ブログトップ

My Foolish Heart

搬出訓練 香落渓

d0151699_23542100.jpg
d0151699_2363983.jpg
d0151699_2372687.jpg
d0151699_2374986.jpg
d0151699_238857.jpg
d0151699_2382361.jpg
d0151699_23111082.jpg
d0151699_23153980.jpg


 土曜はサニーサイド、夕方から搬出訓練の座学があるので、14時半には撤収と決めて行く。
今日はsportabaさんジュマンジ10Aをリードでトライ。1回目は上部、4番を入れたが甘くしかカム入れきれず・・・その後の最終ホールドの棚とり損ねて、フォール、カム抜けて、瞼をかすり、流血008.gif008.gif 2便目はRP003.gif001.gif012.gif
 私は、先週は沢で空いていて、ジュマンジ10AをTRでトライ。全然あかん・・・・・しかし、2便目は結構、テンション少な目で終了点までいけた!!

撤収時間は30分オーバーで急いで、買い出し、亀の湯から宿泊施設へ。なんとか間にあった042.gif 
 最初は、ファーストエイドのC谷先生の講義。救助を呼びに行くまでの応急処置について学ぶ。
何が必要で、何が不必要か、とてもわかりやすかった。

 次にM本講師の搬出訓練の座学。複雑な搬出方法にみんな質問や意見などが飛び交う。
 その後、宴会。瑞牆ガイドやヨセミテの雑誌や、あらゆる書物が行き交う中、酔っぱらって夜遅くまで盛り上がる068.gif
 
 日曜は雨で、キャンプ4?とある公園で搬出訓練。何人かに分かれて、自己脱出、リーダーレスキュー、介助懸垂の実践。今まで知らなかったシュリンゲの結び方や長さや、何がどうでこうでとやりながら、学んでいく。リーダーレスキュー、ブルージックで登り返すのはかなり大変で、介助懸垂になると、スキルと練習が必要か・・・・雨もひどくなり、解散となった。
 
 自己搬出するよりは、消防救助をすばやく呼びに行った方が速く安全に救助できるというのが基本なのだが、それが不可能な場合。搬出方法を習得していれば、仲間を助けることができるということもある。
 
 帰りのコンビニでナバラーのO藪君が、コピーを撮っていた記事を貰った。最近、ある岩場の開拓に携わっていて、そのことを話するはずだったが、みんな酔っぱらってそんな雰囲気ではなかったらしい026.gif
今は登攀禁止のMCのエリアの開拓時の記事だった。私が名張に行くと言うと、先輩がMCの岩場やったら初心者でも登れるルートあったのになぁ~と言われた。私は昔、MCに所属していた。みんなクラックをやっていて名張に行っていたのを記憶している。記事を読んで、めっちゃ面白かった!!名張の歴史も知ることができる。O藪君も開拓の苦労と共に、クライマーとしての情熱と喜びを感じているのだろうと憶測した。

 登攀禁止の危険を孕みながら私たちは登っているのだと感じ、搬出訓練で頭の悪さと不器用さを実感して疲れながらも、また新たなエリアの登攀が生まれるのだと嬉しくなった週末だった。
 
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-09-06 20:45 | | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31