ブログトップ

My Foolish Heart

<   2015年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

名張 香落渓 サニーサイド

d0151699_23214147.jpg
d0151699_23215442.jpg
d0151699_2322594.jpg
d0151699_23223240.jpg
d0151699_23203417.jpg

d0151699_23205623.jpg
d0151699_23211246.jpg

d0151699_23212026.jpg

d0151699_23272533.jpg

 今日は名張初のサニーサイドエリアに行ってきました。また今週も第一岩壁への渡渉は不可能か?と思いましたが、今日はイケました。しかし、私は腰下まで濡れて、下着の替えはもって行ってなかったけど、暑いのですぐ乾きました。サニーサイドは、日影のエリアで涼しかったです。お昼寝するにはええ感じですが、自然が深く、トイレに行った人は、マムシいてた!!とか私は、亀を見たし、カナヘビの子供か?トカゲかわからんでも尻尾が青いからトカゲも見ました。
 簡単なルートは2ルートしかなく10Aを私は3回トライしました。屏風岩と違って、フェースに少し足乗る箇所もありレイバックも効き誤魔化せる箇所もあり、いけるか!!と思ったけど、上部のフィストの箇所は足が決まらず015.gif 常連の女性曰く、足効く狭い箇所まで足上げるしかないそう・・・・
足痛く、やっぱりクラック用の靴を買うことに・・・・TCプロという24000円するごっつい高いクラック用の靴は国際的に品薄で、レッドチリのクラック用の靴があるのでそれを買うことに・・・・クラック、悪い男にどんどん貢いでるような・・捨て金になるかも008.gif

 J部さんは、ミニゴジラ10Dに果敢にトライ!!他の10台も楽に登っていた。
H田さんは、10Aは次回リードでトライできそう!!TRなら、10台前半は楽に登られている。
S田さんは、フリーも初心者なのに、アルパイン嗜好なので、クラックもやりたいと初名張に参戦されて頑張っていた。

 このエリアええなぁ~ ズルドロ名張から乾いたクラックを初めて触った。木陰のレストの場所も少し広くて、夏の日差しが少し眩しかった。058.gif
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-07-26 23:10 | | Comments(0)

3連休の小川山 

龍の子太郎ako
d0151699_02955.jpg


カサブランカako
d0151699_0304826.jpg


龍の子太郎H田さん
d0151699_027056.jpg


d0151699_0281986.jpg


d0151699_0283099.jpg


d0151699_0285177.jpg


小川山レイバックako
d0151699_0423168.jpg


クレイジージャムA田君
d0151699_0465188.jpg


カサブランカH田さん
d0151699_0314253.jpg


d0151699_041642.jpg


 この連休は小川山へクラックルートを登りに行った。今回は、最近フリークライミングをご一緒しているH田さんの所属しているS州山岳会の山行に参加させて貰った。大勢で行くのは久しぶりだ。
 しかし初日は、台風で雨で、親指岩の小川山レイバックに行くと岩はびしょ濡れだった007.gif057.gif
鳳来や他の岩場なら、この季節これだけ濡れていたら、絶望的なので、意気消沈した。
テントでお茶して、早々に宴会。エンクラと思おう・・・と思いながらも先は長いなぁ~と思っていた。

 翌日は、快晴だった。岩も乾いて快適だった。流石に小川山003.gif058.gif
妹岩にH田さんと行く。渡渉は水量多く、シューズは完全に濡れた。
龍の子太郎5・9をH田さんリードで登り、私は、TRで行く。小川山は名張と違って、かかり良く、足も決まる、そして、クラック以外も使えるので誤魔化しが効く。私もTRで1撃。上部前の人は、抜け口苦労していたが、皺やらをカチて強引に行く。
 カサブランカ5・10A、H田さんリードで上部のフレアした箇所でテンション入る。私はTRで上部からドテンでなんとか抜ける。TRでH田さん再度トライすると難なく抜けた。今度はRPされそうだ。
 愛情物語5・8をH田さんリードして、私もTRでいき、最後私はキャメロットセットしながら、初のリード。めっちゃ緊張した。でもほとんどクラックはないけど・・・ナチプロでのリードを体験した。

 最終日は、再度、親指岩へ。小川山レイバック、TRで1撃できた。今度はリードでやってみよう。
クレイジージャム5・10B、以前、H田さんはTRで登ったことあるが、撃沈したそうで、TR張ってトライしようとするけれど、小川山レイバックを登りクレイジージャムに移ってTR張らないといけないが、レイバックが混んでいて時間的に無理やな~もう一度レイバックの私のピンクポイントでもしようか?と待っていると、東京のA田君が来ていて、TRを張ってくれた012.gif TRだとH田さんはノーテンでいけた。クラック、フリーの力はついてきているようだ。次回はリードで狙い、私もレイバックをリードでRPしたいと思う。
 
 S州山岳会のみなさんと宴会、焚火を囲み、バーベキューもした016.gif
会の安全への規制がキツそうだが、H田さんも会の方針が気に入ってられるという。私も昔を思い出した。
山岳会の入会は2度体験している。会にいる時は、世界は会の中にあった。違う世界を見たいと思い退会したのだが、今も連絡を取り合い、最初の会の先輩とクライミングや山に行くことが多い。山岳会は、私にとって家族のようなものだったと退会してから思う。何をしても、私自身を受け入れてくれる存在だった。
 S州山岳会のみなさんは、良くして下さって、有難かった。

 久しぶりの小川山は、H田さんのお蔭で清々しい環境の小川山に行けて、初クラックルートトライができ、楽しい人達と過ごせた連休だった。
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-07-21 00:13 | | Comments(4)

比良 神爾谷

d0151699_190195.jpg
d0151699_1901649.jpg
d0151699_1902735.jpg
d0151699_190464.jpg
d0151699_1911039.jpg
d0151699_1912865.jpg
d0151699_1914457.jpg
d0151699_1915620.jpg
d0151699_1921090.jpg


 今日は、沢登の達人のけんじり君に比良の神爾谷に連れて行って貰いました。
始発で比良へだったのですが、新幹線の自由席の切符の買い方に手間どい、聞いて行ったホームに電車なく、違うホームの電車に移動、自由席まで歩いて、やっと席に着くと、発車時間遅く、京都発の湖西線に間に合わなく30分遅刻。メールで遅刻伝えたけど、ナカナカ返信ないなぁ~と思ったら、けんじり君は、バイクで来ていた。
めっちゃ怒ってるし・・・・・・008.gif 大きなバイクの後ろに乗って、けんじり君は膝に大きなザックを乗せて、私も荷物背負い、後ろから膝のザックをちょい抱え、けんじり君に片手で必死に捕まって、取り付きまで・・・めっちゃワイルドやな・・・・・
 神爾谷は、7つの滝が出てくる。最初の滝まで汗だくになりながら、着くと。いきなり、15メートルの垂直の滝が出てくる。横に腐ったリングボルトやハーケンが打ってあった。眺めてから、巻くことに!!
 他の壁も水量多く、巻く!!ロープ出さんでいけるやろ!!僕の登り見といて!!とちょっとした壁を登る。岩脆くてなんとかいける。爆流の登りの箇所は、必死で行くけど、手がええとこないとそのまま流されそうで、行きつ戻りつ踏ん切りつかずいると、けんじり君が戻って来て、左右の壁に足掛けて、足に捕まり!!と足ホールドにして貰って行く008.gif
 4番目のねじれ二段の20メートルの滝は迫力あった。アッセンダーをけんじり君が忘れた為(私の為用)、私がフォローできないだろうということで、滝登りは見送った。最後の滝は、行こうと動画もセットしたが、どう見ても悪く、4級くらいあるで!!と私が言う。行き方をあーでもないこーでもないと説明受けて、やっぱり、今回は見送ることにした。アッセンダー持参で水量もうちょい少なかったら、最初の滝以外は登るつもりだったらしい005.gif

 勝手がわかったし、今度はアッセンダー学習してくるので、どの滝かを登りに行こうと思う。
沢登りは、昔何度かしか行ったことない。滝は登ったことないし・・・でも怪我して、上手く歩けず、飛び石できるかな?と思ったけど、この沢みたいに滝までの登りは短く、私でも行けた。

 けんじり君、岩もクラックのボルダー2段を登っているけど、一番好きなのは沢登りだという。次々と超える滝や高巻が出てきて、冒険要素があるからだろうか。私は一番怖いのは沢登りだ。昔、奥鐘の帰りに沢が増水していて、流されたことがある。先輩が飛び込んでくれて助けてくれて、中洲でビバークした。乾いた岩を登っていると、濡れた岩は特に怖い。どうやって登るのか?沢登り、滝登りが一番、不思議でしかたなく敬服する。帰りは、またバイクに乗り下り。琵琶湖が美しく、綺麗016.gifと思いながらも、ジェットコースターに乗ったように恐怖心を抑えて、しがみつきながら駅へ到着。
可能性が一杯ある青年と過ごすと、私も未来に夢を見そうになる。沢と滝の水しぶきに打たれた今日は、夢のような一日だった。今度は遅刻せずに行けると思う。スピッツ 渚♪ 
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-07-12 21:18 | | Comments(0)

梅雨の名張 香落渓 屏風岩

マシュマロマン10AをリードするJ部さん
d0151699_2242186.jpg


成果を上げてるK君
d0151699_2243071.jpg


d0151699_2244516.jpg


d0151699_225487.jpg


d0151699_225201.jpg


今週も名張、第一岩壁、今週も渡渉は不可能、屏風岩へ。
今週は雨は降ってなかったが、連日の雨と気温が高くて、岩はズルズル。
J部さんがリードでマシュマロマン10Aを行き、TRを張ってくれた。状態悪いので、しんどそう・・・
H田さんは、屏風岩初体験。1便目は、ズルズルとフィストからの箇所に悶絶していたが、2便目は、なんとかトップアウトできた。
 私は、フィストから全然できず、右足だけが決まらない。段差になった壁のせいか?と思い込んでいた。
右の10B、出だしからズルズルでジャミングに移るのに躊躇するけど、やっぱりこちらの方が、ハンドなので、シンハンドまではいけた012.gif 左手を順手にしてなくて、逆手にしてたから左足が決まらなかったよう。手足のジャムが決まったら、快感だ。クラックやってる気になってくる。
J部さんになるべく順手でジャムするように言われる。やっていけば、ジャム筋が鍛えられて、登れるようになるそうだ。

 名張、渡渉にズルズル、相場も悪く、汗だく、泥だらけ・・・・・
来週は小川山、H田さんと小川山行ったら、快適でサクサク登れるんちゃうん!!と二人で妄想する037.gif
 
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-07-11 21:53 | | Comments(0)

名張 香落渓 屏風岩

d0151699_2124055.jpg

第一岩壁の渡渉は敗退

d0151699_2112984.jpg

きたやまにあさんも名張に!!

d0151699_2141729.jpg

私のトライルートをリードするK美さん かっこいい!!

d0151699_2114692.jpg


泥んこになったクライミング道具全部洗濯(^^; 父親が干してくれたロープ
d0151699_2125049.jpg

 今日は初、名張、兵庫県在中のJ部さん私の大阪南の最寄り駅まで来て下さった016.gif
渡渉があるので、昔の渓流足袋を出してきて、濡れる体で全部着替え持参で行く。梅雨で雨が続き、今日も雲予報で微妙・・・と言いながら名張へGo~!!
 案の定、第一岩壁は、渡渉不可能で、飛び石もみるが、濁流。普通なら渡渉なしの飛び石の屏風岩に行こうとすると、地元のHさんが、案内してくれて、渡渉しながら行く。途中J部さんが、流されないよう、私を引っ張って下さった。アプローチは5分くらいやけど、雨でぬかるんでる。誰も来てないやろ!!と思ったら続々とナバラーが来る来る。他のエリア渡渉不可能なので、ここに集中したのか?20人くらいいた。
 屏風岩は、11が揃う、高グレードのエリアで私が登るんあるんかい?と思ってたら、K美さんがTRを張って下さった。akoちゃん12C何本も登ってるからいけるやろ!!と言われる。008.gif026.gif007.gif
 左の10A、J部さんは以前OSしていて、サクサク行く。私のトライ、抜けられへんかったら、カム入れてAOで行けばいいと、ギア一杯もって行った。濡れてて下部はハンド、途中からフィストと足が決まらず、降りてくる。
 ハンドが続く、横の10Bの方が私にあってるかも?と言われて、10Bをトライ。下部はハンドでちょっといけるが、途中フィストとシンハンドの箇所で撃沈。右足が痛くなってくる・・・
 雨が強くなり、みんな退散。下りもぬかるみん・・・渡渉はなんとか・・・・
 J部さんにいろいろアドバイス頂いた。ジムのクラックルートでコツ掴んだから、ちょっといけるんか?と思ったけど、全然あかん・・・しかしJ部さんはこれからも続けていく方向で教えて下さった。車の中で、鳳来、備中、スポートで同じフィールドで登る私たちの話やクライミングの面白さについて話す。二人ともレットポインターできないことができるようになること、それが、面白いと、同意した。やっぱりクライミングが面白いし、クライミングしかない、と語り合う。クライミングを辞めて行った人怪我がきっかけでクライミングから離れようとしている人、怪我から今も尚、しつこく続けている私、この先またどうなっても登っていくだろう。と二人で話した。
 来週も、また渡渉不可能なら、屏風岩か?どこのエリアでもアップルートは同じくらいのムズさらしい。
何十回もやれば、私でも何とかなるのだろうか・・・・と思う。
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-07-04 19:59 | | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31