ブログトップ

My Foolish Heart

<   2011年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

スイスから更新はあるのか? ブログ紹介

ロックオンのスタッフ、H田君、マルちゃん、常連さんのつっちーのブログが始まりました。
26日にスイスに遠征に旅立った、マルちゃんとつっちー。なぜか、つっちーのブログからスイス遠征の模様
がアップされるそうです。

H田君もブログ始められました。

みんな読んでね~!!

ハラブロ

へなちょこクライマーの日常

○○な話
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-09-28 21:32 | 雑記 | Comments(0)

13Cクライマーの誕生 ロックオン

A君が、打ち込み中の鳳来のステロイドパフォーマンス13CをRPした。
みんなが、おめでとうと言って握手を求めていた。その中でも、一番その喜びも、苦しみも本当の意味でわかっているのは、同じルートを完登したK氏だけだろう。

打ち込み中の長モノをみんなで教え合いながらワークしたり、休みながらしゃべったり、ボルダーセッションしたりする中で、A君は一人でいつも黙々と長モノを繋ぎ、持久力トレーニングしていた。限界グレードの高グレードの長モノはワークすればすぐ登れるほどの力はある。
私が本気トライでやっていると、上にトラバースするA君がいて、登ってるでーーー!!と怒鳴り散らすと、すみませんとA君が謝る。いつもグルグル休みなく登っている。
ステロイドは去年からやって、丸一年かかったらしい。
私たちは、ジムの実力からすれば、すぐ登れるはずだから、岩の状態が悪い時にやってるからと、調整ができてない。ジムで登りすぎて疲れてるんちゃうん?と言っていたが・・・・この週末登った。

K氏は3年前に6ヶ月で登った。春と秋にやっている。A君より20歳上でリーチもない。しかし、K氏が6ヶ月で登ったことを考えると、やはり岩というものは、力だけでない体力以外の精神的にかプラスアルファの何かが必要な気がする。
何れにしても12とはちがい高グレードは、やってたら登れるものではない。相当の力がいる。それは、A君のジムでの実力を目の当たりにしていることや、過去のK氏の努力を思い出すとわかることである。

私の11Dは、また後退、仕切り治してジムトレやな~ 

A君、今日は、奥壁でみんなダベリングの中ちょいボルダーしながらおしゃべりに参加していた。
13クライマー
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-09-28 00:43 | 室内壁 | Comments(2)

天下をとるまであと一手 帝釈峡



連休で帝釈、先週の真夏状態から一気に秋へ。朝、晩はひんやりしてきたけど、日中まだ日差しは強くて、蚊が多い。
sportabaさんの天下無双は、雨で染み出しで久しぶりにトライ。前はトライされていた方のヌンチャクを使わしてもらっていたが、今日は自分でかけるが・・・・・・ランナウトしてクリップ核心だからもあるし・・・・ムーブ忘れてるし・・・・大落ちしながら、掛けれません008.gif どないすんねん!! 京都の知り合いのクライマーが助けてくれて、なんとか掛けれた(><) 一からやな~と言っていたが、翌日には1テンになった。
ランナウトのクリップもできるようになり、ガバホールドが欠けてその後の悪い外傾ホールドをとりにいってるのでホール。

私の花コル。ムーブ確定させたはずが、一番問題の下部核心突入する前のパワフルムーブをやってみる。
普通は、核心の左足しわホールドにハイステップしてクラックをマッチして核心態勢に入るが、リーチないからか、しわスタンスにハイステップはできん・・・・右のコルネもって正対で左のスローパークラックをとっていたが、そこでいつもテンション入る。よう考えたら、わしづかみムーブはしんどいと思い、右コルネで下の足入れ替えてカウンターでスローパークラックをとりに行くムーブに変えた。そこから、しわスタンスに足乗せて下部核心をする。下部核心は、確定させてるので、できる。出だしのスラブも遠いアンダーをとりに行く前に中継してごちゃごちゃしてて、テンションしてたが、一気にとりにいくことに決めた。上部核心は足ブラになるがしゃあないか・・・・

食担ですよー!は、私。アクアパッツアとバジルのパスタ。
星2つ半頂きましたーーー!!038.gif アクアパッツアはちょっと塩辛いらしい。水をもうちょい足したらよかったか?パスタアルデンテは成功しました!! 
食担にしたら、買出だしも早いし効率ええな。
今度の食担プロのsportabaさんは、星は必ず3つでしょう!とプレッシャーかけとこ!

日曜組のM之園先生は、久しぶりだったが、直登の遠い核心ホールドを止めていた。
K氏の12Dは、裸で気合でトライ。sportabaさんが、Kさんの登りを見て気合入ってるな~!と言っていた。
sportabaさん、1テンなってんから気合入れて、いっとこーー!でも今週末金土、と雨やな~
d0151699_21242081.jpg
d0151699_21255675.jpg
d0151699_2128213.jpg

[PR]
by mizunoawa921 | 2011-09-26 20:14 | | Comments(0)

セカンドバージン

今日公開だった映画「セカンドバージン」を観て来た。
2010年に放送されるや、スキャンダラスな不倫愛が大きな話題を呼んだNHKのテレビドラマを映画化。主演の鈴木京香、長谷川博己、深田恭子ら主要キャストは同じ配役。

ドラマはとても面白かった。中盤から見出したので、DVDを買おうかと思ったら、16000円するのでやめた。映画化が決まって、早速観にいった。が、しかしドラマの方がずっとよかった(><) ドラマでの話の展開、台詞の面白さ大石静の脚本の素晴らしさが光っていたけれど・・・・映画はテンポもなくマレーシアのじっとりした風景の中で、重い空気の中で進み具合が非常に遅い。

見どころとしたら、主人公の行がヒロインるいから離れていった経緯と真実か・・・・
レビューにも描かれていたが、鈴木京香がもっと体当たりで演技すべき!要するに濡れ場が甘い。甘いというかないに等しい。年齢的に出し惜しみしたらもう賞味期限になりまっせ!!と言われていた。

恋愛を描き、女性の本来の強かさと美しさを描いたドラマは、圧巻だった。
DVDがあれば、最初からもう一度観てみたい。

私が、企画するなら、ドラマを同じように映画化しなかっただろう。
るいのその後を描き、新しい恋愛を少し体験するが、別れる。やはり行を思い出す。行との恋愛の極意を映画版で回想し、真の恋人は行一人しかいないと実感し、また颯爽と仕事に生きていく。・・・私がプロデュースしたろか!! セカンドバージン
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-09-23 17:27 | 雑記 | Comments(0)

雨の日には車をみがいて

Noriさんのブログに出てきたので、五木寛之著『雨の日には車をみがいて』を読む。
タイトルがよかったので拝読した。一人の主人公が次々に車を換え、それと共に彼女も換えていく。バブル時代に執筆され、更に高度成長期の青年の恋愛を描いているからかとても都会的で洒落ている。主人公の青年が最も興味をもち愛する対象は車であり、また同じく異性なのだと言える。そのところが実に解り易く、自然に描かれている。

私は、車の知識は皆無に等しい。でも、ある男の人を知りたければ、その男の所持している車を見ればわかると思っている。例えば、アウトドア派の男なら、バンやワゴン、四駆に乗るだろうし、車好きなら、走ることに重きをもつスポーツカー。ちょっとこだわりがあり、洒落た人なら、外車。国産の高級車を御父さんから譲りうけたなら、ちゃんとした家庭に育ったのだろう・・・・とか

「ソレックス・キャブの付いたツインカム・エンジンは、こちらのつま先の動きにまったく忠実に反応した。
ウォーム・アンド・ローラー式の軽いスティアリングが、コーナーの狙った場所へぴたりとノーズを運んでいく・・・・・」車に関して書かれてることは、ちんぷんかんです。小説に出てくる車は車好きでなくても男子なら、みんな眼を輝かせるような車たちだ。

個性的な女性が出てくる中、たそがれ色のシムカの彼女が魅力的だった。
ケチな成金男に言い放つ
「よくいるわよね。ほら、自慢の車を洗車したあとに雨に降られると舌打ちしたりするようないやな男が。
ああいうのは絶対に女に嫌われるタイプよ。車は雨の日にこそみがくんだわ。ぴかぴかにみがいたボディに雨の滴が玉になって走るのって、すごくセクシーだと思わない?雨の日に車をみがくのをいやがる男なんて最低ね」

解説は、車評論家がしている。
あらためて、五木さんのクルマ好きぶりがホンモノであることが解ってうれしくなる。日頃自動車専門誌ばかり読んでいる人達にも読ませたいと思う。五木さんの手にかかるとクルマが生きているようで楽しく、いとおしくなる。

ちなみに、私がセンスがよいと思う車は、フォルクスワーゲンゴルフなので、それに乗ってる男はちょっと興味あり。
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-09-20 22:21 | 雑記 | Comments(4)

後、5手11D  ロックオン

連休雨予報で、日帰り岩、翌日はジムトレ。
11Dは後、5手までいく。そこまでいけると思ってなかったが、足自由なのでいけたらそこから先の足位置が定まっていない。最終面の足位置を何度も確定させる。

最後に奥壁、オレンジ■11Aをやる。入り口からの11Aをトライしてる男子たちを見て、これ悪いですよね~と常連女性クライマーのS澤さんに言うと、奥壁に新作できた11Aの方が登り易いよ~と聞いた。
どこが登り易いねん?傾斜がきつく足限でやっていると・・・・マルちゃんがやってきて、akoさん足位置、違うで・・・・・と言われ、そんなんボルダーや!ツヨイな~と言われる。
どれどれ??足位置がわからん・・・008.gif
マルちゃんがこれや!!!と言うから
あの~・・・・これ足限やねんけど・・・wマルちゃん足自由と思ってたらしい。おもろいからブログに書きやー!と言って貰うww

マルちゃんヨーロッパ遠征まで間近で、キャンパしたり、調整に入る。
帰ってきたら、私が幹事でM岡君が会計で祝賀会しようと話す。

雨の休日は、M君、K君、A君らとまったり、クライミング論?
仲間ができるなら、そこには相性があるのか・・それが上手く合わさって、ひとつの仲間ができるのだろう。
仕事があり生活がある。人はみな生きていくだけで、それなりにかなり大変だ。その上で、ジムに集まるクライマーがいる。更に岩場に出かけようとする、そこには楽しさと共に、それ以上のいろんな煩わしさが伴う。協調性がなければ仲間で行くことは不可能。なんやかんや言いつつ、岩の話で時間がいつも潰れていく・・・・
今時、珍しく、貴重なナイスガイたちだと私は思う。本人たちは、全く意識してない。
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-09-20 00:13 | 室内壁 | Comments(2)

雨に強し 帝釈峡

d0151699_10341859.jpg

花よりコルネ ako

d0151699_10352954.jpg

マカ sportaba

金、土曜雨だったけど、情態悪いと思いながら、連休なので日帰り日曜で帝釈峡。
情態悪いからか、貸切。
天下無双は濡れていたが、花コルから右は大丈夫。

天下無双は諦め、sportabaさんマカ11Cをやる、OSできるかも?と動画を設置するが、OSどころか下部でテンショ~ン!!ムズーー!!がなんとか2撃。

私の花コル。出だし、薄いフレークをマッチしてスタートしていたが、欠けたーーーー!!!025.gif
取り敢えず上、スラブからコルネ帯の出だしからのクロスクリップは、力入れずできるようになった。問題は、悪いコルネから下部核心に突入するまでがしんどい。
2回目は、欠けたホールド以外で出だしムーブを確定させるが、スラブが登れず。下部核心終了までテンテンだが、そこから坊主ガバまでノーテンでいける。上部核心は、足数多く、右アンダーもって最後に右足をハイステップする手順を変え、アンダーもってすぐ先に右足をハイステップすると左デッドがしんどくなくとれた。
結局、核心は、下部核心突入するまでをどんだけこなれていけるか・・・・

sportabaさんは、次に、悪いと噂のぬらりひょん11D、OSトライ。
このルート悪いと噂で、ツヨツヨクライマーたちもみんなOSできてない。私が知るところでは、ロックオンのスタッフH田君がOSしてる。sportabaさん2回目で、声出してRP!渾身のクライミングや~!!017.gifと言って動画確認するがバッテリー切れてて撮れてない007.gif
11、2本RP。夏からきてるからこのエリアで11A以来の成果。

備中情報は、雨に強いニューエリでも情態悪かったそうだ。天下無双は夕方乾いてきていた。
休んでいると涼しくなってきたが、まだ蚊が多い。
また台風が近づいているが、今週末も連休。秋に向けて、本格的始動!!
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-09-19 10:18 | | Comments(0)

全開モードで ロックオン

今日は、混んでいた。奥壁、ボルダラーたちトライの中、K氏、打ち込み12AB登れたーーー!!後半は、声出していった。動画撮ってたらよかったな~ このルート持久系ツヨツヨの常連君は登れてないらしい。
すぐに登れた持久系でないK下君が喜んでくれる。ムーブがハードらしい。これ登ったら近所のジムに帰る予定だったK氏だが、新作ピンク銀12A?をワーク。
A田先生以外登れてる人、まだなし・・・・

私は、11D、11BCを越して47手までいった。あと12手。しかし、この最後の面が繋げてきたら、キツイのだ。そう簡単には登れないのはわかっているが、K氏にここまできたらやるしかないで!と言われる。

K氏は、帰りに、マルちゃんおもろいわ~ Kさん飛ぶ鳥落とす勢いやから新作12もすぐ登りはるから、登れるころに、また次の12作っとくわ~と言うねん・・・・と嬉しそうに言っていた。
11D終了点目指して、全開ガールでいっとこかーーー!ってガールちゃうな・・・
全開態勢で・・・・関ジャニ ツブサニコイ ♪
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-09-14 00:35 | 室内壁 | Comments(2)

アンフェア

SMAPの番組に篠原涼子様がゲスト出演してて、映画の番宣「アンフェア」で出ていた。
日常のアンフェアの場面に遭遇したらどうするか?という討論。
行列の出る店で並んでいて、順番抜かしされたら?
ほとんどが、許せないけど、何も言えないだった。
???私やったら絶対言うけどな、電車でも乗車時に割り込みしてきたら、こら~っ(巻き舌で)割り込みすんなーー!! て言うし・・・

こないだも、前払いのBARで、生ビール、ピルスナーで入れてくれたけど、泡多かったから、これ泡多いから入れ直してくれませんか!!
て言うたし・・・・

しかし、こないだ、岩場で私が到着したら、もう私がトライしようとするルートをトライされて降りてきた人がいた。
ヌンチャクは、私の知り合いの方のだった。
ヌンチャクの持ち主にお借りしますと言って、私の仲間がトライし、次私がしようと思っていたが、降りてきたばかりの人が寄ってきて、私の仲間の次その人がトライさせてくれませんか?と言うてきた。はぁ?次私がトライしますが?と言うと、遠くから来てるので・・・と言う、私は大阪から来てるというと、その方は大阪より近い人だった。早く帰らないといけないので・・・と言う。何か用事があるのか??と思い、
もうええわ、私はワークするし長いし・・・と思い譲った。
私がトライした後、またやってきて、以外と早く終わったからと言ってまた登っていた。用事あるんちゃうんかい??早く帰ると言いながら、私らと変わらん時間に帰った。
よっぽど、あの時、そんなん関係ないわ順番は順番ですわ!!て言うたらよかったわ・・・鬼なんかハイシーズン、仲間が私のヌンチャク掛けてからハイカラにビレーして帰ってきて、まだ1トライもしてないのに11人待ちやで~と言われたのに・・・・・
まぁアンフェアでも我慢してストレス溜めて人は生きていくんやね 私は、きっといつかぼこぼこにしばかれて三面記事に載るかもな~w
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-09-12 22:59 | 雑記 | Comments(6)

昼下がりから終了まで ロックオン

土曜の昼下がりのロックオン
11D、1回目は11Aまでいけず、2回目は35手、3回目は40手までいける。後、5手で11BC。
声だして40手のポッケをとる。し~ん・・・・ 初心者の人らは退いていた・・・

暇なので、奥壁、ひたすらボルダー課題作りに打ち込むA田君に話かける。
相変わらずクールな返答のA田君。

手の皮剥けそうやわ~
僕は、ボルダーやから手の先がひりひりする

暇なので、頻繁にA田君に話かける。気がつけば、2人しかおらん・・・・

後半奥壁、10Dやって、140度の最後の核心、ヒールフックのコツをA田君に教えてもらう。

A田君新作12ピンク銀、最後の1手で落ちる。この12みんな嵌ってるで~これは悪いねん、悪いで!!

更衣室で、A田君が、あれ、既に登れてるんです。最後にやってみたら、落ちた。そりゃそうかA田先生やもんな・・・・

日曜は、会社の慰安会。慰安会と言っても、私らが慰安されるのではなく、ビルメンテナンスの従業員さんたち250名をホテルに招待して、宴会。私たち本社側が、ホスト役。
来年でうちの会社75周年。ビルメンテナンスの創業の老舗だ。
私の上司の女性主任は25年勤続、あと30年と、永続勤続者が表彰されていた。
会社を転職し続けてきた私にとっては、ただ凄いとしか思えない。
ちょうど私の歳くらいから、うちの会社に来て今まで働いている。どうやら、うちの会社は定年はないらしい。

昨日、ロックオンの年輩の常連さんが、家にも小さいけれど壁を作るということを聞いた。
H田君が、ホールド変えたり、課題も教えるらしい。まだまだ向上しようとされている。あるグレードを登るということを大きな目標とされているらしい。

私のクライミングの目標は?と考えたら・・・・取り敢えず目の前のジムの課題、岩でトライする課題を1手ずつ伸ばしていくことだ。大きな目標は?と問われたら・・・年輩のロックオンの常連さんの年齢まで、登り続けることだ。
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-09-10 23:34 | 室内壁 | Comments(0)