ブログトップ

My Foolish Heart

クラガリ又谷





d0151699_0282434.jpg


d0151699_0293068.jpg


d0151699_0295789.jpg


d0151699_0302296.jpg


d0151699_030545.jpg


d0151699_0313298.jpg


d0151699_0315228.jpg


d0151699_0323210.jpg


d0151699_0333316.jpg


d0151699_034823.jpg


d0151699_0354592.jpg


d0151699_0361341.jpg


d0151699_0362824.jpg


 「爽やかな風が吹き抜ける陽光の下を進む登山者がいるように、鬱蒼とした谷底を這いながら進む沢ヤと呼ばれる存在がいる。深く切れ落ち、もがくことしかできない暗黒世界・ゴルジュ。我が国は無数の渓谷に恵まれたゴルジュ大国である。大陸にある大ざっぱな渓谷と違い、日本の渓谷は小粒ながらに容姿に優れ、なにより列島の成り立ちを表現するかのように個性豊かだ。」宮城公博氏がPEAKSで書かれている。
 台高にあるクラガリ又谷に3段クライマーと13クライマーとバッタもんの12クライマーの私とで行って来ました。小処温泉の先にある遊歩道から、下部ゴルジュと上部の大滝も観える005.gif
 遊歩道を降りて、いきなり泳いでF1へ。岩に這い上がろうとするが、ヌメヌメ外傾したツルツルの岩で取り付けない。ガバがあるよ~と言われるがそこまでで溺れそう・・・きたやまにあさんが手を差し伸べてくれてガバへ這い上がりそこからF1を登り、F2をK氏がリード難なく登れたが、私は悪かった。核心のF3ハーケン私が沢山もってきていたが、そんなにいらんやろと行くが・・・・・ラインを左の方に行き過ぎて、上部ハーケン足らずに降りてくる008.gifその間、ビレーヤーのきたやまにあさんと私は、噂で聞いてた通り、ガタガタ寒さで震える
。選手交代できたやまにあさんが登る。ラインは右の方だったようだ。私は、外傾、ヌメヌメツルツルの岩に四苦八苦する。ハーケン回収するも落とすし、回収できずのモノもあり、きたやまにあさんが回収しにまたちょっと下ってくれたりした。下部ゴルジュが終わり、40メートル大滝の前で休憩し、ハーケンの回収のコツを教わる。
 ここからすぐ、滝を巻いて右からも降りる人達もいるらしいが、私らは、左から巻いて、上部の滝を登りに行く。草付を登り、右に出ると、大滝の落ち口に着いた。そこから滝が現れ、これは巻いて行くだろうと思ったら、3段クライマーと13クライマーは登ると言う005.gif008.gif015.gif
 どう見ても悪いのだが、K氏はツルツルのヌメヌメの濡れたスラブをボルダーのように上がるが、プロテクションが上手くとれず、滑り台で、降りますと釜にダイブ。次にスラブマスターのきたやまにあさんの登場。上手いこと悪すぎる滝を登って行った。ラスト私は、セカンドはなんでもありで登ってええ!!て言われて、ロープにぶら下がりながら這い上がった。上部の滝の落ち口のトラバースも激流で怖かった。上のスラブも一見簡単そうに見えたが、登ったら悪かった008.gif 綺麗な上部の沢に出て、堰堤左の急登の山道を上がり、ちょっと長いモノレール軌道を下る。
 今年の目標泊まりの沢と初級ゴルジュ。泊まりは予定が変更になり行けなかったけど、念願の初級ゴルジュに連れて行って貰えた。沢登りを始めゴルジュという言葉を聞いて、私には関係ないと思ったが、山岳雑誌に初級ゴルジュと紹介されて、ちょっとの泳ぎとハーケンワークが求められるが、決して難しくはない。と紹介されていて、私にも行けるかも??と思いずっと計画してきた。ところが、行く直前になってK氏がネットで検索したら、みんな悪い悪いと書いていて、結構ビビりながら行ったが、お助けっ人きたやまにあさんが現れた。
 きたやまにあさんは、ボルダー3段も登られていて、スラブマスターそして、上級の沢の経験も豊富。今回、いろいろ教わることができた。K氏もなかなか山と沢の経験もあるので、登れてた。私にとっては今までで一番悪くムズイクライミングだった007.gif パッチモンの私から見たら、やっぱり凄い!と思ったホンマモンクライマーとの超刺激的な週末だった。
[PR]
by mizunoawa921 | 2016-07-30 23:00 | | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30