堡塁 クラック 講習会

クラック岩場初体験、ako
d0151699_22343079.jpg


d0151699_22231512.jpg


d0151699_22302967.jpg


d0151699_22243962.jpg


講習を受けられたK村さん
d0151699_22345016.jpg


d0151699_2228722.jpg

看板ルート、サラマン5・9をリードするK野さん
d0151699_22294719.jpg

看板ルート、役者11AをトライするSさん
d0151699_22301558.jpg


 今日はK野さんのクラック講習会に六甲の堡塁岩に行ってきました。堡塁、懐かしい012.gif
雨が心配でしたが、午前中は雨でした008.gif 
 最初に有効なテーピングの貼り方。ギアの説明。そして、ジャミングの仕方について学ぶ。
西稜ハングに行って、クラックルートの実践。岩濡れていて、クラックの幅が広くでイマイチ・・・・
 中央稜に移ると、また雨ひどくなり、ちょっとレストしてから、右クラックルート、凹角ルート、電光クラックをジャム効かしながら登る。
 最後に、一緒に講習受けたK村さんが、サラマン5・9を登りたいとのことで、濡れたクラックにK野さんがTRをかけに行く。K村さん濡れていて、ちょっとテンションしながら行く。私は、濡れてるしムリや!!と思ったが、いけるとこまで行ったらいい、と言われて行くと、濡れていたけど、ジャムの中にカチあるし、TRでは何でもありで、フリーの力で上まで行った001.gif
 今日は雨で混雑はなかったが、イケメンの若いお兄ちゃんがいた。普段どこで登ってるの?と聞くと、名張にも行ってます。と聞いて、来週名張行くから、あんた!!頼むで!!とお兄ちゃんの肩を両手で持って、揺らしそうになった017.gif
 前にジムのクラックルートを体験して、痛くて全然できずに、クラックは拷問だ~!!と意気消沈していたが、今日はK野さんのジャミングの利く、ということはどういうことか!!を講習受けて少し、クラックの楽しさが理解でき、有意義だった。
 
 K野さんは昨日、長年勤められたPを退職されて、新しいジムを開設される。
K野さんは私の昔、所属していた山岳会のOBだ。初めて鳳来に行った時、K野さんの奥さんのミチヨさんは、禁セプをトライを果敢にトライされていた。雲の上の存在だったのに、Pで全然登れていない新入の私にご夫妻は、嫁さんも苦労して登ってきたから、一緒に登りましょう!!と声をかけて下さった。
 分け隔てなく、優しい人柄と、いろんな岩のルートをOSされ、また高グレードも登られてる。
 Pでのルート作成のセンスは、登っている人は認知のことである。
 新しい、ジムの名前は VOLARE escalada ボラーレエスカラーダ ボラーレは飛び立つ、エスカラーダはラテン語でクライミングと言う意味だそうだ。沢山クライミングジムが出来ている。プラスチックのジムから、今日の六甲の気持ちの良い空を見上げる岩場へと、高く、飛躍できるクライミングができると思う。居心地よく高みへ目指すクライマーの集う場所VOLARE escaladaに早く行ってみたい。河野アウトドアクライミングスクール   VOLARE escalada    
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-06-28 21:26 | | Comments(0)