ブログトップ

My Foolish Heart

<   2015年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

シーズンラスト 鳳来 鬼岩

d0151699_22233336.jpg


d0151699_22275397.jpg


d0151699_2224431.jpg


d0151699_2225025.jpg


d0151699_22251024.jpg


 この苦しみも口惜しさも、あの悲しみも報われる時がくる・・・・
 今週末は一気に気温が下がり初冬の鳳来だった。私の猫しゃく12Cは5ピン目の穴ホールドからのデッドの足位置を先週決めたが、岩冷たくカジパンでデッド決まらず・・・・008.gif 今シーズンの目標は核心手前の6ピン目までノーテンで核心出だしのカチ保持までだったが、それがいけたのは1回だけだった。
 猫しゃくは鬼石の最強の12Cと言われている。3年計画でRPを目指す。1年目はムーブ作り、2年目は繋げていく、3年目はRP体勢。去年は猫パンチの核心ムーブを男ムーブでは届かず、女ムーブを作りできるのに、終始した。今年は繋げていく2年目。6ピン目猫パンチの体勢に入るまでが、猫しゃくの始まりである。私は始まりにも至っていないことになる。
 sportabaさんは、ガンジャ13D、ランジまで行った。核心はその前のアンダーそしてクリップなのでランジが成功したらほぼRPになる。核心は終わっているが、そこに至ったのは2週間前の平日。結局、先週はシケシケで状態悪く、今週は冬になって、ランジ取りまでいけず、しかし、アンダー保持までは確実にいけるようになった。
 sportabaさん2年前からガンジャをやり始め、途中膝が悪くなり、トライ断念、そして、モチダウンでクライミング自体辞めるほどになったのが、今年の春、夏の終わりに私がクラックに誘いクラックに目覚めて、なんとかモチを持ち直し、鳳来にも通うことになった。ランジ取りまでいけてゴールは目の前になったが、今シーズンは見送ることになった。sportabaさんは今シーズンで鳳来は辞めると言う。
 
 鳳来、鬼岩は私がクライミングを続けることになった岩場だ。1級の岩場だとその魅力に取りつかれ、11を登り、高グレードも登り、アプローチで怪我をし、復帰をした。いろんな出会いもあり別れもあり、栄光も苦しみも全てがここにあったような気がする。怪我をして鬼岩に行けなくなり、3年後復帰できた時は、鬼岩に行けるだけで丸儲けという喜びがあった。しかし、あれから3年、謙虚な気持ちは遠のき二人とも目の前の課題に向かうことに躍起になっている。成果を上げること以外に遠征とアプローチ、駐車場合戦、込み合う岩場。あらゆるストレスに苛まれていた。
 sportabaさんは実力がないというが、RPできなかったのは、いろんな要因がある。膝が悪いのもその一つだが、ランジ体勢に入りそこからの岩の状態などの外的な原因もある。実力がないのなら、それを補う為に努力をすればいい。節制、体つくり、レスト、岩の状態がいい時に行けるような仕事などの休暇など・・・・
しかし、そう簡単には社会人はやってられないのが事実。
 私の場合は、いい感じになってきた時に指の筋と肩などが悪くなり、モチダウンで努力を怠った。
鳳来通いを辞めなければならないのは、遥か彼方にあるゴールの私の方である。
 
 鳳来になぜ通うのか?と聞いて、sportabaさんは14を登りたいから、答えた。ガンジャの終了点から12Aくらいをこなせばエゴマニ14AのRPとなる。私の場合は、グレードではなく猫しゃくを登りたいからだ。鬼岩に行ってまず目にする川原エリア、多彩なムーブ、クライミングのあらゆるムーブが詰まっている。デッド、ポケット、クロスムーブ、ヒールトゥフック、キョン、ハイステップ・・・・・
 それと、自己満足でもあり自己実現でもある。ある冒険家が語っていた。解かりやすく達成により得られるもの、男子なら女子にもてたい、スポンサーがつきお金が儲かる、あらゆる名声が得られる。私たちにはそんな類のものは手に入らないが、自信、名声、そして何よりクライマーであることの最高の喜びが得られる。
取りあえず、ひとまずお疲れ様。備中、羽山でこれも大きな目標のルートが待っている。
そして、春、秋より状態がいい時期が長い。春に鬼岩に行けば必ずガンジャのRPができることは、紛れもなく間違いない。自己実現ができるのは、来春なのである。
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-11-30 01:03 | | Comments(2)

連休 シケシケ 鳳来 鬼岩



d0151699_0364897.jpg


d0151699_037048.jpg


d0151699_0371435.jpg


d0151699_0375430.jpg


d0151699_038478.jpg


d0151699_0382362.jpg


d0151699_0383266.jpg


 3連休は土曜仕事で日月で鳳来。金曜雨だったようで日曜はシケシケ、気温も高い。この時期アプローチで汗かくし、寒くないのはおかしい。私の猫しゃく12Cは5ピン目穴ホールドクリップまでは確実にいけるようになったが、その後のデッドが確率悪く、足位置を変えてトライするもダメで、また足位置戻して、左足切っていたのを決めて蹴りだしたらいけるようになった。結局、ムーブが決まってなかった008.gif 土曜は凄い人で6時10分で満車。ウルフ、バーニス、パンダのルートが重なるラインは、二ケタの順番待ちで、何とか2回順番回ってくるくらいで、ガンジャラインに変更した人もいたが、ガンジャも10人近くいた015.gif
 sportabaさんは、RP狙いだが、岩はシケシケで核心ピンチホールドは滑っていて、グダグダ・・・に戻る。

 2日目、この日は雨予報で昨日と打って変わって空いていた。右上する猫しゃく、右手保持が多く、右半身指から肩まで悪くなっている体バキバキ、ヨレヨレだが、岩の状態は良く、手出したら止まるので声出しながら、ワーク042.gif ハイカラはイマイチでsportabaさんも何とか核心前までノーテンでその後、テンテンでエゴマニを回収。
 ツヨツヨの女の子のクライマーが家族で来られていた。猫しゃくの川原エリアで休憩されていて、私がトライしている時、兄妹がちょっと騒いでいたら、真剣に登ってる人がいる時は、静かにしなさい!!と母親が注意されていた。ちゃんとされてるな~とsportabaさんから聞いて、二人で感心した。
 
 来週は今シーズン最終回。気温は低くなるようだが・・・sportabaさんはRP目指し、私は今シーズンの目標核心手前までのノーテンと核心出だしのカチ保持まで頑張ります!!

 
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-11-23 23:54 | | Comments(0)

冒険塾

d0151699_22363592.jpg


d0151699_2159148.jpg


 モンベル本社で行われた冒険塾の講演に行ってきた。内容は、とても深かった。
 モンベル創業者の辰野勇氏の山を始めるきっかけから創業に至るまでの経歴。アイガー北壁の日本人初登頂、黒部川のカヌー初滑降。話は解かりやすく面白く、人はなぜ冒険をするのか?
仲間の死から、生きることは死を意識することだと。著書の『モンベル7つの決断』を読みたいと思った。

 関野吉晴氏の「グレードジャーニー」地球を歩いてあらゆる人種に会った、民俗学。

 伊勢崎賢治氏の「平和はつくれるのか」国連PKOに参加し、内戦終結のためにシエラレオネへ。9.11タリバン政権崩壊後、内戦化したアフガニスタンで武装解除に成功した話。革命について語られる。
 
 そして、宮城公博氏の「海外遡行、ゴルジュとジャングル」 PCのデータが上手く繋がらず、冒険論に重きを置いて語られた。黒部の称名の廊下の遡行がどれだけ、難しく冒険としての価値があるかを説明されて、解かりやすかった。本物の冒険家とそうでない人、初登の重要性と敬意など。クライミングを長くやってきた者にはスタイルや内容、価値あることは・・・?と己の登攀について改めて認識させられる。
 冒険、命がけのリスクを負っても挑む行為、それは博打ではない。辰野氏は語る51%の可能性と49%のリスク。人間社会の未来を切り開く行為なのだと。

 この冒険論を拝聴して、みんなは何を思うのか・・・・自分に問いかけざるを得ない。私は、昔登山をやっていた。運動能力がないまま小説の主人公に憧れ、山岳会に入った。即、激しいアルパイや継続登攀に連れて行ってもらったが、凍傷などで山はやめた。フリークライミングに転向して、アプローチで骨折、再骨折とまだ足に髄内釘が入っていて、ハードには歩けない。百万回トライで12Cを登り、今も限界のルートに挑戦している。ある沢ヤの青年と親しくなり、沢登りやトラッドクライミングも今年始めた。沢登は危険だと思い怪我してから最も避けてきたが、やってみたら凄く楽しかった。沢登は登山のあらゆる要素が詰まっている。自然の奥深い美しさの中で、誰にも会わず、下山では迷い、ヒルまみれになりながらも帰れた時は充実感があった。私は昔感じていた山を登る人への憧れを思い出した。クラックはできないことができていく喜びを感じた。
 自分のクライミングを見つめ直す、それはある程度、スポートというフリークライミングに没頭して頭打ちになっているからと、自分の年齢も考える。冒険とは真逆、何ら価値のない自分のクライミング。しかし、誰でもできる私が登ってきた12Cの完登だが、凡人が完登するには、それなりの苦労がある。それはやった者にはわかるはずだ。仲間は、センスのあるクライマーだが、13Dになり、膝も損傷し相当神経もすり減らしいる。これは価値があることなのか??と一喜一憂しながらも自分のスポートでの限界グレードにトライしている。ストレスを抱えながら、シーズンに通う岩場には、私ににとって、唯一、自己実現できるルートがそこにあるからだと思う。この先どうするのか?決して若くはない自分に問いかける。私の課題が登れたら、どうするん?とよく聞かれる。完登はかなり難しい・・・10才若かったら、わらじの会に入会してるか?w
 今日は女性クライマーと会って、来年は女性だけで沢登に行こうという話になった。

 辰野氏は、夢は思い続けていなければいけないと。チャンスは必ずやってくる、その時思い続けてなければ掴めない。失敗したらそれは不都合でしかない。夢を叶えるプロセスが人生では大事だと・・・・
 冒険家たちに出会えた今年、楽しくもあり、クライミングについて考えることも多かった。未知への挑戦をこれからもしていくのだと、自分の未来を励ました。
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-11-14 19:03 | 雑記 | Comments(0)

リーチかかった!! 鳳来 鬼岩

d0151699_23153358.jpg


d0151699_23154273.jpg


d0151699_23155291.jpg


メイン裏、マンモス君の横にある12CをRPされるI田さん 仕事が速い!!ルート名がわかりません(^^;)
d0151699_2316363.jpg


 日曜、鳳来。sportabaさんはガンジャ13Dがランジまでノーテンになり、RPまでリーチかかった001.gif001.gif ガンジャトライの重圧から幾分逃れて精神的に楽になったかのよう・・・・何とか私の猫しゃく12Cは核心までの6ピン目までノーテンになり、核心出だしまでいった。が、しかし、薬指、小指の筋がパキリかけ・・・015.gif

 文化の日の祭日火曜も鳳来へ。中一日というか翌日の夜からまた愛知県へ。もうどっちが仕事かわかりません002.gif 

 前日が雨で中一日では疲労がとれるはずはない。sportabaさんランジ前のアンダーとりにいくところでフォール。私は、筋痛めてて、1便目岩冷たく全然あかんで、2週間くらいレストしよか??と思う。今週末、鬼岩で冬に行きたいクラックエリアはアッセンダーで登らなければならないので、その練習しよか?とかキノコ狩りにハイキングにでも行こうか・・・・とか
 
 2便目は岩の状態良く、6ピン目までノーテンでいけて、核心ムーブもテンションかけたらいけた。最後のギャスリムーブは肩痛くてやめた。
 今週末も土日で取りあえず行くことにした。明日は、肩にヒアルロン酸打ちに行こう。行きも帰りも車の中でアイシング、K原さんに教えて貰った手首のストレッチをする。
 今月末まで、頑張ろう。 
  
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-11-03 22:44 | | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30