ブログトップ

My Foolish Heart

奥穂高岳

d0151699_181188.jpg
d0151699_1801071.jpg
d0151699_17594195.jpg
 
 
物事には何でもきっかけがある。岩登りを始めたきっかけは最近の人はクライミングジムに行ったことを理由に挙げる人がほどんどだろうが、大概私と同年代から上は登山をやっていた人だ。
 社会人になってすぐ、会社の人たちと上高地に行った。その美しさに私は感動した。帰ってきてからそこが舞台となる井上靖の『氷壁』を読んだ。山好きな会社の上司に、「ピッケルって何ですか?」と聞いた。「あんたは一生持つことがないもんや」と言われた。しかし私は社会人の山岳会に入りその持つことのない物を持ち始めた。ハイキンもやってないのに、バリエーションの壁を登り冬山も行った。凍傷に合い随分痛い目にあった。このままでは死ぬと思ってフリークライミングに転向した。
3年前の再骨折から治りが遅く、去年はなんとか西穂に登り、今年は奥穂高に行って来た。

 去年の西穂では私は山荘に泊まったが1畳みに3人という混み具合で眠れず、今年はテント泊にしようと、荷物持参での山行だった。去年の夏から鬼岩通いを再開して、ちょっとは体力ついてるかな~と思ったが・・・・
上高地から歩き出し最初の1時間で左足をかばってか、常時の右の腰痛から臀部、足の付け根がねじれたように痛くなる。これはあかんわ・・・・と思いながら、なんとかこの山行だけはいけるとこまで行きたいと耐えながら歩く。3時間経ったなだらかな歩きが終わり横尾から登山道へ。足を上げる登山道の方が荷物の負担が軽減されるのか?筋肉痛は和らぎひたすら歩く、歩く・・・・3時間。バテバテだったが、なんとかコースタイムより速く着いた。
 
 登山ブームで涸沢にテント張るスペースがないかも?と思ったが秋よりは余裕があった。
昔、何度かここを通り過ぎたことはあるが、ベースを張るのは初めて。
涸沢ヒュッテのデッキはここはスイスかい?と思うほどの絶景を前にした豪華なビアガーデンだった。
明日の起床についてsportabaさんに確認すると、何でそんな早行くん?と言われる。
山岳警備隊のイケメンお兄さんに明日の天気を聞き、あれが奥穂までの道ですよね?と聞くと、あれは北穂への道です008.gif(こいつら大丈夫か?w)早め早めの行動をお願いします。と言われる。
担ぎ上げた普通のパスタにデトルトのミートソースだったが、めっちゃ美味しかった。
テントで地図をもう一度確認して、明日の奥穂へのアタックが心配になりながらも、熟睡していた。
 周りが早いので自然と夜明前に眼が覚める。今日はほとんど空荷で奥穂へアタック。
無我夢中で穂高山荘へ到着。みんな歩きの登山でもヘルメットを被っている人が多い。上を見ないで張り出した前の岩に私は頭をゴツンと打った(><) 穂高山荘からはハシゴが出てきて軽い岩登り。頂上の晴れ間は一気にガスって来た。下りで足の裏痛いな~と思ったら、左足の踵に水ぶくれができていた(><)
テーピングを巻いて涸沢ヒュッテのちょい上の涸沢小屋でビールとおでん。すると雨が降ってきた。
 翌日は晴天で名残惜しく穂高連峰の景色とお別れ。長い長い下山だった。
 十数年前に訪れた帝国ホテルでランチ。無事下山できたらステーキを食べようと思っていた。3100円のステーキとピラフ添えを注文したら、ほとんどピラフでステーキが上に添えられてるだけやった(><)
涸沢ヒュッテでビール500MLのロング缶が700円で、注文してないが帝国ホテルは350MLで1000円やった。これにまだ消費税とサービス料がつく005.gif

 北穂、西穂、奥穂とピークを踏んだ。残すは前穂のみだ。昔山岳会の最初の夏合宿は、「氷壁」の前穂の東壁だった。天気が悪く、奥又池のベースまでしか行ってない。足裏の豆を潰し、足と腰をアイシングしながらも、また前穂の東壁をネットで検索する。数年前、取りつき迄が悪くもう風化してると聞いたことがある。女性クライマーがブログでアップしているのを見る。しかし、プロガイドと行かれていた。右も左もわからず、連れて行ってもらった山岳会時代を思い先輩たちの経験と力量を思い返した。そして、また今回も共同装備のほとんどをもって連れて行ってくれたsportabaさんに、ありがとう。
・・・012.gif リベラ 彼方の光♪ 
 
 
 
[PR]
Commented by eiki at 2013-08-17 23:18 x
ホントにいい写真ですね。学生の頃一度だけ奥穂高に行きました。読んでたら15年も前のことなのに、鮮明に思い出しました。いつか腰が完治したらもう一度行ってみたくなりました。
Commented by mizunoawa921 at 2013-08-18 00:40
eiki君 ありがとう!!腰の手術から快復に向かわれているようですね。医療介護士の仕事もeiki君らしく考え深くされていて、いつも感心します。大きな怪我をすると見えなかったものが見えてきますね。eiki君はまだまだ若いからクライミングもまた一線に復帰されると思いますが、機会があったら一緒に山に行きましょう。岩のルートもですね!!
by mizunoawa921 | 2013-08-17 13:55 | | Comments(2)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31