ブログトップ

My Foolish Heart

カテゴリ:岩( 248 )

素敵なクライマーと 鳳来 鬼岩

d0151699_21002461.jpg

d0151699_20595188.jpg


d0151699_21000001.jpg


 今日はベテラン女性クライマーと鳳来に行ってきました。大先輩ですが、昔から何か悩み事があると連絡して聞いてもらい有難く、いつも気にかけて頂いている。男性に相談するのと違い、いつも共感から始まり、お互いに忌憚なく話をしてしまう。大先輩ではあるが、気が合うというのはこういうことなのかと思う。鬼岩の高グレードは数便、13も便数少なく登られるようなツヨツヨクライマーで昨今、膝が悪くなりアプローチがあるところは避けてらしたが、私がお誘いしたら連れて行って下さった。思い出登りと共に、また登られてない新たな高グレードもトライされる予定である。人は年齢に関係なく進化できる。ゆっくり時間をかけての下山だが、何事も山ヤだったから行動が速くいつも感心してしまう。
 私が、オフシーズンは沢やマルチの初心者レベルで遊んでるのであかん・・・というと、アルパイン出身の彼女は、でも、人生を振り返ったら、「登山をしたことは絶対に充実したと思うよ!!」彼女自身、アルパインクライミングの思い出は財産で、アブミで練習してトレーニングした力が下地になっていると仰った。
 今週は週末前に雨が降り、おまけに気温が異常に上昇した為に岩の状態は先々週に逆戻りで悪かった。猫しゃく土曜は、続けて行ってそこから核心が全然できず。日曜は諦めモードだったが、1便目核心カチとるまで行って大落ち。その後はムーブ練習、ヒールトウの大レストからノーテンで終了点までいけたので、やっぱり岩の状態だと思った105.png
 ジムも通う岩場も一緒で話は尽きることはなく楽しかった。最近のジムで強いクライマーと違い、YouTubeもなく人が教えてくれることもない、教えて貰ってもリーチがなく一般ムーブができないこともあったが、独自ムーブでやってきたことも話に出て来た。限界を押し上げようとする人、未知のルートを登ろうとする人、何かに挑む人がいる、そんな人をクライマーと呼ぶ。私の将来、後輩を岩場に連れて行くことができているだろうか?親友と年は取るけど素敵な女性になろうね♪と誕生日メールを送り合ったが・・・いつまでもクライマーであり続けたいと思った週末であった。

[PR]
by mizunoawa921 | 2017-10-10 20:57 | | Comments(0)

シーズンイン 鳳来 鬼岩

 

d0151699_23163138.jpg

休日出勤やら台風やらで、延び延びのシーズンイン。週末夜に雨が降って気温高く、梅雨みたいな状態悪い出だしだった。
春の登れる気がする猫しゃくは、今日は登れる気がしなかった137.png 核心手前まで必死で核心で大落ち。最終便でテンテンで核心ムーブを練習して終わった。またイチからちゃうん・・・と思いながら、帰りに今日一緒に行った昔鳳来に通った仲間から、ダメ出し。
お盆に瑞牆(マルチ)いったり、沢行ったり(一緒に行ったやん!w)は行くべきではなかったと、夏休みないんかい・・・w 限界グレード登るんやったら夏はジムでガンガン登るべき!!今シーズン登る気あるんか??と苦言。猫はやってたら登れるルートではない。ムーブで落とされる。力は年齢と共に益々落ちてくる。やっぱり鬼やな・・・と思いながら、昔、仲間が限界グレードをより少ない便数で登った時、凄まじい努力をしていたのを知ってるので、忠告は真摯に拝聴した。ガンコの分岐からの下山がいつもしんどいけど、今日は仲間についていったらあっという間だった。脚力はついたのかも(笑)来週から仕切り直して頑張ろう166.png

[PR]
by mizunoawa921 | 2017-09-24 23:24 | | Comments(0)

堂倉谷

d0151699_11221506.jpg


d0151699_11225336.jpg


d0151699_11262577.jpg


d0151699_11232063.jpg


d0151699_11243051.jpg


d0151699_11244209.jpg


d0151699_11245418.jpg


d0151699_11250358.jpg


d0151699_11251195.jpg


d0151699_11252562.jpg


 堂倉谷に行ってきました。滝と釜と淵が連続する豪壮な谷。先輩も学生の頃からの憧れの沢だということで行ってきました。
私は泊まりの沢は初めてで、焚火をするのが目的でもありました。泊まりの装備を持って沢登ができるのか・・・何とか無事に帰って来れました。大台ケ原山頂駐車場には沢山の観光客がいましたが、その内何人がこの沢の絶景を観れるのか、そんな所があることが知ってい人が何人いるのかと思いました。
 早朝、駐車場を出発して3時間の下り堂倉滝の上流に降りる。途中先行パーティが戻ってきた。GPSと外れてるからと言って帰ってきが。先輩が今時のクライマー独標よりGPSを信用するねんな~と言っていた。入渓まで長い・・・・いきなり泳ぎと滝登り、そうこうしてと戻って行ったパーティが戻ってきて、私らが右の滝を登ってる間に左から巻いて行った150.png 中七ツ釜を観てアザミ谷まで調子よく行けたので、もう少し足を延ばして林道まで行く。今晩のおかずの魚をゲットしようとするが、坊主だった119.png 持ってきたうるめを焼いて食べながら焚火で晩酌美味しかった。筋肉痛がひどく明日歩けるのか・・・・と思いながら、いつも不眠症だが、ツエルトとシュラフカバーでも熟睡できた。
 翌日は核心の滝登りが連続する。それまでの遡行が長い長い長い・・・やっと滝が出てきた。もうヘロヘロ、筋肉痛がひどくセカンドなのに軽快には登れない148.png そこからも長い遡行が続き奥ノ二俣ぽいところが出てきたので地図を観る。ジオグラフィカはなぜか駐車場で停止していた。以前保存していた地図ではあかんのか?時計の高度計を見るとまだ二俣ではなさそう。やっと二俣到着して原生林が、また長い長い長い・・・・・・これ道間違えてるんちゃうん?と思ったが、正木ヶ原の観光スポットに出た。今回は下山で道に迷い残業はなかったが、強烈な筋肉痛になった。悪い左足は腫れてはないので、右足と右腰に負担がかかっている。
 フリークライミングも登ってなかったら力は落ちるけど、山も歩いてなかったら歩けない。トレーニング山行が必要だと思い、いろいろ検討する。鬼岩まで歩いてる!!と言うとそんなん鬼で登った後、明神山まで登って降りなトレーニングにならんと言われる149.png149.png
 いろいろダメ出しはありましたが、取りあえず、泊まりで沢に行けたので今年の目標は達成したということで、また次に向けて頑張ろう。


[PR]
by mizunoawa921 | 2017-08-28 10:27 | | Comments(0)

雨にやられた瑞牆

d0151699_14423713.jpg


d0151699_14412964.jpg


d0151699_14420786.jpg


d0151699_14415152.jpg


d0151699_14393233.jpg


d0151699_14400719.jpg


d0151699_14391595.jpg


 お盆休みで瑞牆へ。今年は十一面左岸壁のマルチ山河微笑ルートを登りに行く。雨予報で日程を変更するが、テンバ場に着いた時から雨で、初日天気悪いとみて、カサメリに行くが、コセロックは濡れていて、コロッセオまで行くが、高グレードぽいので姉御岩まで戻り、まずは11Aをやることにするが、出だしがワイドでカムがいるので、sportabaさん駐車場までカム取りに行くというので待っていた。帰ってきたら、道迷ってちょっと遅くなったというが私はテンバ場まで車でカムとりに行くと思っていたので、早いな!!と思った。
右のカンテが濡れていたのでそれ使わずレイバックぎみに上がるので大変ボルダームーブになって苦戦106.pngそこから上もホールド悪い。悪いというので、TRで私はトライ。sportabaさんは2撃。モツランドで見学。乾いてるのが1本あったが、明日の為に温存して早めにテンバに戻る。
 夕方の夕飯の時も土砂降りで雨は続き、夜中も雨が続く148.png あかんと思いつつ早朝から十一面に向かう。昨年登った調和の幻想は滝のように濡れていた。そこからガレ場を登るがなかなか周り込むボルダーが出てこない。下から女性二人のパーティーが来られてアタックザックのみで軽装備。バテバテになってなんとか燕返しのハングまで到着する。錦秋カナトコルートは日向にあって女性パーティーはトライされていた。私は私らも錦秋にしとこ!!とsportabaさんに言うが、sportabaさんは滝のようになってる山河微笑ルートの出だしの左のコーナーなら濡れがマシなのでそこから取り付くという150.png150.png150.pngマジかい!!と思いながら、カム突っ込んでいくが、途中で何もなくなり敗退。クライムダウンで降りてくる。雨は土砂降りになり、下山することに、錦秋の女性たちも帰って来られた。
 明日も雨予報ということで、夕飯を昼食にしてテントを撤収して帰阪した。昨年の調和の幻想は上手くいったが、それも一昨年1ピッチ目を登っていた。今回は取り付きまでいくのにも迷い迷っていた。ロープをフリー用を1本とバックロープで1本持参で行ったが、9ミリで2本にした方がいいし、アタックザックのみでいけるはずでもっと荷物を厳選する。今回でいろいろ学習したこともあったので、またリベンジしに行こうと作戦を練りながら帰阪した。

[PR]
by mizunoawa921 | 2017-08-14 14:50 | | Comments(0)

堡塁岩

d0151699_18431326.jpg


d0151699_18452350.jpg


d0151699_18461812.jpg
 

d0151699_18470438.jpg



d0151699_18471320.jpg


 瑞牆マルチの練習で、真夏の堡塁岩に行ってきました。
sportabaさんパンプスクールで行ったきりで十数年ぶり、私は去年の夏ぶり、岩に到着して、ここはどこ?
練習してる学生の男子にこのルートは何?と聞くて、わかりません。というので、私たちは岩場うろうろして、あれ、サラマンや!!ということで、sportabaさんOSトライ!!濡れてる・・・というけど、クラック講習の時、K野さん滝みたいになってたけど普通に登ってはったで~というと、sportabaさんトライ上部でフォールで2撃。私もリードトライ。横のジグザグクラック5・9フィンガークラックでムズイらしいがsportabaさんOS。
私は、電光クラック、カムしか使わず、上部までリード。しかし、フォローのsportabaさんがナカナカ上がってこない。カムが抜けないらしい148.pngどうやら私は怖いから中にカムを思いっきり突っ込んで、傘が開く余裕がなくなってるみたい140.png Cさんにも奥に入れる程、カムがキマルのではないですよ!と言われたな~。
 最後に、アプローチの岩を上がって行ってたら、どこ行かれます?と聞かれて、それルートですわ!!と道理でしんど過ぎるわ~と思った。
どうなる瑞牆!!汗だくになって温泉に入って帰った。

[PR]
by mizunoawa921 | 2017-07-30 18:53 | | Comments(0)

猫しゃくを登らせる女 鳳来 鬼岩

d0151699_12194827.jpg


d0151699_12205733.jpg


d0151699_12280594.jpg


d0151699_12284468.jpg


 3連休、雨模様だったが天気好転して中日に鳳来。こちらは木曜にかなりの雨量だったらしく、メインは少し濡れていた。岩場はガラガラだった。
川原エリアの猫しゃくは滑っていたが濡れてたなかった。気合で核心出だしまでいき、テンションかけて猫パンチ。最後は、ムーブ練習で
トラバースから終了点まで・・・状態は悪くなり、同じ感じなので、9月から行った方が・・・
 今日は初めてご一緒したYさんと行った。ジムでは12Cを登られるくらいの実力だが、岩はあまり経験がない。トライするルートは何をやってもわからないから猫しゃくやります。とのことで一緒にトライ。1ピン目が遠い時のプリクリの仕方、セルフのヌンチャク、掃除用のブラシ、掛け替えやいろいろ教える。最近、ジムクライマーを岩場デビューさせて猫しゃく登らせる機会パターンになってきている。時代は変わったわ、いきなり猫しゃくやからなぁ~105.png ムーブは単純やからジムクライマーには向いてる。
 瑞牆行きの練習をしないとあかんので、しばらく行かれへんし、核心ムーブの感覚を忘れん程度にシーズン合間にちょっとまた行こうか・・・
 

[PR]
by mizunoawa921 | 2017-07-17 12:38 | | Comments(0)

シンデレラボーイに拾われて 鳳来 鬼岩

d0151699_20495901.jpg


d0151699_20511394.jpg


d0151699_20513369.jpg


 岩の状態は悪くなってきたが、猫しゃく12Cは1テン。新しい核心ムーブも慣れて来て、1テンしたら、猫パンチがとれて終了点までいけるようなってきた。岩の状態が良くなり落ち着いてキョンをきめてカチを保持したら猫パンチがとれそうだ。
 今週は「今日はakoちゃんのアッシーしたるで!!」とAさんが連れて行って下さった。昔、十数年前、城ヶ崎海岸に2人で行って。Aさんは虎の穴13をやっていたが、今日はあかんから、久しぶりに宿題のシンデレラ13をやってみるわ。と言ったら、RPしてしまった146.png146.png 私もホワイトシャーク11CをRPして帰ったが、帰り下道でスピード違反でカメラ撮られて大きな成果と共に大きな出費にもなった思い出がある。
 最近は転勤になりクライミングはそんなにやられてないけど、カーニバル13もRPされてるセンスのあるクライマーは、猫しゃくを久しぶりに触り、クールダウンで何かやると入門11Aの前にいたから、入門と思ったらマスターで卒業12Aをやるという146.png146.png 失礼しました。 帰りは下道で車中またいろんな話をして帰った。十数年前、akoちゃん結婚は?と聞かれて、今も同じような質問をされた。十数年間、私がしてきたことは怪我してなんやかんやで散々で下手なクライミングが残っているだけだ。昔、OSトライの醍醐味を教えて下さったAさんだがスタイルもやってることも相変わらずの私である。でもAさんに猫しゃく今日でも登れとったで!!と言って下さった。お久しぶりに会ったAさんの優しさと楽しさにどっぷり浸かった1日であった。
 

[PR]
by mizunoawa921 | 2017-06-25 20:46 | | Comments(0)

人生いろいろ・・・ 鳳来 鬼岩

d0151699_21261178.jpg
 午後から雨模様。岩は湿気きていた。それでも猫パンチ取る体勢で1テン。2便目出だしからスカして、もう一回やり直して、ハング乗り越しからのデッドでまさかのフォール。状態悪なってるーーーっ131.png 3便目気合入れ直して、猫パンチ取る体勢でフォール。4便目も同じく・・・・雨が降って来て、先週できたことができんと常連が川原エリアにやってきた。
 核心ムーブ去年から変えてたらGWには登れてたのに・・・・しまったしまった島倉千代子や~っ148.png

と嘆くが、akoさん状態悪いのにそこまでいけてたら状態ようなったらすぐいける!!てことやで!!と言われてそう思うことにした。
夏の鳳来、鳳来は本来夏の岩場で、夏は駐車場合戦もないし、テント泊は蚊取り線香必須、夕立来て帰りはアプローチ川になるけど、暑い暑いと言いながら、寒い寒いと言いながら登る岩登りは私は結構好きだ。外岩いうくらいやから、快適に登れると思うこと自体が間違ってるんや!!夏もちょっと来てみようかという岩場初心者の仲間に車の中で語りながら帰った。人生いろいろ、岩場もいろいろ、ルートだっていろいろ咲き乱れるの・・・169.png 今週末は天気とパートナー探しで行けるか微妙・・・・

[PR]
by mizunoawa921 | 2017-06-19 21:28 | | Comments(0)

梅雨入りしたけど 鳳来 鬼岩

 私の猫しゃく12C、核心ムーブ変えて猫パンチをタッチして、1テンで猫パンチがとれるようになった。精度は徐々に上がっていっている。梅雨入りしたけど状態はいい。
 先週メタフォースエクステンション14Cを見事RPしたM本君、海外出張帰りの多忙の1週間のあと、カーニバル13Bにトライ、超ランナウトに耐えて12Dを登り3級か2級か?のボルダームーブをこなす。これぞルートクライミング!!という鬼岩メインの看板ルート。核心はみんな、なかなか抜けれず苦労するのだが難なく抜けていた。1日ではRPならずだったが、次はいけそう。
M矢さんの留年11Dも頑張っていた。車出してくれて運転して、最寄り駅まで送って下さり。有難いです110.png
 梅雨入りしたけど、岩の状態はいい。体のメンテと風邪を治してシーズンオフまであと少し頑張ろう!!

d0151699_00521083.jpg

d0151699_00525097.jpg

d0151699_00514438.jpg

d0151699_00570517.jpg


d0151699_00574360.jpg
d0151699_00580235.jpg


d0151699_00582105.jpg

[PR]
by mizunoawa921 | 2017-06-12 01:07 | | Comments(0)

状態いいです!! 鳳来 鬼岩

 新しい核心ムーブに変えた私の猫しゃく12C、核心までは楽勝でいけるようになり、レストもできている。猫パンチをとりにいく体勢で1テン。2便目、3便目は猫パンチが何度かやらないとできず・・・最後に核心ムーブだけの練習。パートナーのアドバイスで、カチとりにいく体勢、足位置の修正などで、定まってきた。
 右首、背中が張って、仕事中辛く痛み止めを飲んだ。昨日はアイシングやストレッチでほぐし、今日は整骨院・・・ジムはレストして、何とか今シーズン猫パンチまでを目標に頑張ろう!!
 akoママはキッチンに散歩の裏山に行ったついでに花をとってきて飾るのが、ついに紫陽花が・・・梅雨はもうすぐやってくる148.png

d0151699_20591900.jpg


d0151699_21002628.jpg

d0151699_21021015.jpg

[PR]
by mizunoawa921 | 2017-06-05 21:05 | | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30