ヌタハラ谷

d0151699_1526163.jpg
d0151699_15262740.jpg
d0151699_15264490.jpg
d0151699_1536458.jpg
d0151699_15275017.jpg
d0151699_15282185.jpg
d0151699_15362354.jpg
d0151699_1536509.jpg
d0151699_1537862.jpg


 台高のヌタハラ谷に行ってきました。前日雨で、翌日の夕方からも雨でどうかな?と思ったが、水量も濁流してないので、6時半頃遡行開始。下部はエメラルドグリーンで綺麗でした。
 核心の夫婦滝の高巻までは、順調に8時前にいけた。高巻はロープを出し悪く、浮石とズルズルの斜面だったが、成功した。連瀑の登りは楽しいが、高巻になると、しんどい・・・・高巻、フリーの滝登りを繰り返し、長い遡行が続く。高原地帯への最後のシダの登りではバテバテになる。甘い物苦手で、行動食もウィーダーインゼリーやカロリーメイトめいたのにしていた。低血糖になってるからあかんねん!!とドーナツ半分貰った。甘い物も美味しいなと思い生き返った。行動食は甘い物やったな~と昔を振り返る。
 
 桧塚の頂上に着いてから、地獄の下山劇場があるとは思いもよらなかった。時間かかってしまって15時過ぎ下山開始。桧塚の尾根の途中の分岐を右に行くのを忘れないように地図にも印しといたが、天気は下りでガスって何も見えない。分岐らしいところを行くが道悪く違うようで戻り、テープがある道を降りて行く。1時間ほど降りた時、尾根が下りにならないので、違う山を登って行ってるようで、違う地点に降りて、タクシーで駐車位置まで戻ろうとする。ようやく下りになり途中から道がどんどん悪くなる。道なき道になり、私は膝も痛くなってヨレヨレ、ヘッデン出した頃には、道はガリーとブッシュ、後ろ向きで爪泥に立てて下る。もうあかんemoticon-0106-crying.gifemoticon-0106-crying.gifこのままでは滑落して死ぬと思い、前を行く先輩に声をかけるが無視される。やっぱり鬼やなと思っていたら、後で聞いたら、ブッシュもありずり落ちても大丈夫な道なのでいけると思ってたらしい。林道見えたで~!! と聞いてフェンスの穴から懸垂することに、ロープは90シングル1本しかない。ダブルで足らんようやったら、シングルで降りて、ロープ残置しよ!!と言う。穴から出て、ザックは後で担ぐ、2番目の私のザックを担ぐ時、もう片腕掛けられず危ないと思い、ザック落とすわーー!!とザック放り投げた。後で思ったら、ザックだけ先に降ろしたらよかったのに・・・・林道に降り立った時は、生還した!!と思った。そこから駐車場まで1時間くらい、荷物をビニールに入れて道路に残置しようとカッパを脱ぎだしたら、ヒルが1匹、2匹・・・・・体中ヒルまみれになっていたemoticon-0143-smirk.gif手怪我してるな~と思ったら、ヒルに吸われていた。林道を上がって行ったら、途中小屋に人がいらっしゃって、おじさんに上まで車で送ってもらった。ヌタハラ谷の下山道、道なかったやろ~と言われる。駐車場に着いたら20時過ぎだった。
 
 反省点いろいろ、時間がかかったのは、コンテで行ってる箇所が多かった。小さい滝はフリーでいけてるのに高巻して移動中コンテのまま移動して時間のロス。天気が悪く視界が悪く、分岐の独標を見つけられず、高度計を持って行ってなかった。行動食は甘い物も持参する。ビバーク想定も考えて、ツエルトは持って行く。
 
 高度計よりも今時GPSがいいと先輩はいう。しかし、ええのは10万くらいするらしい。毎週山行くのと命の値段にしたら安いかも・・・・
 日付が変わり、カーナビから「今日は8月30日日曜日、冒険の日です。」とアナウンスが流れた。
 夏の最後の山行は、大冒険になってしまった。来年沢行くんやったらもっと練習して頑張らんとあかんなぁ・・・・
少年時代♪   
[PR]
Commented by シブ at 2015-09-01 08:29 x
お久しぶです!

ヌタハラ谷良かったでしょう?
私はもう十年以上前、沢を始めた時に行ったことがあり、
この間久しぶりに単独で行ってみたのですが、
更に沢の素晴らしさを感じることができました。

あっこさんが沢始めたって聞いたんで、どういう経緯でそういう心境になられたのか、
興味持って、過去の記事なんかも読んでみました。
登山という同じ起源を持ちながらフリーと沢とはある意味対極にあるものなんで、
フリーに懸けているあっこさんが何故?って思ったんです。

・・ディープな方々とお知り合いになられたんですね。
私が沢から離れてフリーに打ち込むようになったのは、逆に自分の沢登りに行き詰りを感じたからです。その時期に熱心に鳳来に通いました。
また、こうして再び沢の世界に戻っていますが、沢から離れフリーに打ち込んだ数年があったからこそ、こうして今、沢屋としてのスキルや経験を深めていることを実感しています。
あっこさんのブログを読み返して、宿題のまま残している猫杓(K田さん完登されたんですね!)やクラショー登りに鳳来に戻らねばと思いました。
Commented by mizunoawa921 at 2015-09-01 11:37
シブちゃん コメントありがとう!!いろいろな出会いがあって、オフシーズンは沢やクラックをやり始めました。沢ヤ、クラッカー、辺境クライマー、アルパインクライマーそれぞれ本格的にされてる人たちに会って、カッコいいと思います。私は何者なのか??と最近、思うようになりました。沢は冒険の連続ですね。シブちゃんの偉大さを思います。また来年、練習山行をやって、目標の沢に行けるよう頑張ります(^_^;) 
by mizunoawa921 | 2015-08-30 14:09 | | Comments(2)