ブログトップ

My Foolish Heart

セルフレスキュー

先日、骨折した時、ちょど静岡県のリハビリ関係の仕事をされてるK下さんという方が通りかかり、また何度も救助も経験されてるので、慣れてらっしゃることもあり、応急処置と救助の指示を手早くされた。

私も昔山をやって、救助のやり方とかやった覚えがあるが、もうすっかり忘れてしまっている。
山渓に電話して、本を調達して読んでみた。
また復帰したら救助の講習会などにも参加してみようと思う。

アルパインから離れて、ザックには救急セットしか入れてないし、事故が起きた時のことなど普段考えもしなかったが、自分が事故を経験していろいろ考えさせられた。

私は山屋出身で、山岳会の先輩などと一緒に岩場に行くことが多いが、今のジムクライマーは、事故が起こった時、あたふたするだろう。昔私の山岳会の先輩が、ジムのフリークライミングレッスンで岩場に行き、レッスン生が岩から落ちて怪我をした。その時搬出をしたのは、私の先輩とあと山屋出身の生徒だったらしい。

K下さんがsportabaさんのブログにコメントしてるので、ちょっと拝借させていただこう。

T様
鴨下です。
akoさんからお電話いただきました。レントゲン写真やお話の様子から完全復活できると思いました。初めは足首が動きにくくなるし、痛いですけどね。筋力も落ちるのでじっくりとリハビリが必要ですね。煮干しでもかじりながら牛乳を飲んで骨を強くしてもらってください。
骨がくっつけばトップロープから始められると思います。
マット届きました。ありがとうございました。
あのマットは当日お話ししたように何人ものレスキューに活躍した代物で私の御守りみたいなものです。山をやっているとそんなものが増えます。
因みに私は、医者ではなく、小児リハビリの専門家で作業療法士をやっております。
そんな関係で救急法などを学ぶ機会や山においては遭難対策などに関わってきました。日常の業務の中でも整形疾患を診ることもあります。
応急処置や搬出などについては、お仲間で実践練習をされておくといざという時に役立ちます。とにかく太いテーピングテープは必ず一巻きは持っていることをお勧めします。止血や固定に使えます。とりあえず安全に安全な場所まで運ぶことが重要になります。
応急処置もポイントだけ覚えておけば大丈夫です。止血の仕方や骨折やねんざの場合の固定方法、動かしてはいけない状況の理解、レスキュー隊の呼び方などですね。
今回の事故で多くのクライマーのクライミングに対する意識の変化があったと思います。
akoさんの一日も早い復活を望んでおります。
d0151699_1858495.jpg

[PR]
Commented by sportaba at 2009-06-13 20:32 x
今回の事故の件では僕自身、反省するべき点が多くあったと思っています。いつしか事故や怪我は他人事で自分たちは大丈夫と言う感じになっていて安全に対する意識が足りなかったんやと思う。「全図解 レスキューテクニック」や応急処置に関する本は僕も何冊かもってるにも関わらず今回、何の処置も出来んかったし何にも出来んかった。今後、今回みたいな事故や怪我したときに備えて、鴨下さんの言うように仲間同士で実践練習したり講習会に参加したりして安全や危険に対する意識を高めなアカンな。
Commented by ako at 2009-06-14 00:46 x
事故をしないように注意することが第一やけど、岩登りは事故がないことの方が不思議なスポーツ。自分でできる基本的なセルフレスキューを日頃から考えとかなあかんな~ 
Commented by カイロドクター at 2009-06-15 11:09 x
今回事故は他人事じゃないというのがよくわかりました、
起こさないというのも大切だけど起こってからどうするか、
勉強しとかないとね。
Commented by ako at 2009-06-15 17:59 x
カイロドクターさん
なかなか難しいですが、危険に対する意識は、小さなことの積み重ね心がけなんでしょうね。事故が起きた時どうするかも、同じなんでしょうね。
すべてを真摯に受け止めて、努力していくしかないですね。
by mizunoawa921 | 2009-06-13 18:54 | 雑記 | Comments(4)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30