シーズン真っ盛り  鳳来 鬼岩



d0151699_1918484.jpg


d0151699_1982777.jpg


d0151699_1981850.jpg


d0151699_1974999.jpg


d0151699_1963492.jpg


d0151699_196623.jpg


 土日で鳳来。シーズン真っ盛り、今週末は高グレードのRPが出た。アクシデントウルフ13BのRPのケロちゃんとガンジャエクステンション14AのRPのA枝氏。アクシデントウルフはおそらく女性第5登だ。男性は特殊なアンダームーブで出だしからやられ、ランジがありボルダー力満載、初段はあるというルート。小柄なケロちゃんはアンダームーブではなくその前の悪いカチを持ちムーブをこなしている。雨の日も風の日も冬の日も週末は必ず、通い。トライ前にはストレッチ、歩いて体を温め、いつもストイックにトライを重ねてきている彼女の努力とパートナーの愛情溢れたアドバイスを身近で見ていた。一般の女性のウルフの完登は、女性クライマーにとって新たな希望を切り開いてくれたと思う。

 もう一人の高グレードの完登者は、ベテランクライマーのA枝氏。A枝氏は、鬼岩の代表するルート、鬼岩入門の作成者だ。このルートは鳳来の各ルートの要素が詰まっている。完登されたエクステンションはガンジャを登った後、どっ被りのハイカラの穂先を登っていく。このルートも鳳来の特徴的なルートで観ていて、豪快で見栄えのする美しいルート。A枝氏は、なんと後半はマスターで登られた。

 私の猫しゃく、7時過ぎに岩場に到着、みんなが来る前にトライ。怒涛のトライの上に猫パンチ取れて、この日初めて終了点を見た。核心カチで右中指の腹がベロンチョになり、その後はあかん。sportabaさんに親指を添えてカチモチしてるか?と指摘され、アーケにすると肘がロックされるし、引きつけ力が増す。指の腹じゃなく爪先を使えると言われて、やってみる。ガバモチして体を引き上げた所で先の粒の箇所をカチていたのを初めからカチモチを意識したら良いことに気づく。がテーピングしてるからあかん・・・

 sportabaさんはジムトレを控え、膝の痛みが和らいだと言って、ガンジャ。ええ線行って、日曜もやるが、2日目は体はボロボロで、核心ムーブを変えてみて試してみるが、独自ムーブに収まる。

 高グレードRP狙いのクライマーの中、私は何やってんのか??と思うが、RP狙うクライマーはそれまでの長い苦労がある。鬼岩は、一般のクライマーにとって通ってなんぼのルート。長い努力の一歩も踏み出せていない、指先の流血をじっとみて、自分自身が歯がゆい週末だった。


[PR]
by mizunoawa921 | 2014-10-19 23:55 | | Comments(0)