<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

和田城志著『剣沢幻思視行~山恋の記』

d0151699_2291294.jpg
 

 人生を導くことになる憧れ、拘り続け探究しようとするものが人には多少なりともあると思う。それが命がけで取り組まないとならないものであるのが、アルピニストなのである。
 本書は、著者を魅了し続けた剣沢大滝登山史として読むことができる。1962年鵬翔山岳会により途中登られ、京大山岳部が大滝完登となったが、剣沢を遡行したわけでなく、著者が1976年に十字峡より分水嶺の別山乗越まで初遡行する。そして1970年にはついに積雪期の剣沢大滝を登る。その後、ヒマラヤに目標を置き、ランタン・リルン、カンチェンジュンガ縦走、マッシャーブルムとブロード・ピーク、ナンガ・パルバットへの3度の挑戦。
ナンガ・パルバットの困難さを説明している。「黒部もナンガ・パルバットも登山の恐怖(もしくは魅力?)を雪崩に代表させているということだ。・・・・どの面から登っても、雪崩のリスクが非常に大きいものばかりだ。」 
 また本書は探検とは何か、アルピニズムとは何か、を多くの体験を通して、克明に語られている。
「かつて、社会人山岳会の過激なクライマーたちが言ったように、「冬の屏風岩を登れないような奴にヒマラヤはおこがましい」はまったく正しい意見だ。しかし当時の私は、そういう登山界の流れを理解しつつも、その歴然とした力量の差の前に、未踏峰の値札ばかりが色褪せてぶら下がっている山々を物色していた。」未踏峰のみに登山の価値があると思っていた当時のことを悔やみ、「一度ナンガ・パルバットで足慣らしをして、崑崙の未踏峰をソロクライムするような登り方がスマートだ。」と真のパイオニアワークについて述べている。
 私が面白いと思ったのは、クライマーと沢屋との違いについて著者が説明していることだった。
「幻の大滝は未だ完全な姿を見せていない、と考える人々がいる。沢屋だ。登山道や岩壁の既成ルートは、できてしまえば変化な少ないし、後続する登山者には初登攀者と同じ感動はありえない。沢登りは違うと考えた。沢は流転する水の流れに、ひとときもとどまらず、常に同じものはない。山頂が盤石な岩の造形であるなら、渓谷は変幻自在な動態そのものである。・・・・・・沢屋は未知を、クライマーは困難を重視しながら対象を分析する。沢屋は動態の中に未知が内在すると考え、クライマーは造形の中に無限の困難が創作できると考える。」とあり、大滝を目指す者の心の奥の気持ちを考察している。
 その後、事故により膝に障害を抱える身になりながらも、黒部別山トサカ尾根より八ツ峰Ⅴ峰菱ノ稜を登り、登山を退くまで果敢に剱岳に拘った。
 「激しいアルピニズム渇望は静かに山旅放浪に変わりつつあるのかもしれない。しかし、これも新たな思い出作りの始まりだと言える。思い出に酔う時間はもう少ないけれど、出会い、恋し愛して、狂う世界が、どこかで私を待っているような気がしている。」
 ガストン・レビュファの「ぼくは思い出より憧れが好きだ」のごとく、著者はいつまでも情熱の人なのだと思う。
読み終えて、感動を覚えるのは、アルピニズムの奥深い内容と共に、山は私の人生そのものだ、と語る想いが胸に響いてくるからだ。私は気が付けば山に始まり、クライミング擬きをしてもう長い年月が経とうとしている。著者のようにいつまでも情熱の絶えない人でいたいと思った。

 
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-12-30 12:11 | 雑記 | Comments(0)

備中 羽山

d0151699_0494936.jpg


d0151699_050753.jpg


d0151699_0502791.jpg


d0151699_0503889.jpg


空知14D K西君 フェース、ハング、ボルダー多彩なムーブの高グレード カッコイイ!!後1手です。ガンバ!!
d0151699_0504627.jpg


羽山で知り合ったK門君 K門君から貰ったスコッチ、門前RPしてから飲むって田場さんまだ飲んでません。私はワイン即行飲みました。
d0151699_151211.jpg


 鳳来のアプローチで骨折、1年後、ボルト抜いた直後に再骨折、半年の絶対免荷後のリハビリクライミングでの羽山はもう5年前になる。アプローチなくTRができる場所、パートナーの高グレード完登も目論んだ。しかし、1シーズン通ったが私のはつじょうき12Aの核心ムーブはできず、sportabaさんの門前払13Bの完登はできなかった。はつじょうきの核心ムーブが遠すぎたのか、私たちがへぼかったのか・・・・しかし、当時歩けないままの私、悲惨な状況だったが、それほど、辛くはなかった。それは、クライミングパートナーに恵まれてたこと、直向きにルートにトライする仲間がいたことだった。
 あれからいろいろあったが、sportabaさんは、再び門前払をやりたいとのことで真冬になる前に行くことになった。状態がいい時が少ない秋は雨が多く、1、2月からは極寒、3月からは染み出し、真夏はフライパンいい状態は12月であるが・・・・今日は染み出しでびちょびちょだったemoticon-0114-dull.gif
 常連さんはトレーニングにはなるとのことだった。私のはつじょうきは、出だし、デッドからできず、最初はどないやねん??と思ったが、2便目はテンテンで核心前のピンまでいけた。男ムーブはできないのは熟知だったので、女ムーブのハイステップで飛ぶことにするが・・・・まぁすぐにできるはずはないemoticon-0107-sweating.gif順番待ちもありすぐ降りる。
 sportabaさんは人生で初めて、ルートメモを私の指定で書いた当時のメモを予習してきて挑む。思い出し登りだが、テンションかけたら核心ムーブはできるようだった。クールダウンではつじょうきをやるが、男ムーブも得意のハイステップの女ムーブも右膝悪くできん・・・・と言って降りてくる。凄龍門できんやんかemoticon-0125-mmm.gifまぁ疲れてるのもあるから・・・・
 当時リハビリでTRだった、歩くのもできず、門前のビレーの2階にあがるのもフィックス張って貰い、フォローで登り降りした。今日は二人ともアップダウンも楽に感じた。岩は逃げない、人生は何度も再トライできる。そう感じた週末だった。
Crystal Kay「何度でも」
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-12-21 00:18 | | Comments(0)

名張 香落渓 屏風岩 シーズンラストのRP

d0151699_164211.jpg


d0151699_164820.jpg


d0151699_113282.jpg


d0151699_1131637.jpg


d0151699_1133143.jpg


d0151699_1144955.jpg


d0151699_115633.jpg


d0151699_1152954.jpg


d0151699_1154530.jpg


 今週末は、ナバラーであり沢登の達人、テレマークスキーヤー、アルパイン、オールランドに山のフィールドをこなすA川さんに名張に連れて行って貰った。このところ気温が高く、まだ屏風岩にはナバラーが沢山来ていた。
 今年梅雨で屏風岩でも渡渉がありアプローチも泥々、岩もズルズルの初めての屏風岩、初心者クラックの私だったが、あれからクラックにぶら下がりながら、今日もぶら下がっていた。最近できた右の新ルートのクラックベイビー5・7はリードで登れた。ミニラ10・Bは、TRワイドで途中で悶絶して降りてきた。
 A川さんはご自身の屏風岩での最高グレード、打ち込み中のゴジラパワー11Bを見事RPされたemoticon-0100-smile.gifemoticon-0111-blush.gifemoticon-0102-bigsmile.gif下部はシンハンド、途中の甘いシンハンドどから被りぎみになり上部はワイド。長い長いルート、屏風岩で一番多彩なクラックがあり面白いというナバラーもいる。
  暗くまでみんな登って、帰りはみんな駐車場までくるのを待って、行きつけの中華料理店へ行った。ナバラーはいつも仲が良く、笑いが絶えないemoticon-0111-blush.gif
 A川さんにあらゆるクライミングの分野をされているので、いろいろ伺ったが、テレマーカーはアルペンスキーヤーとは全く違う、どこかナバラーに似ているという。アルペンスキーは合理的な最新の装備でより山の困難な所へ挑むのを主体としている。が、テレマークは、テレマークというスキーを滑ることに喜びを感じている。例えば上手くなればよりシンプルで不具合な装備で滑ることを研究したりもするらしい。
 名張の岩場特有のシンプルでそれゆえに非常に難しいクラック、手も足も真っ向勝負のクラックで怖いナチュプロで登るクラッカーは、フェースやどっ被りのスポートを体験している私には、独特の世界観で不思議であり、興味深くもあり、太刀打ちできない何かがある。テレマーカーのようにクラックをナチュプロで登るその行為はクライミングそのものを楽しみ追及しているかもしれないと思う。共感できるのは、昔、山を登った山岳会の仲間たちのように、飲んで食べて笑い合うトラッドを好む人達特有の仲間意識があるということ。
 今年はクラックを始めていろんな所へ行けた。また来年もクラックでも目標をもってぼちぼちやっていこう。
これから長い冬がやってくる。A川さんのように雪の山を登り、滑る人もいる。私は故障を治しながら・・・焼き石をしながら岩を登り挟まるんだろうか・・・時にはA川さんに会いに雪の山へも遊びに行きたいと思います。
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-12-14 01:04 | | Comments(0)

鳳来 女郎岩

d0151699_22171559.jpg


展望台スラブ
d0151699_22173264.jpg


d0151699_22174971.jpg


大凹角ルート
d0151699_2218759.jpg


d0151699_22185391.jpg


d0151699_22233041.jpg


d0151699_2228399.jpg


d0151699_2219376.jpg


 今週末は、女郎岩に行ってきた。今年の始め、FBで知り合った辺鏡クライマーのけんじり君に、鳳来行くけど行く?と聞くと、女郎岩なら行きたい。と言われた。女郎岩??聞いたことないわ。先輩に聞くと、ボートで行くことしかできない幻の岩と聞いた。フリーのパートナーのsportabaさんはクライミングレストして他の人たちと鳳来通いを始め、テン場から朝早く起きて、鳳来湖から女郎岩を探す。わからんな~車で下りに振り返ると、観えたーー!!ごっつく被って切り立った岩壁が!! それから梅雨のオフシーズンにクラックもやり始め、沢登もやり始めた。シーズンが終わり、鳳来ラストに行ってみたかった女郎岩に行くことができたemoticon-0111-blush.gifemoticon-0100-smile.gif
女郎岩のトポは以前は未公開だったので、開拓者のN瀬氏の連絡先を教えて貰い、N瀬さんがご自宅に招いて頂いて、説明を受けた。今は知り合いが欲しければトポを渡してもいいとのことでした。
 女郎岩は本チャンのマルチピッチだと思って下さい。と説明を受けPCで沢登りの迫力ある写真を観せて頂き感激した。けんじり君にサマコレ行けへん?というと僕は西ノ滝に行きたい。と言われて、ハイカラでいる時、N瀬さんが沢の話をされていたので、この人沢登りされるんやな?と思い、「西ノ滝って難しいですか?」と聞くと、「上部のゴルジュ帯を含めて完結します」と答えられ、沢登の必要な登攀技術などを話てくれた。ゴルジュってなんや??と思った。後でわかったが、N瀬さんは沢登の神様と呼ばれているらしいemoticon-0107-sweating.gif女郎岩に行ったら是非感想を聞かせて下さい。言われたので、N瀬さんに手紙を書こうと思う。

 説明を受けたにも関わらず、鳳来湖の末端から湖岸水平道に入るところがわからず、沢沿いに登って行き、この先行ったら沢登になるで!!と言って引き返し、林道にテープがついてるのを発見してダム沿いに歩き出す。水平と言っても道は山道で岩の取り付きまで1時間くらいなのだが、1時間半くらいかかった。岩の取り付きと思われるとこから20分くらい急登をしてフラフラになって展望台スラブに到着する。そこから左のクラックエリアに移動するのにもしんどく、私は休憩して、sportabaさんが見に行く。お勧めの大凹角ルートを登りに行くことにしたが、そこまでも悪いので、ザックデポして、登攀具だけで取り付きまで行く。スケールが大きな美しい壁があったemoticon-0104-surprised.gif岩は想像していたより綺麗で、結構しっかりしていた。ピンもリボルトされていた。sportabaさんリードで2ピッチ行って三ツ星の女郎クラック10Cを登り出すが、カム使い過ぎて、敗退することになったemoticon-0114-dull.gifemoticon-0125-mmm.gif クラックはクライムダウンしてそのまま大凹角ルートの上部まで抜けることにした。頂上は、鳳来湖が観えて最高に景色が良かったemoticon-0115-inlove.gif
 emoticon-0102-bigsmile.gif 回り込んで降りれると聞いていたが、降りる所がわからず、懸垂することに、sportabaさんはマルチで懸垂初めて、しかしよく勉強してるので段取りが良かった。2回目の懸垂で私が先降りると末端の結び目が上に上がっていて、近くにピンあったのでそこでテンションかけて結び目を下に降ろす。最後sportabaさん懸垂、スタックして、グリグリで登り返す。そんなこんなで日が暮れて、ヘッデンはザックの所に置いていたので携帯の光アプリザックまで戻り。そこからヘッデンで駐車場に戻ったのは、夜の8時だったemoticon-0107-sweating.gif 東栄温泉に電話して滑り込みセーフで温泉に入り、テン場で鍋食べて飲んだ。今日は明日の鬼のお仕事もなく好きなだけ飲んだemoticon-0167-beer.gifemoticon-0102-bigsmile.gif 
 翌日は瑞浪に行くはずだったが、疲れていて韋駄天に行こうと言うことになった。しかし、取り付きの渡渉箇所を間違えて、急登を登り、これは違うと降りて来て、また手前を登りこれも違うと降りて、また最初を登り迷いに迷い、下山。もしかして、もっと先かも??と言って車で林道を先に行くとケルンが積んでありそこから階段みたいな取り付きがあった。私は10年前くらいに1度行ったのだが忘れている。昼を過ぎたのでおとなしく帰阪することにしたemoticon-0141-whew.gifemoticon-0114-dull.gif途中、気になっていた博多ラーメンの店に寄った。
 今年は女郎岩に始まり、女郎岩で終了した。出会いがありそこからクライミングの幅も広がり、そしてまた出会いも広がった。未知の経験は本当に面白い。マルチピッチや沢登、違う景色、どう登るかどう下るか考えながら、やり遂げた時の達成感。ヘッデンでなんとかボロ雑巾のようになって下山できた時の生きていることの喜び。来年も個人的な冒険をしていきたいと思う。来年はどんな素敵な人に出会うだろうかと・・・
[PR]
by mizunoawa921 | 2015-12-06 20:28 | | Comments(0)