ブログトップ

My Foolish Heart

<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

無花果の森

小池真理子著『無花果の森』を読む。

小池真理子がなぜここまで「恋愛」小説に拘るのか。最も女性の心理を描き人生を描けるのは恋愛であるからか・・・そして男女の性差や精神や生き方の差を、そこに身を投じる人間が一番露呈するからなのか・・・
人が生きる原動力となるものを考える。命の輝きとなるもの、それは情熱であると思う。何かに情熱をもつ人は素敵である。抽象的で曖昧な人間にしか伴わない感情、しかしそれにおける情熱とは計り知れないと、小池真理子は描き続ける。

この物語は有名監督の夫のDVから逃れ失踪した過去を捨てた女と未来を捨てた男が出会う。生きる希望を失っている男女が、身を潜め辿り着いた寂れた地方都市。
岐阜大崖という侘しい街で、梅雨から初夏にかけて、陰鬱な風景の中で物語りは進行していく。
今までの彼女の耽美的な風景とはちがう、雨、汗、黴といった人間の不快な感覚が風景描写に現れる。
本来、人間が生きるとはそういう生々しいことなのかもしれない。

登場人物にヒロインに関わる、画家の八重子とゲイのサクラが素晴らしい。
八重子には「自らの意思で世界から孤絶してきた人間、安易に世界と手をつながずにきた人間のもつ、ある種の強さ、凄みだった。」とあるように本音しか物を言わない絵を描くことに情熱を注ぐ老女だ。
サクラもまたズケズケモノを言うが、ゲイ特有の人間の深みを感じさせる。
小池は「本当に絶望している人に「がんばろう」などの情緒的な言葉は、無意味だと二人のようにぶっきらぼうながら惜しみない愛情を注ぐ二人に心を惹かれる。」と語っている。
物語に出てくる店「ブルーベルベット」はデビットリンチ監督の映画。学生時代に友人に誘われて観にいった記憶がある。確か2本立てで2つとも奇怪だった。暴力的なセックスシーンしか記憶になく、なんじゃこれ??
と思った。ただ、この作品とは裏腹なのが美しいタイトル曲。

読者は、主人公たちと共に、光の射さない人生の洞窟から、光を探して物語の中へと入り込む。
ミステリーの謎解きが知りたいのとはちがう、なぜか読者は物語の奥底へと入り込む、小池作品が描こうとしている「恋愛」の真髄とよく似ている。読者はどんどん深みに嵌って行く。小説のラストは、涙が止らない。

小池作品が描く恋愛小説のヒロインとその相手の男。そこにもいつも究極で真実の男女の姿が窺える。
男は何かに拘り美しくも儚い。それに惚れる女は、恋愛の渦に振り回されどっぷり翻弄されながら、結局のところその行く末は、強かである。
ともかくにも、小池作品の男女は美しい。それはヒロインは心底恋愛したからであり、その後の女はより一層素敵で美しいのだ。だから若い時そのヒロインに憧れ、人生を多少経験し、人生に躓き、そして今尚、私は小池作品を読み、これから先も読み続けていくだろう。生きる源が描かれ、人生とは美しいのだと小池文学は教えてくれるから。ブルー・ヴェルヴェット Blue Velvet
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-07-30 14:30 | 雑記 | Comments(0)

液チョー効果で? RP!! ロックオン

今日は蒸し暑く、エアコンガンガンのロックオンも寒くはなかったw
K氏は打ち込み12C、液体チョーク使ったろかな?と言う。ロックオンは綺麗好きのスタッフの性か、液体チョークはマットに落ちるからか禁止になっている。おらんようになったな?と思ったら、K氏は戻ってきて、H田君に許可貰ったと言って、液チョーつけて12C、あと数手!!

私も液チョー貸して!!と、マムートやった。マムート薄いからあかん、ベアールないん?
文句言うな!!てか?つけようとすると、マット汚したらあかんから玄関出て、つけてこなあかん!と言われて、液チョーもって玄関出ようとしたら、クライミングシューズ履いていかなあかん!と言われる。
ほんで、11AB、RPしたーーー!!
核心の最後の豆腐のようなホールド、ピンチか、カチもちで行っていたが、オープンでもったら、デッドし易くなった。左オープン、右カンテで、デッドは叫ぶーーーーー!!!

後は、11BCワーク・・・・

K下君はレスト苦手でノンレストで12ABをRPしていた。12Cに参戦!!レストなしでいくんかな~W

A田先生は、ボルダー後に、12C登って12ABに繋ぐのは飽きたみたいで、12ABに繋いで途中から12Cの途中を逆行していた。

ステロイド13Cを打ち込み中のA山君。12Cを再登して他にも繋ぐ。ステロイド登ってるK氏に、ステロイド何手あるん?聞くと、78手らしい。ほんだらこの12C登れたら、ステロイドいけるんかな?と聞くと、A山君が比べもんにならんくらいステロイドの方がムズイですよ!!と言っていた。A山君、岩でも液体チョークは使用してないみたい。得に理由はないらしいつける習慣がないみたい。使ったら全然ちゃうで!!と言う。今の季節、つけてもとれるかもしれんが、とれるまでは登りが楽になる。液体チョーク、岩の環境問題を考えたり、人工的だとつけない人もいる。

帰りはRPしたからと駅前の屋台の焼き鳥テイクアウトを私が奢った。260円安~っ!!
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-07-29 00:44 | 室内壁 | Comments(0)

みんなでやれば ロックオン

週末岩、行くかどうか迷ったが、暑いと思ってやめました。とA田先生。
待っとたのに~!! 全然暑くなかったで なぁ?と岩に来ていたツッチーに言うと「・・・・・」
M岡号満員で席空いてなかったからか?と思ったけど、私らも行ってるからとA田先生と、ツッチーに連絡先を教える。

11ABは、疲れてるのか、しょうもないとこでも足滑る。最後の核心左ピンチのもち方を解明!!RP狙いで待っているとK氏が、他のもやりと言われて、黄緑11BCをやる。垂直からルーフに抜けるテクニカル且パワフルルート。垂壁の核心、K下君やA田先生にいろいろ教えてもらう。
ルーフの核心は、K氏の飛ばしムーブはできず、独自ムーブでやったら、できた。
流石、○年やってないな~俺よりフリー先輩やもんな~
そんな○年もやってないわ!!Kさんも堡塁行ってたやろ、その頃から考えたら○年やん!いつから、やり始めたかは、ようわからん。人工壁行き始めた頃か?
堡塁なんかフリーちゃうやろ!ペツルのボルトにヌンチャク掛けた時からや!
??いつやろ・・・

ルーフの核心がとれてもその後がチビには、核心でいろいろやる。
参戦してきた人・・・らといろいろ解決。


K下君に、週末行くんですか?と聞かれて、行くよ!A田君は?と聞くと、akoさんの熱心なラブコールに答えなあかん・・・と言っていた。
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-07-27 00:55 | 室内壁 | Comments(0)

ラインはどうなん? 帝釈峡

モモンガ13 H田君
d0151699_20401014.jpg

トップガン12C M岡君
d0151699_20402691.jpg


某岩場 気温は結構低く、先週よりカラッとしていて休んでいると涼しかった。
11時過ぎに陰ってくるので、先週より1時間遅く行った。

sportabaさん天下無双13Aをトライ。下部の悪いムーブの後上部は、直登、左回りと登ることができる。
左回りだと結構ピンから離れる。直登するとかなり悪い。sportabaさん曰く、噂どおり直登すると13あるのとちゃうか?と・・・・私は、自分がやってるルートがかなりやらなRP難しいので、パートナーのsportabaさんに、速く登られたら困るので、男なら直登やろ!!真っ直ぐ登れーーー!!と励ます。直登もなんとかムーブはできた。
が、左回りで取り敢えずRPを目指すそうだ。

私の花よりコルネ12A、出だしの悪いスラブは、先週全然できんかったのに、今日はすんなりいけた。
下部核心もなんとかテンションかけたらいけた。上部核心もムーブを把握して、抜けれた。
抜けれたルートは登れるルート!!後は、100万回トライをやるかどうかの問題です。

最近、羽山とか川エリアとか、核心のムーブができん抜けれんとこばっかり行ってたから、抜けれただけで、丸儲けと思ってしまう。

M岡君に連れられて来た男子たち。K下君は、嫌や~とかしんどいとか、言いながらも、御手洗行かずに、毎週ルートしに来てるから、やっぱりほんまは、ごっついやる気あるんちゃうん・・・・

夕方は、ドシャ降りになったけど、休んでるとこも全く濡れなかったが、岩はしけってきた。
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-07-25 19:59 | | Comments(0)

後1手・・・・ロックオン





11ABは繋がってきた。核心突入の悪いスローパーマッチのムーブをA田先生に、足をルーフの方に高く上げた方が手の負担がなくなると、いろいろ教えてもらって、スローパーマッチせず、足位置あげていけるようになった。核心最後はやはり悪く、続けていくとワーク用のガバまでしかいけず・・・・後1手されど、それが核心。

K氏は、12C目標のとこまでいっていた。

奥壁ではH田君の初心者道場。こっちではA田道場!にK氏も参戦して、しっかり完登していた。

H田君、A田君、週末岩に来るみたい。楽しみやな~♪
d0151699_0295690.jpg

[PR]
by mizunoawa921 | 2011-07-23 00:16 | 室内壁 | Comments(0)

北壁はスラックラインを超えて ロックオン

今日は開いてた。
週末の疲れでどうなん?打ち込み11は、またバラバラ事件か・・・?
バラバラルート中にスタッフ、マルちゃんとA田君がセッション。秋にスイスにボルダーに行くマルちゃんが、
V12はどうにかなるけど、V13はムズイ・・・・とか話してくれるが、V13って???・・・4段+らしい。
マルちゃんいくつになったん?と聞いて、ボルダー打ち込むのは今年で終わりにすると・・・・


レストは奥壁のマルちゃんらのセッションを見学。
寒い、空調と扇風機で・・・ここは北壁かい!
奥壁の入り口はスラックラインが張ってある。女性クライマーは渡れていた。
いける人は後ろ向きでも行く人いるみたい・・・・(@@)
K氏は途中で敗退。グラビティにもスラックラインが張ってあって、スタッフ大学生のT君が客の女性をフォローする為に手をつないでいた。K氏が、自分女の子と手繋げてええな~と言うと、女の子ちゃいますよ29才くらいですよ!29やったらええやん!と言っていた。ロックオンではスラックラインフォローはないw

A田君はツヨツヨで岩のルート少し前は行ってたらしい。赤バラもサクッと登っているらいし。
13一緒にやる人いてないからというが、いてるでーー!と岩に誘う。

私はバラバラ事件が、繋がってきた。


   
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-07-21 00:25 | 室内壁 | Comments(0)

開けてーーー!!

d0151699_202637.jpg
台風来てるのに行ったけど、閉まってましたなう
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-07-19 20:26 | 雑記 | Comments(0)

連休 帝釈峡 写真

d0151699_1144765.jpg
d0151699_11443681.jpg
d0151699_11444699.jpg

[PR]
by mizunoawa921 | 2011-07-18 11:44 | | Comments(0)

連休 帝釈峡


連休某エリア
猛暑連休、アップで11Aをやるけど、暑くて、怖くて、なんとか抜ける。汗だくになり、アップにならず。

sportabaさんOSトライ花よりコルネ12A、下部核心でフォール。上部核心は、上核心ないと言って降りてきた。2撃を目指すが、上部核心でホールド見失い、フォール。

私も花コル、以前やった遠い下部核心をやってみる。何回かやって上のコルネを掴むが、コルネが滑っててフォール。

2日目は、ロックオンのみんながやってきて、賑わう。
昼から陰るからゆっくり目に行ったが、9時にはM之園先生は、4本アップで登ってはった(@@)
リーダーM岡君は、すでに花コルを終わっていて12Cを果敢にトライ。
M瀬さん、花コルOSトライ。日が燦燦と射す時にやろうとしてたから、今やったら自殺行為や!と言うけど、
M岡君曰く、僕らはそんなの関係ない!らしい。
ツヨツヨM瀬さん、下部のワル~い!スラブで撃沈。下部核心をいろいろやりはったが、途中から私とsportabaさんがムーブを教えて降りてくる。

sportabaさんも1回目、陽が燦燦だが、行くが下部核心で滑る。
2回目、上部核心でフォール。

陰ってきて、Mさん3回目、見事RP!!やっぱり、力あるから、ムーブがわかったら即登りはるな~

M瀬さん効果で、後の男子は成果を出す。弱気のK下君もRP!!sportabaさんも、本日3回目でRPした。

私は、下部核心いけて、上部核心のガバもなんとかとれた。2回目はよれて、なんもできんかった。

その後もロックオンチームはクールダウンだとよれながらも、落ちても11をトライしていた。
sportabaさんも負けじと、クールダウン?で天下無双をやる。

ロックオンチーム、初心者の男の子のTRを張って教えたり、みんなモチ高い。
M岡君「僕なんかルート初岩場は、いきなりリードしかできん柏木にakoさんに連れて行かれたのに!」

sportabaさん初日の2便目で登れてたはずだが、詰めの甘吉だった。しかし、いろんな経験の積み重ねで、この所、視野が広がりムーブを発見することができるようになったと言っていた。
この真夏のトライでグレードはちがってくるということに、しとこ!!
d0151699_11344970.jpg

花よりコルネ ako

d0151699_1135195.jpg

花よりコルネ sportabaさん

d0151699_11351614.jpg

伊勢海老のクリームパスタ 鶏肉のイタリアンソテー
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-07-18 11:06 | | Comments(0)

RPした人と抜けれた人 ロックオン



今日はK氏が打ち込み中の12ABをRPしていた。
私は、11AB、久しぶりにきたら、ボルダームーブだからかまた、バラシテやらなできんかった。終了点が遠くてできん・・・スタッフH田君が、いろいろ足位置をアドバイス。常連の女性クライマーの為に足限だが足を足してあげていた。私も足して欲しい・・・てか足フリーやったわ・・・・しかし、H田君が、終了点手前にワーク用のホールドをつけてくれた。H田君、いろいろ足位置考えてくれて、そのアドバイスでとれたーーー!!目からうろこやった。左手、悪く、右もカンテではりぼての上にデッド。悪いムーブやけど、慣れるしかないと言われる。 
この週末、広島の某岩場に行ってきたH田君。状態悪いけど13、2撃。他のツヨツヨ、プロクライマーもOSできなかった悪くて噂の11C?をOS。理論派で上手さのH田君。

もうひとりのスタッフMちゃんは、久しぶりに会った。
K氏にMちゃんがお手本を見せてくれて、Mちゃん節を炸裂させて帰って行った。
akoさん、昔と変わってないな~
Mちゃんこそ!
俺、子供二人できた。
と最近できた6ヶ月の女の子の写真を見せてくれた。

このジム、いまどき珍しく、長モノやってる人の方が多い。

K氏はRPできたから、機嫌よかった。駅前の屋台で焼き鳥テイクアウトして、ビール飲みながら、電車来るまで祝杯でした。
d0151699_105014.jpg

お手本Mちゃん

d0151699_19791.jpg

赤丸はワーク用のガバ
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-07-15 00:29 | 室内壁 | Comments(0)