歪んだ狂信的な愛国者とののしられた時もあった。しかしどちらも真実をついていない。彼らは英雄でもなければ強人でもない。逃れることの出来ない死をいかに受け入れ、その短い生を意味深いものにしようと悩み苦しんだ人間だ。」
 幼い頃に見た映画や劇画のように戦時中の人々の惨事が描かれ、それを観てから、戦争の悲惨さを見るのが辛くて、その夜は眠れないこともあった。戦争をテーマにした本書もそれを覚悟だったが、FBのみんなが感動したと勧めてくれたので読んでみた。本書は、戦争の悲惨さを凄惨に書くことよりも、搭乗員、兵士たちの心理状況が、とてもよく掘り下げられて、またパイロットの空中戦も興味深く描かれている。
そこには、作家自身の清々しい人となりを感じた。

 私は、本書を読み終え、戦争とは、人間とは、幸せとは・・・・?と考えたとき、以前読んだ「幸福論」という有名人のエッセイ集で黒柳徹子の幸福論が一番心に残ったことを思い出した。幸せの原点 

昨今の近隣諸国との緊迫した情勢、憲法改正・・・・この時代にあって本書を読んだ若い人はどう思うだろう。
ジャーナリスト志望の慶子は、結婚観を考え直した。健太郎は、ニートからもう一度、司法試験をトライすることにした。

本書を読んで、誰もが生きることを考え直すのではないだろうか。
人生半ばに差し掛かり、家庭をもっていない私は、この先のことを考えたり、仕事も趣味もやりたいことは、やってしまった感があり、ふと虚脱感に襲われることがあった。しかし、精一杯に、私なりに生きていこうと、本書を読み終えて、そう思い直しました。
[PR]
Commented by kounoproclimb at 2013-01-29 00:32
僕も年末に、読みました。うまく、言えないけど文章にすると感覚が薄れてしまうようでとうとう何も書けず、時間が過ぎてしまった。そんな感じです。
それより沖縄に初めて行ったとき、姫ゆりの塔に行って衝撃を受けました。
僕は分かっているつもりで何も知らなかったんだと思い知らされたんです。
それこそ、頭を叩かれたほどのショックでした。
嫁さんは鹿児島出身ですが知覧には行ったことがないそうです。
今度、帰省した時は時間をつくって必ず夫婦で行こうと思っています。
Commented by ako at 2013-01-30 00:56 x
kounoさん 私も読んだ感動を上手く文章にできなかったけれど、この本を多くの人に読んでもらいたいと思い書きました。
姫ゆりの塔・・・そうなんですね。私たちの世代でも衝撃を受けるのだから、若い人たちは、もっと何も知らないんでしょうね。
鹿児島の知覧に、いらっしゃた時には、また私たちにも教えて下さい。


by mizunoawa921 | 2013-01-27 10:32 | 雑記 | Comments(2)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31