<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

黒部横断沢登り

 友達のけんじり君が快挙の記録の継続登攀を成し遂げた。若さと実力と沢と山に対する情熱、かっこいいね!私も頑張ろうと思った。
 FB履歴なくて、夏休みでもないし1週間経った頃、遭難してるかも??て知り合いに聞いたら、研修中だと思うとのことだったけど、やっぱり山に行ってた。記録的なビッグルートらしい。進級は…emoticon-0114-dull.gif まだまだ飼い犬になれないようだ。私は山を登る人が憧れでしょうがない。

d0151699_224266.jpg


d0151699_2244273.jpg


けんじり君のFBから~
黒部横断沢登り。

黒部川十字峡に流れ込む二つの名谷。棒小屋沢と剣沢。
剱岳を挟んで剣沢大滝と双璧をなす池ノ谷ゴルジュ。

この三本の名谷を一気にまとめて溯下降するという、
沢登りの本流、かつ誰もやっていない課題に挑戦した話。

赤岩尾根→棒小屋沢ゴルジュ→十字峡→剣沢大滝→長次郎谷→池ノ谷ゴルジュ

6日目に剣沢大滝を突破して核心は越えたかと思ったが、
7日目に雨のち雪であらゆる装備が凍りつき、
8日目は凍った沢足袋でカリカリに凍った池ノ谷ガリーを13ピッチ懸垂し、
9日目は一面に霜が降り、水たまりが凍りつき、つららとベルグラの池ノ谷。もともと異常に多い残雪に低すぎる気温と水温。一気に冬が押し寄せてきた。

10日目ラジオでは南よりの風が吹きフェーン現象で富山は最高気温25度の夏日、翌日からは当分雨予報。池ノ谷ゴルジュをやるならこの日しかないという千載一遇のチャンス。
5秒以上泳ぐと身の危険を感じる殺人的な水温。一瞬にしてなくなる手足の感覚。風がぬるいのだけが、生きる希望。終いにはアイゼンバンドや、切ったロープを懸垂支点にして池ノ谷を下降した。一本のロープは芯が見え、もう一本は長さが半分になった。

安全圏の白萩川出合に着いたとき、やり遂げた。生きて帰った。と目頭が熱くなった。
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-10-28 22:10 | 雑記 | Comments(0)

一喜一憂のシーズン 鳳来 鬼岩

d0151699_21492469.jpg


d0151699_21364868.jpg


d0151699_2137319.jpg


コエンマにトライするN田君
d0151699_21373611.jpg


d0151699_21374643.jpg


メタフォースをRPしたフジシン
d0151699_21383686.jpg


メタフォースにトライするM本君
d0151699_2139202.jpg


猫しゃくをRPしたT月君
d0151699_21393123.jpg


d0151699_21582497.jpg


 土曜は岩の状態イマイチで私もsportabaさんも後退し、sportabaさん「ガンジャ、実力不足なんやろな・・・ガンジャ封印しよかな」と言う。何今更言うてんねん!!
 日曜は岩の状態最高で、フジシンがメタフォース14CをRP、N田君は先週メタフォース14CをRPして、今週はムードラ14Cを登られた。クライミング界のエリート集団と一緒にトライしているハイカラでは、プレッシャー掛かるらしく、精神的にも大変なようだ。
 日曜は、sportabaさんアンダー保持してフォール。私の猫しゃくは、5ピン目クリップして次のデッドでフォール。目標の6ピン目まではいけなかったが、トラバースの足位置、核心キョンまでの足位置を確定させる。2便目は皮ベロンチョになり、左手中指のテーピングを人差し指に巻きなおしたが、流血ひどく降りてくる。人差し指もテーピングせなあかん・・・emoticon-0107-sweating.gif 目標地点までいかずとも、新たに得たことがあるので、良し!!として、来週も頑張ろう。
  sportabaさん、日曜は少し高度が上がったので、今シーズンはガンジャに喰らいついてトライするようだ。実力はある。実力なかったら、アンダーまではいけない。只、限界グレード実力を押し上げていかなければRPはできない。押し上げる・・・・その努力は人其々だと思う。Push the limit!!
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-10-26 20:05 | | Comments(0)

大賑わいの  鳳来 鬼岩



d0151699_0491027.jpg


d0151699_0403725.jpg


d0151699_0384590.jpg

 
d0151699_0391640.jpg


d0151699_0392991.jpg


d0151699_0411228.jpg


d0151699_041199.jpg


今週は土曜雨予報で天気は好転した。土曜は空いていた。この時期、空いている鬼は・・・明日は混みそう・・・emoticon-0114-dull.gif 予測通り日曜は激混みだった。
 私の猫しゃく12C、5ピン目のハング乗り越しのハイステップが独自ムーブで繋がらずにいたので、ムーブみんなと一緒に変えたらいけたemoticon-0105-wink.gif なんやったんか・・・いつもの届かん!!の思い込みの独自ムーブで嵌る。土曜はこのムーブであぁでもないこうでもないとやりながら、上部も少しやる。
 日曜は、土曜確定させたムーブで5ピン目までノーテンその後のデッドもいけてクロスするところでフォール。来週は6ピン目掛けて、核心の出だしまでいくのを目標にする。
 sportabaさんは、土曜ガンジャ13D、イマイチで2便目出す前に、悪寒がすると言い、トライやめる。熱はないし、食欲もある。それ、ただのガンジャ嫌々病ちゃうん!! という。翌日は、ぐっすり眠れたみたいで疲れもとれたようで、ガンジャトライ、1便目でアンダー両手保持してフォール。またモチ上がってよかった。久しぶりに落ちてくそーーーーっ!!という言葉を聞いた。
 土曜の晩から合流して、日曜は、I川さんとご一緒した。沢登りの達人、登山、テレマークのインストラクターといつも画期的な記録を出されている。フリーは岩のクラックとジムトレしかされてないので、スポートの被りの岩は初めて。
夜の宴会では、初級、中級の沢のお勧めルートを聴きまくる。アプローチ1時間ありますけど・・・と聞くと、アプローチ12時間とかもあるので大丈夫です。とのことemoticon-0104-surprised.gif アプローチsportabaさん、沢を指差しこっちから上がって貰ってもいいですけどwと言いつつ速めに歩くが、途中で、膝悪くて速くは歩けませんwと言って普通のペースで歩く。
 I川さん、あんこをOSされ、11をすると言われるが、私たちがファースト12Aを勧めて、トライされた。最後の核心ムーブあれこれやってみるが、独自ムーブで次回はいけそうだ。
 秋は名張の宿題やら、冬はまた登攀の記録を出すべく企画をいろいろ伺う。冬はお忙しそうだ。名張の宿題を終わらせて、また鳳来へいらっしゃって下さいemoticon-0100-smile.gif
 沢に行くと動物しか出会わない時がある。美しい沢や迫力のある滝、奥深い自然を自分たちが独占してるような優越感に浸れる。何が出てくるかわからない面白さと、冒険心とは真逆の人でごったがえした岩場に打ち込みながら悶絶している私の通う岩場。しかし、順番を入れながらもトライするルートはそれだけの価値もある。RPするのにはそれなりの力量もいる。また来週もアプローチの脇の沢を観ながら、今日はあの1手を取ろうと、歩くのだろうと思った。
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-10-19 00:13 | | Comments(0)

自分を超えるクライミング 鳳来 鬼岩

女郎岩
d0151699_21302320.jpg


d0151699_213234.jpg


d0151699_21305824.jpg


d0151699_2131455.jpg


四国からいらっしゃったT添さん ガンジャすぐ登れそう!!
d0151699_21313190.jpg


d0151699_21315698.jpg


 3連休、土曜は仕事で日、月曜日で鳳来。日曜は夜半から結構な雨で、女郎岩のトポを頂きに、開拓者のN瀬さんの自宅へ伺った。キャンプ場から観える、スケールの大きな岩壁。以前に、辺境クライマーを鳳来に誘ったら、女郎岩なら行くと言われた。女郎岩??聞いたことないわ・・・・・先輩に聞くと、キャンプ場の鳳来湖からボートに乗ってしか行けない幻の岩と聞いた。昔からある岩場なのだが、数年前にリボルトして再開拓されたN瀬さんに連絡をとった。ご自宅にお邪魔して、トポを観て解説を受ける。アプローチは2時間くらい、クラック主体のマルチのルートがある。女郎ゴルジュもあり、探検できそうな自然の奥深い岩壁だ。
 沢の神様と呼ばれているN瀬さん、最近行かれた白山のカラス谷の未登のゴルジュ遡行の動画を観せて頂き、感激した。沢は登るだけでなく、焚火を起こす技術やビバーク地点を見つけるなど、あらゆる最低限で生きる術が詰まっているという。今は、黒部のジジ谷のスラブから帰って来られて体調を崩しているという。身を削った登攀をされているのだなぁ・・・・と思った。PCのデスクトップの写真は称名の滝だった。
 気絶しそうなゴルジュの動画などを拝見し、トポを観ながら、何番買わなあかんとテン場で言っていると、知り合いの沢ヤさんから、N瀬さんに会えて羨ましい。とメッセージが来た。やっぱり沢の神様やねんな・・・・

 翌日は、現実に戻る。私の猫しゃく12Cは4ピン目のハング乗り越しまでノーテンを目指すが、あかん・・・emoticon-0114-dull.gif みんなとムーブがちがう、リーチない私は、2手多く、ハイステップの足位置もみんなより高い。ムーブがあかんのか・・・?しかし、春には1回だけノーテンでいけたし・・・ここをクリアすれば、6ピン目の核心地帯へノーテンでいけることになる。
 sportabaさんのガンジャ13Dは、核心のアンダーをとって足滑ってフォール。保持しクリップしたら、ランジしてRPが近い。
 この日は常連のG藤さんがステロイドパフォーマンス13CをRPされた。50の手習いで始めたクライミング、自分を超えるクライミングができて、嬉しいと仰っていた。
 私の猫しゃくは、自分を超えなければいけないルートなわけで・・・・節制とムーブの修正と気合マックスでシーズンを頑張ろう。来週も最高に岩の状態はいいはずだ。
 
 
 
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-10-13 21:17 | | Comments(0)

『今日は岩登りにうってつけの日』 鳳来 鬼岩





d0151699_21305846.jpg


d0151699_2131738.jpg


d0151699_21312687.jpg


今週末からネパールのカンテガ登攀に行かれるN海さん アルパインクライマーは13は簡単らしいw
d0151699_21372148.jpg


ファーストRPのH田さん
d0151699_21301344.jpg


枯れ木RPのO野さん
d0151699_21303950.jpg


 今週末は、岩の状態が頗る良く、土曜はRPの嵐だった。だが、私の猫しゃくは、核心ムーブが全然できずだった。核心のカチを思いっきりカチるので中指が流血した。しかし、日曜は、テーピンググルグル巻きにしてやったら、すぐできて、終了点まっでノーテンでいけたemoticon-0111-blush.gif次の便ではトラバースから猫パンチの核心ムーブができた。昨日は何やったんか???emoticon-0114-dull.gif

 sportabaさんは、失敗したら膝痛くなる出だしは行けた。中継カチを保持るコツを得たようだ。今更わかったんかい!!核心のアンダーを保持するとこまでノーテンで行く。RP目指して週末は挑むそうだ。

 天気が良く、気持ち良く、何をやってもいい季節。国体の秋、登山の秋、マルチピッチや未知への冒険へと沢登りに行くなどとは、無縁で、私たちは、反復練習を重ねる限界グレードへのRPを目指す。変わり映えのしない週末だが、この季節は、真摯なお祭りでもある。先週はシーズンインで全然ダメで、やっぱりあかんな・・・・と思っていたが、今週は、核心ムーブはいけてきて、来週は繋げて目標地点までいこうと思う。ちょっと精進して、今年の限界まで頑張ろう改めて思った。
 
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-10-05 21:25 | | Comments(0)

今日は沢登にうってつけの日

 
d0151699_2058549.jpg


 雑誌「ウィルダネス」に「マホラシ渓谷」を遡った宮城公博さんの記録が載っている。また開高健ノンフィクション賞の最終選考に残った宮城さんの作品の選考が雑誌「kotoba」に載っているので、購読してみた。マホラシ渓谷の記録は、壮絶な遡行を宮城氏の文章力で惹きこまれるように読んだ。今日は私のジムトレの日で2冊の雑誌を購入してからジムに持参した。仲間の先輩が、「kotoba」の選考員の選評、「なぜそんな危ないことにチャレンジするのか、その根っこにあるモティーフが伝わらないもどかしさが残った」という批評に「そんなん、永遠のテーマやろ!!簡単に伝えれるわけないやんな そこに沢があるからやろ!!」と嘗て自分も初滑降の記録を出していた昔を思い出してか感想を述べていた。「ウィルダネス」を観て、この雑誌めっちゃええやん、買おかな!(貸してくれ!)を連発していた。
 選考員は、才能がある。刊行することで、次の段階に行って欲しい。とある。高い登攀をもって未踏の地へ挑むなら、それは冒険へと昇華する。その行為を表現できる文才があるなら、万人へ感動を与えることができる。私は早く『今日は沢登りにうってつけの日』が読みたい。
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-10-05 20:58 | 雑記 | Comments(0)