ブログトップ

My Foolish Heart

最強クライマーと共に 備中 ニューエリア




d0151699_21524034.jpg


d0151699_21542386.jpg


d0151699_2154733.jpg


d0151699_21521877.jpg


d0151699_2151310.jpg


d0151699_21503724.jpg


d0151699_2255919.jpg

eiki君の奥さんからの差し入れ、長岡京の小倉山荘のチョコクッキーは、辛党の私にも美味しくて、同僚にもあげたら、みんなこれ、美味しいわ~と言っていた016.gif

 今週はボルダラーのeiki君も一緒に備中に行ってきた。
深夜は雨が降り続いたが、日曜のニューエリは混んでいた。私の時間よ止まれ、1便目アップを兼ねてだが、コルネはたく前のガバ取り指先感覚なくなりフォール。2便目にかけるが、やはりコルネはたく所でフォール。そこから1テン。今更ながら、コルネはたく前のサイドガバが親指かかることに気付く、これでコルネちょっとは安定してはたきにいけるかも・・・・・
 sportabaさんもRP願いだが、気温が高くなり滑っているのか・・・・核心ランジ発射の粒ホールドの持ち方、取りに行く肘の角度などを今更ながら、確認する。

 eiki君は十数年ぶりかの岩のルート。ニューエリアは初めて、アップが終わってから、時間よ止まれ、をトライ、1便目で核心手前までいく。最終ピンからの核心は3通りあり、悪くて有名。みんな最初で抜けれないがeiki君は流石で、右回りのボルダームーブで抜ける。2便目で核心クロスして足も上がってもう、貰ったと思ったが、足上げすぎたらしくフォール。惜しかった。最後に記念にと二国をやってもらうが、核心手前までノーテンでサクサク行く。ランジは時間切れで止まらずだったが、流石に強かった。
 eiki君はパンプで知り合いになった。リードエリアでいた私に声を掛けてくれた。時々ボルダーエリアからやってきてはリードエリアで高グレードを登る、ルートもできるクライマーだ。若くてジムでも岩でも高グレードを登る。フクベに行く時、私も連れて行って!と言ったたらあっさり連れて行ってくれた。初めて行ったフクベは、私には刺激的でそこでのeiki君はやっぱり強かった。帰りの車の中で夕日が綺麗で、「akoさんこの景色は、マジックラインと言うんですよ!こないだマジックラインという映画観ました。めっちゃ面白かった。」と言って私も早速観に行った。
 eiki君と話していると、若い子としゃべっているという感覚がいつもない。まるで山岳会の先輩としゃっべいるようで、いつもスーと話しに入っていける。山屋のもつ特有な独自の臭覚でクライマーに対して、上手いこと批評を行うような感覚・・・山屋は生活、ザイルを結び深く人と関わるからか・・・・eiki君はいつも忌憚なく率直に自分の意見を言ってそれが、面白く共感できる。自分に対してのクライミングはエネルギッシュで努力家。また責任ある職業をもち、結婚して子供もできて、そしてクライミング仲間やもっと若い世代に対しての指導や面倒も見ている。私にとっての最強クライマーとは・・・・・クライミングが記録的に強いだけではなくて、いろんなことに感じ、思い、怒り、人と接っする気持ちのある人なのだと思う。
私が、eiki君は私にとって最強のクライマーだと言った時、僕は、社会人クライマーで言うなら両刀遣いのクライマーです。と言っていた。久しぶりに会って、学ぶことが多く、シューズの話、読書について、ファッションについて・・・・本当にとても楽しかった012.gif
[PR]
by mizunoawa921 | 2014-03-03 22:50 | | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30