カテゴリ:岩( 233 )

神須ノ鼻

d0151699_134189.jpg


d0151699_12554515.jpg


d0151699_1256462.jpg


d0151699_12561754.jpg


d0151699_12572667.jpg


d0151699_12583164.jpg


d0151699_12585292.jpg


d0151699_1301454.jpg


d0151699_1304163.jpg


d0151699_131418.jpg


d0151699_1321398.jpg


d0151699_1322977.jpg


d0151699_1332380.jpg


d0151699_1344730.jpg


 この連休は最近、公表された三重県熊野市にあるクラックエリアの神須ノ鼻に行ってきました。
55メートルの懸垂とユマーリングの登り返しがあるエリアだが、そこは正しくクラック天国だ。
 一望できる海岸から楯ケ崎の開拓の歴史、そして神須ノ鼻発見の話を今回、案内して頂いたM旗さんに伺った。駐車スペースから少し道路沿いを行き、下へ降りて行く、20分くらいで懸垂地点へ到着。緊張しながらも55メートルの懸垂。途中で中間支点がある。私たちは2本のロープで中間支店で区切って降りた。
 フィンガークラックとフェース登りもできるので、渡津海5・10と梓弓5・10TRでスムースに登れる箇所もあるが、クラック続く箇所で、テンションかかる。草薙5・10をリードでRPできたemoticon-0105-wink.gifemoticon-0100-smile.gifemoticon-0111-blush.gif 
 sportabaさんはTRで5・10をいろいろ登り、草薙5・10をリードOS成功。梓弓5・10でリードOS最後で失敗。ますらを5・10+リードOS失敗。大洋航路5・11+TRのフェースのボルダー課題をムーブ解決した。
 M旗さんは、sportabaさんがムーブ解決した後、M旗さんがRPされたemoticon-0136-giggle.gif
高グレードのたまきはる5・12-をトライ。みんな嵌っていたアマテラス5・10をクールダウン。
 今回は、
民宿まさはる屋  で泊まった。料理も美味しく、快適だった。娘さんの名前もakoさんというので、ご主人と女将さんといろいろ話して楽しかったemoticon-0111-blush.gif
 ユマーリングは、この日の為にいろいろ練習した甲斐がありスムースにいけた。やっぱり基本的なやり方が一番いいみたいだ。
 M旗さんからクラック登りのいろいろな技術について教えて貰った。そして、名張の岩場のルートのレベルの高さやクラックの真髄がそこにはある醍醐味などを教えて貰った。また沢登の話も伺ったemoticon-0111-blush.gif
 そして、思い入れのある事柄も伺って驚くほどに、この神須ノ鼻への愛情が深いのだろうと思った。
 まるでクライミングの神様からのプレゼントのようなクラック天国。我々の岩場だけで占領するのは申し訳ないと公開に踏み切った開拓者たちの苦労に感謝し、いつまでもこの天国の岩場が存続しますように・・・と思った。
[PR]
by mizunoawa921 | 2016-01-11 10:46 | | Comments(0)

お正月の備中

時間よ止まれ12A ako
d0151699_217339.jpg


時間よ止まれ12A M子ちゃん
d0151699_2182466.jpg


時間よ止まれ12A カイロドクターさん
d0151699_218324.jpg


d0151699_2193443.jpg


山田のアッコちゃん12C M子ちゃん
d0151699_2191783.jpg


山田のアッコちゃん12C M子ちゃん
d0151699_219446.jpg


山田のアッコちゃん12C カイロドクターさん
d0151699_2175039.jpg


山田のアッコちゃん12C sportabaさん
d0151699_2172717.jpg


変なこと聞いていいですか12A ako
d0151699_2171392.jpg


 お正月は、クラックに海の見える暖かい所にでも行こうと思っていたが、鳳来の常連さんが備中に来るというので案内にで備中になりました。初日は、ニューエリア。石灰岩は初めての鳳来13クライマーのカイロドクターさんだが、時間よ止まれ12Aの最後の核心には悶絶していた。M子ちゃんは、二子の13クライマーなので、石灰岩は慣れているが、二子の12Cくらいあると言っていた。
 私の、時間よ止まれは、一昨年に打ち込んで最後の核心半ばまで行ったけど、去年はsportabaさんが膝悪くアプローチないエリアに行くということでニューエリにはいかず、1週だけ触った。久しぶりだったが、苦手のコルネはたくのもテンションかけたら1発で、できた。核心のムーブもできた。打ち込みまくったらRPできるかもemoticon-0111-blush.gifと思った。
 sportabaさんは京都物集街道13Cをトライ。が、しかし登ってるはずの下部のランコロ12BCで悶絶、声出しまくりでテンテンで登る。なんとか物集のヌンチャクは掛けれたが・・・・
 夜は、杉田ハウスの新館、クライマーズハウスくろとり(TEL0866-45-3106杉田商店で予約)で宿泊した。杉田商店の隣にあり、普通のお家をリフォームしてるので別荘のようで快適emoticon-0115-inlove.gif部屋も個室が沢山ある。ここまで備中の生活施設が充実する時代になったかと、クライミングがオリンピック競技になるようで、時代の流れを感じた。
 いつもは鳳来では、節制してテント泊でみんなで宴会などないのだが、お正月ということもあり、sportabaさんがご馳走を作ってくれて、大宴会だった。
 2日、3日目は、杉田ロック。私は、変なこと聞いていいですか?12Aを何年かぶりにトライ。前は途中のフェースというかスラブの箇所ができなかったが、今回はすぐにできた。最後のパワームーブの核心も抜けれてなかったが、今回抜けれたemoticon-0102-bigsmile.gif これも打ち込めばRPできるかも?と思った。
 M子ちゃんも、変なことにトライ。これも12BCくらいあると言っていた。二子の13クライマー、夏は小川山でも登っているし、ボルダーも高グレード登っているから強くて上手い、次回はRPできそう!!
 カイロドクターさんとsportabaさんは、山田のアッコちゃん12Cにトライ。これ12C??とボルダームーブに二人とも悶絶。あーだこーだとムーブを探っていた。
 時間よは散々やったが、かなり苦労したムーブだったが、すぐにできた。ツルツルの足も怖くなかった。変なことの最後は絶対にできへんわ!!と思っていたが、抜けれた。伊達に12Cを触ってないな・・・emoticon-0136-giggle.gif 力着いてきてるのかも・・・と
グレードが辛く岩はムズく、でも町も人も暖かいのが備中だ。情熱を傾ければ答えてくれるのかと少しモチが湧いた。週末に会うクライミングパートナーと仲間たちと過ごした暖かいお正月だった。

ただ泣きたくなるの♪ 
[PR]
by mizunoawa921 | 2016-01-03 18:55 | | Comments(0)

備中 羽山

d0151699_0494936.jpg


d0151699_050753.jpg


d0151699_0502791.jpg


d0151699_0503889.jpg


空知14D K西君 フェース、ハング、ボルダー多彩なムーブの高グレード カッコイイ!!後1手です。ガンバ!!
d0151699_0504627.jpg


羽山で知り合ったK門君 K門君から貰ったスコッチ、門前RPしてから飲むって田場さんまだ飲んでません。私はワイン即行飲みました。
d0151699_151211.jpg


 鳳来のアプローチで骨折、1年後、ボルト抜いた直後に再骨折、半年の絶対免荷後のリハビリクライミングでの羽山はもう5年前になる。アプローチなくTRができる場所、パートナーの高グレード完登も目論んだ。しかし、1シーズン通ったが私のはつじょうき12Aの核心ムーブはできず、sportabaさんの門前払13Bの完登はできなかった。はつじょうきの核心ムーブが遠すぎたのか、私たちがへぼかったのか・・・・しかし、当時歩けないままの私、悲惨な状況だったが、それほど、辛くはなかった。それは、クライミングパートナーに恵まれてたこと、直向きにルートにトライする仲間がいたことだった。
 あれからいろいろあったが、sportabaさんは、再び門前払をやりたいとのことで真冬になる前に行くことになった。状態がいい時が少ない秋は雨が多く、1、2月からは極寒、3月からは染み出し、真夏はフライパンいい状態は12月であるが・・・・今日は染み出しでびちょびちょだったemoticon-0114-dull.gif
 常連さんはトレーニングにはなるとのことだった。私のはつじょうきは、出だし、デッドからできず、最初はどないやねん??と思ったが、2便目はテンテンで核心前のピンまでいけた。男ムーブはできないのは熟知だったので、女ムーブのハイステップで飛ぶことにするが・・・・まぁすぐにできるはずはないemoticon-0107-sweating.gif順番待ちもありすぐ降りる。
 sportabaさんは人生で初めて、ルートメモを私の指定で書いた当時のメモを予習してきて挑む。思い出し登りだが、テンションかけたら核心ムーブはできるようだった。クールダウンではつじょうきをやるが、男ムーブも得意のハイステップの女ムーブも右膝悪くできん・・・・と言って降りてくる。凄龍門できんやんかemoticon-0125-mmm.gifまぁ疲れてるのもあるから・・・・
 当時リハビリでTRだった、歩くのもできず、門前のビレーの2階にあがるのもフィックス張って貰い、フォローで登り降りした。今日は二人ともアップダウンも楽に感じた。岩は逃げない、人生は何度も再トライできる。そう感じた週末だった。
Crystal Kay「何度でも」
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-12-21 00:18 | | Comments(0)

名張 香落渓 屏風岩 シーズンラストのRP

d0151699_164211.jpg


d0151699_164820.jpg


d0151699_113282.jpg


d0151699_1131637.jpg


d0151699_1133143.jpg


d0151699_1144955.jpg


d0151699_115633.jpg


d0151699_1152954.jpg


d0151699_1154530.jpg


 今週末は、ナバラーであり沢登の達人、テレマークスキーヤー、アルパイン、オールランドに山のフィールドをこなすA川さんに名張に連れて行って貰った。このところ気温が高く、まだ屏風岩にはナバラーが沢山来ていた。
 今年梅雨で屏風岩でも渡渉がありアプローチも泥々、岩もズルズルの初めての屏風岩、初心者クラックの私だったが、あれからクラックにぶら下がりながら、今日もぶら下がっていた。最近できた右の新ルートのクラックベイビー5・7はリードで登れた。ミニラ10・Bは、TRワイドで途中で悶絶して降りてきた。
 A川さんはご自身の屏風岩での最高グレード、打ち込み中のゴジラパワー11Bを見事RPされたemoticon-0100-smile.gifemoticon-0111-blush.gifemoticon-0102-bigsmile.gif下部はシンハンド、途中の甘いシンハンドどから被りぎみになり上部はワイド。長い長いルート、屏風岩で一番多彩なクラックがあり面白いというナバラーもいる。
  暗くまでみんな登って、帰りはみんな駐車場までくるのを待って、行きつけの中華料理店へ行った。ナバラーはいつも仲が良く、笑いが絶えないemoticon-0111-blush.gif
 A川さんにあらゆるクライミングの分野をされているので、いろいろ伺ったが、テレマーカーはアルペンスキーヤーとは全く違う、どこかナバラーに似ているという。アルペンスキーは合理的な最新の装備でより山の困難な所へ挑むのを主体としている。が、テレマークは、テレマークというスキーを滑ることに喜びを感じている。例えば上手くなればよりシンプルで不具合な装備で滑ることを研究したりもするらしい。
 名張の岩場特有のシンプルでそれゆえに非常に難しいクラック、手も足も真っ向勝負のクラックで怖いナチュプロで登るクラッカーは、フェースやどっ被りのスポートを体験している私には、独特の世界観で不思議であり、興味深くもあり、太刀打ちできない何かがある。テレマーカーのようにクラックをナチュプロで登るその行為はクライミングそのものを楽しみ追及しているかもしれないと思う。共感できるのは、昔、山を登った山岳会の仲間たちのように、飲んで食べて笑い合うトラッドを好む人達特有の仲間意識があるということ。
 今年はクラックを始めていろんな所へ行けた。また来年もクラックでも目標をもってぼちぼちやっていこう。
これから長い冬がやってくる。A川さんのように雪の山を登り、滑る人もいる。私は故障を治しながら・・・焼き石をしながら岩を登り挟まるんだろうか・・・時にはA川さんに会いに雪の山へも遊びに行きたいと思います。
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-12-14 01:04 | | Comments(0)

鳳来 女郎岩

d0151699_22171559.jpg


展望台スラブ
d0151699_22173264.jpg


d0151699_22174971.jpg


大凹角ルート
d0151699_2218759.jpg


d0151699_22185391.jpg


d0151699_22233041.jpg


d0151699_2228399.jpg


d0151699_2219376.jpg


 今週末は、女郎岩に行ってきた。今年の始め、FBで知り合った辺鏡クライマーのけんじり君に、鳳来行くけど行く?と聞くと、女郎岩なら行きたい。と言われた。女郎岩??聞いたことないわ。先輩に聞くと、ボートで行くことしかできない幻の岩と聞いた。フリーのパートナーのsportabaさんはクライミングレストして他の人たちと鳳来通いを始め、テン場から朝早く起きて、鳳来湖から女郎岩を探す。わからんな~車で下りに振り返ると、観えたーー!!ごっつく被って切り立った岩壁が!! それから梅雨のオフシーズンにクラックもやり始め、沢登もやり始めた。シーズンが終わり、鳳来ラストに行ってみたかった女郎岩に行くことができたemoticon-0111-blush.gifemoticon-0100-smile.gif
女郎岩のトポは以前は未公開だったので、開拓者のN瀬氏の連絡先を教えて貰い、N瀬さんがご自宅に招いて頂いて、説明を受けた。今は知り合いが欲しければトポを渡してもいいとのことでした。
 女郎岩は本チャンのマルチピッチだと思って下さい。と説明を受けPCで沢登りの迫力ある写真を観せて頂き感激した。けんじり君にサマコレ行けへん?というと僕は西ノ滝に行きたい。と言われて、ハイカラでいる時、N瀬さんが沢の話をされていたので、この人沢登りされるんやな?と思い、「西ノ滝って難しいですか?」と聞くと、「上部のゴルジュ帯を含めて完結します」と答えられ、沢登の必要な登攀技術などを話てくれた。ゴルジュってなんや??と思った。後でわかったが、N瀬さんは沢登の神様と呼ばれているらしいemoticon-0107-sweating.gif女郎岩に行ったら是非感想を聞かせて下さい。言われたので、N瀬さんに手紙を書こうと思う。

 説明を受けたにも関わらず、鳳来湖の末端から湖岸水平道に入るところがわからず、沢沿いに登って行き、この先行ったら沢登になるで!!と言って引き返し、林道にテープがついてるのを発見してダム沿いに歩き出す。水平と言っても道は山道で岩の取り付きまで1時間くらいなのだが、1時間半くらいかかった。岩の取り付きと思われるとこから20分くらい急登をしてフラフラになって展望台スラブに到着する。そこから左のクラックエリアに移動するのにもしんどく、私は休憩して、sportabaさんが見に行く。お勧めの大凹角ルートを登りに行くことにしたが、そこまでも悪いので、ザックデポして、登攀具だけで取り付きまで行く。スケールが大きな美しい壁があったemoticon-0104-surprised.gif岩は想像していたより綺麗で、結構しっかりしていた。ピンもリボルトされていた。sportabaさんリードで2ピッチ行って三ツ星の女郎クラック10Cを登り出すが、カム使い過ぎて、敗退することになったemoticon-0114-dull.gifemoticon-0125-mmm.gif クラックはクライムダウンしてそのまま大凹角ルートの上部まで抜けることにした。頂上は、鳳来湖が観えて最高に景色が良かったemoticon-0115-inlove.gif
 emoticon-0102-bigsmile.gif 回り込んで降りれると聞いていたが、降りる所がわからず、懸垂することに、sportabaさんはマルチで懸垂初めて、しかしよく勉強してるので段取りが良かった。2回目の懸垂で私が先降りると末端の結び目が上に上がっていて、近くにピンあったのでそこでテンションかけて結び目を下に降ろす。最後sportabaさん懸垂、スタックして、グリグリで登り返す。そんなこんなで日が暮れて、ヘッデンはザックの所に置いていたので携帯の光アプリザックまで戻り。そこからヘッデンで駐車場に戻ったのは、夜の8時だったemoticon-0107-sweating.gif 東栄温泉に電話して滑り込みセーフで温泉に入り、テン場で鍋食べて飲んだ。今日は明日の鬼のお仕事もなく好きなだけ飲んだemoticon-0167-beer.gifemoticon-0102-bigsmile.gif 
 翌日は瑞浪に行くはずだったが、疲れていて韋駄天に行こうと言うことになった。しかし、取り付きの渡渉箇所を間違えて、急登を登り、これは違うと降りて来て、また手前を登りこれも違うと降りて、また最初を登り迷いに迷い、下山。もしかして、もっと先かも??と言って車で林道を先に行くとケルンが積んでありそこから階段みたいな取り付きがあった。私は10年前くらいに1度行ったのだが忘れている。昼を過ぎたのでおとなしく帰阪することにしたemoticon-0141-whew.gifemoticon-0114-dull.gif途中、気になっていた博多ラーメンの店に寄った。
 今年は女郎岩に始まり、女郎岩で終了した。出会いがありそこからクライミングの幅も広がり、そしてまた出会いも広がった。未知の経験は本当に面白い。マルチピッチや沢登、違う景色、どう登るかどう下るか考えながら、やり遂げた時の達成感。ヘッデンでなんとかボロ雑巾のようになって下山できた時の生きていることの喜び。来年も個人的な冒険をしていきたいと思う。来年はどんな素敵な人に出会うだろうかと・・・
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-12-06 20:28 | | Comments(0)

シーズンラスト 鳳来 鬼岩

d0151699_22233336.jpg


d0151699_22275397.jpg


d0151699_2224431.jpg


d0151699_2225025.jpg


d0151699_22251024.jpg


 この苦しみも口惜しさも、あの悲しみも報われる時がくる・・・・
 今週末は一気に気温が下がり初冬の鳳来だった。私の猫しゃく12Cは5ピン目の穴ホールドからのデッドの足位置を先週決めたが、岩冷たくカジパンでデッド決まらず・・・・emoticon-0107-sweating.gif 今シーズンの目標は核心手前の6ピン目までノーテンで核心出だしのカチ保持までだったが、それがいけたのは1回だけだった。
 猫しゃくは鬼石の最強の12Cと言われている。3年計画でRPを目指す。1年目はムーブ作り、2年目は繋げていく、3年目はRP体勢。去年は猫パンチの核心ムーブを男ムーブでは届かず、女ムーブを作りできるのに、終始した。今年は繋げていく2年目。6ピン目猫パンチの体勢に入るまでが、猫しゃくの始まりである。私は始まりにも至っていないことになる。
 sportabaさんは、ガンジャ13D、ランジまで行った。核心はその前のアンダーそしてクリップなのでランジが成功したらほぼRPになる。核心は終わっているが、そこに至ったのは2週間前の平日。結局、先週はシケシケで状態悪く、今週は冬になって、ランジ取りまでいけず、しかし、アンダー保持までは確実にいけるようになった。
 sportabaさん2年前からガンジャをやり始め、途中膝が悪くなり、トライ断念、そして、モチダウンでクライミング自体辞めるほどになったのが、今年の春、夏の終わりに私がクラックに誘いクラックに目覚めて、なんとかモチを持ち直し、鳳来にも通うことになった。ランジ取りまでいけてゴールは目の前になったが、今シーズンは見送ることになった。sportabaさんは今シーズンで鳳来は辞めると言う。
 
 鳳来、鬼岩は私がクライミングを続けることになった岩場だ。1級の岩場だとその魅力に取りつかれ、11を登り、高グレードも登り、アプローチで怪我をし、復帰をした。いろんな出会いもあり別れもあり、栄光も苦しみも全てがここにあったような気がする。怪我をして鬼岩に行けなくなり、3年後復帰できた時は、鬼岩に行けるだけで丸儲けという喜びがあった。しかし、あれから3年、謙虚な気持ちは遠のき二人とも目の前の課題に向かうことに躍起になっている。成果を上げること以外に遠征とアプローチ、駐車場合戦、込み合う岩場。あらゆるストレスに苛まれていた。
 sportabaさんは実力がないというが、RPできなかったのは、いろんな要因がある。膝が悪いのもその一つだが、ランジ体勢に入りそこからの岩の状態などの外的な原因もある。実力がないのなら、それを補う為に努力をすればいい。節制、体つくり、レスト、岩の状態がいい時に行けるような仕事などの休暇など・・・・
しかし、そう簡単には社会人はやってられないのが事実。
 私の場合は、いい感じになってきた時に指の筋と肩などが悪くなり、モチダウンで努力を怠った。
鳳来通いを辞めなければならないのは、遥か彼方にあるゴールの私の方である。
 
 鳳来になぜ通うのか?と聞いて、sportabaさんは14を登りたいから、答えた。ガンジャの終了点から12Aくらいをこなせばエゴマニ14AのRPとなる。私の場合は、グレードではなく猫しゃくを登りたいからだ。鬼岩に行ってまず目にする川原エリア、多彩なムーブ、クライミングのあらゆるムーブが詰まっている。デッド、ポケット、クロスムーブ、ヒールトゥフック、キョン、ハイステップ・・・・・
 それと、自己満足でもあり自己実現でもある。ある冒険家が語っていた。解かりやすく達成により得られるもの、男子なら女子にもてたい、スポンサーがつきお金が儲かる、あらゆる名声が得られる。私たちにはそんな類のものは手に入らないが、自信、名声、そして何よりクライマーであることの最高の喜びが得られる。
取りあえず、ひとまずお疲れ様。備中、羽山でこれも大きな目標のルートが待っている。
そして、春、秋より状態がいい時期が長い。春に鬼岩に行けば必ずガンジャのRPができることは、紛れもなく間違いない。自己実現ができるのは、来春なのである。
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-11-30 01:03 | | Comments(2)

連休 シケシケ 鳳来 鬼岩



d0151699_0364897.jpg


d0151699_037048.jpg


d0151699_0371435.jpg


d0151699_0375430.jpg


d0151699_038478.jpg


d0151699_0382362.jpg


d0151699_0383266.jpg


 3連休は土曜仕事で日月で鳳来。金曜雨だったようで日曜はシケシケ、気温も高い。この時期アプローチで汗かくし、寒くないのはおかしい。私の猫しゃく12Cは5ピン目穴ホールドクリップまでは確実にいけるようになったが、その後のデッドが確率悪く、足位置を変えてトライするもダメで、また足位置戻して、左足切っていたのを決めて蹴りだしたらいけるようになった。結局、ムーブが決まってなかったemoticon-0107-sweating.gif 土曜は凄い人で6時10分で満車。ウルフ、バーニス、パンダのルートが重なるラインは、二ケタの順番待ちで、何とか2回順番回ってくるくらいで、ガンジャラインに変更した人もいたが、ガンジャも10人近くいたemoticon-0114-dull.gif
 sportabaさんは、RP狙いだが、岩はシケシケで核心ピンチホールドは滑っていて、グダグダ・・・に戻る。

 2日目、この日は雨予報で昨日と打って変わって空いていた。右上する猫しゃく、右手保持が多く、右半身指から肩まで悪くなっている体バキバキ、ヨレヨレだが、岩の状態は良く、手出したら止まるので声出しながら、ワークemoticon-0141-whew.gif ハイカラはイマイチでsportabaさんも何とか核心前までノーテンでその後、テンテンでエゴマニを回収。
 ツヨツヨの女の子のクライマーが家族で来られていた。猫しゃくの川原エリアで休憩されていて、私がトライしている時、兄妹がちょっと騒いでいたら、真剣に登ってる人がいる時は、静かにしなさい!!と母親が注意されていた。ちゃんとされてるな~とsportabaさんから聞いて、二人で感心した。
 
 来週は今シーズン最終回。気温は低くなるようだが・・・sportabaさんはRP目指し、私は今シーズンの目標核心手前までのノーテンと核心出だしのカチ保持まで頑張ります!!

 
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-11-23 23:54 | | Comments(0)

リーチかかった!! 鳳来 鬼岩

d0151699_23153358.jpg


d0151699_23154273.jpg


d0151699_23155291.jpg


メイン裏、マンモス君の横にある12CをRPされるI田さん 仕事が速い!!ルート名がわかりません(^^;)
d0151699_2316363.jpg


 日曜、鳳来。sportabaさんはガンジャ13Dがランジまでノーテンになり、RPまでリーチかかったemoticon-0100-smile.gifemoticon-0100-smile.gif ガンジャトライの重圧から幾分逃れて精神的に楽になったかのよう・・・・何とか私の猫しゃく12Cは核心までの6ピン目までノーテンになり、核心出だしまでいった。が、しかし、薬指、小指の筋がパキリかけ・・・emoticon-0114-dull.gif

 文化の日の祭日火曜も鳳来へ。中一日というか翌日の夜からまた愛知県へ。もうどっちが仕事かわかりませんemoticon-0101-sadsmile.gif 

 前日が雨で中一日では疲労がとれるはずはない。sportabaさんランジ前のアンダーとりにいくところでフォール。私は、筋痛めてて、1便目岩冷たく全然あかんで、2週間くらいレストしよか??と思う。今週末、鬼岩で冬に行きたいクラックエリアはアッセンダーで登らなければならないので、その練習しよか?とかキノコ狩りにハイキングにでも行こうか・・・・とか
 
 2便目は岩の状態良く、6ピン目までノーテンでいけて、核心ムーブもテンションかけたらいけた。最後のギャスリムーブは肩痛くてやめた。
 今週末も土日で取りあえず行くことにした。明日は、肩にヒアルロン酸打ちに行こう。行きも帰りも車の中でアイシング、K原さんに教えて貰った手首のストレッチをする。
 今月末まで、頑張ろう。 
  
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-11-03 22:44 | | Comments(0)

一喜一憂のシーズン 鳳来 鬼岩

d0151699_21492469.jpg


d0151699_21364868.jpg


d0151699_2137319.jpg


コエンマにトライするN田君
d0151699_21373611.jpg


d0151699_21374643.jpg


メタフォースをRPしたフジシン
d0151699_21383686.jpg


メタフォースにトライするM本君
d0151699_2139202.jpg


猫しゃくをRPしたT月君
d0151699_21393123.jpg


d0151699_21582497.jpg


 土曜は岩の状態イマイチで私もsportabaさんも後退し、sportabaさん「ガンジャ、実力不足なんやろな・・・ガンジャ封印しよかな」と言う。何今更言うてんねん!!
 日曜は岩の状態最高で、フジシンがメタフォース14CをRP、N田君は先週メタフォース14CをRPして、今週はムードラ14Cを登られた。クライミング界のエリート集団と一緒にトライしているハイカラでは、プレッシャー掛かるらしく、精神的にも大変なようだ。
 日曜は、sportabaさんアンダー保持してフォール。私の猫しゃくは、5ピン目クリップして次のデッドでフォール。目標の6ピン目まではいけなかったが、トラバースの足位置、核心キョンまでの足位置を確定させる。2便目は皮ベロンチョになり、左手中指のテーピングを人差し指に巻きなおしたが、流血ひどく降りてくる。人差し指もテーピングせなあかん・・・emoticon-0107-sweating.gif 目標地点までいかずとも、新たに得たことがあるので、良し!!として、来週も頑張ろう。
  sportabaさん、日曜は少し高度が上がったので、今シーズンはガンジャに喰らいついてトライするようだ。実力はある。実力なかったら、アンダーまではいけない。只、限界グレード実力を押し上げていかなければRPはできない。押し上げる・・・・その努力は人其々だと思う。Push the limit!!
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-10-26 20:05 | | Comments(0)

大賑わいの  鳳来 鬼岩



d0151699_0491027.jpg


d0151699_0403725.jpg


d0151699_0384590.jpg

 
d0151699_0391640.jpg


d0151699_0392991.jpg


d0151699_0411228.jpg


d0151699_041199.jpg


今週は土曜雨予報で天気は好転した。土曜は空いていた。この時期、空いている鬼は・・・明日は混みそう・・・emoticon-0114-dull.gif 予測通り日曜は激混みだった。
 私の猫しゃく12C、5ピン目のハング乗り越しのハイステップが独自ムーブで繋がらずにいたので、ムーブみんなと一緒に変えたらいけたemoticon-0105-wink.gif なんやったんか・・・いつもの届かん!!の思い込みの独自ムーブで嵌る。土曜はこのムーブであぁでもないこうでもないとやりながら、上部も少しやる。
 日曜は、土曜確定させたムーブで5ピン目までノーテンその後のデッドもいけてクロスするところでフォール。来週は6ピン目掛けて、核心の出だしまでいくのを目標にする。
 sportabaさんは、土曜ガンジャ13D、イマイチで2便目出す前に、悪寒がすると言い、トライやめる。熱はないし、食欲もある。それ、ただのガンジャ嫌々病ちゃうん!! という。翌日は、ぐっすり眠れたみたいで疲れもとれたようで、ガンジャトライ、1便目でアンダー両手保持してフォール。またモチ上がってよかった。久しぶりに落ちてくそーーーーっ!!という言葉を聞いた。
 土曜の晩から合流して、日曜は、I川さんとご一緒した。沢登りの達人、登山、テレマークのインストラクターといつも画期的な記録を出されている。フリーは岩のクラックとジムトレしかされてないので、スポートの被りの岩は初めて。
夜の宴会では、初級、中級の沢のお勧めルートを聴きまくる。アプローチ1時間ありますけど・・・と聞くと、アプローチ12時間とかもあるので大丈夫です。とのことemoticon-0104-surprised.gif アプローチsportabaさん、沢を指差しこっちから上がって貰ってもいいですけどwと言いつつ速めに歩くが、途中で、膝悪くて速くは歩けませんwと言って普通のペースで歩く。
 I川さん、あんこをOSされ、11をすると言われるが、私たちがファースト12Aを勧めて、トライされた。最後の核心ムーブあれこれやってみるが、独自ムーブで次回はいけそうだ。
 秋は名張の宿題やら、冬はまた登攀の記録を出すべく企画をいろいろ伺う。冬はお忙しそうだ。名張の宿題を終わらせて、また鳳来へいらっしゃって下さいemoticon-0100-smile.gif
 沢に行くと動物しか出会わない時がある。美しい沢や迫力のある滝、奥深い自然を自分たちが独占してるような優越感に浸れる。何が出てくるかわからない面白さと、冒険心とは真逆の人でごったがえした岩場に打ち込みながら悶絶している私の通う岩場。しかし、順番を入れながらもトライするルートはそれだけの価値もある。RPするのにはそれなりの力量もいる。また来週もアプローチの脇の沢を観ながら、今日はあの1手を取ろうと、歩くのだろうと思った。
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-10-19 00:13 | | Comments(0)