<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

RPへのFantome  鳳来 鬼岩

d0151699_0255718.jpg


d0151699_0261131.jpg


d0151699_0263795.jpg


d0151699_0264687.jpg


 クマさんと鳳来。土曜は前日の雨で濡れてるかも?と日曜に変更にした。この時期、雨でもいけますよ!!と私は言ったが・・・・土曜は猫の前は池になっていたが、岩はバリバリだったらしい。
日曜はハイカラは激混みだった。クマさんこないだ宿題になっていた。クラショー12CをRPされた。次にバーニス13Aをやろうと順番入れに行ったが、バーニス、パンダ、ウルフ、ラーマラインは交錯していて、15人待ちで、順番ボードは解読不可能。ウルフラインの時にバーニス下部だけ入れてくれると、順番を待ったが、断念して私の猫しゃく核心ワークのビレーに専念して下さった。私の猫しゃく12C、核心前までは、結構、楽にいけるようになったが、核心は相変わらず、テンションてんこ盛りしないといけないので、ちょっとムーブを変えてみたら、できた。できんと思っていたムーブだったが・・・まぁこれもしんどいのだが、スタティックにいけるので、これでやってみようと思った。また一からか・・・・・レストしてる時にぼやいていると、Mさんに、そんなんみんなあるよ!!ええやん!!また自分のムーブに変えてもいいし、いろいろやったらええ!!アコちゃん猫しゃく絶対登れるよ!!と言って下さった。いやいや、そう言ってくれるのは、Mさんだけなんですよ・・・・と言いながら、その気持ちに嬉しく泣きそうになったemoticon-0106-crying.gifemoticon-0106-crying.gif もう若くないお互いのクライミング人生を考えて、やりたいルートを今やればいい!!と言って下さった。
 クマさんと車中、いろいろ話して、アコさんクライミング本当に好きなんですね!!と言われて、努力もできてないし、そうでもないですよ・・・・と思いながら、宇多田ヒカルのニューアルバムを聴かせてくれて、とても楽しい週末だったemoticon-0111-blush.gif本日しっかりRPされたクマさんと私のこの先のクライミング人生と揺れながらの私の人生を思いながら・・・・大阪に着いた。
道 - covered By HINA [UtadaHikaru - Fantomeより]
[PR]
by mizunoawa921 | 2016-10-30 23:49 | | Comments(0)

目標に向かって 鳳来 鬼岩

d0151699_10504855.jpg


d0151699_1052166.jpg


d0151699_10551692.jpg


d0151699_10553371.jpg


d0151699_10562468.jpg


 土曜日帰り、鳳来。車の中のDVDはなぜか谷川岳一ノ倉第三スラブ、鬼スラの映像が流れているemoticon-0104-surprised.gif フリーに専念するのは1年と決めてまた山を登るというH田さん。久しぶりの鳳来で、ムーブがややこしくて有名な12Cは手ごわいよう。でもジムのグレーディングは上がっているので、ムーブを解決されたらすぐRP態勢になれそう。
 私の猫しゃく、ヌンカケして2便は核心猫パンチまでノーテン。2便目は猫パンチの出だしカチを保持するがムーブが続かない。続けると何回もしないとパンチが決まらず・・・最後は回収便でテンテンで回収する。
余裕をもって核心手前までいけるように来週は頑張ろう。
 5人で乗りあわせ、ヨセミテを目指す人がいたり、其々いろいろクライミングの目標があるようだ。
私の目標は・・・・短い鳳来シーズン取りあえず頑張ろう!!
 
[PR]
by mizunoawa921 | 2016-10-23 10:34 | | Comments(0)

RP祭りの 鳳来 鬼岩

d0151699_2130131.jpg


d0151699_21302796.jpg


d0151699_2131078.jpg


d0151699_21313330.jpg


d0151699_21315219.jpg


d0151699_21324973.jpg


d0151699_21333481.jpg


d0151699_21335427.jpg


d0151699_21343191.jpg


 今週は、アキラさんとクマさんと一緒に土日で鳳来に行って来た。
今週末は、久しぶりに週末晴天で岩の状態は最高でRP祭りとなった。
アクシデントウルフ13B、猫しゃく12C2人、ジェット12C、アレー。
私の猫しゃく12Cは初日に核心前にテンション入ったが、終了点まで抜ける。2日目、朝一で冷たく、出だしからデッドが決まらず、疲れてると思っていたが、2便目は岩の状態が良すぎて、核心までノーテンでいけた。しかし、相変わらず猫パンチのムーブは繋げると決まらないemoticon-0114-dull.gif
 クマさんは、昨年の6月にご一緒したきり、鳳来に来られてなかったが、クライミングショー12Cにトライ。猫しゃくも1便だけトライした。2日目、クラショーは残念ながら、惜しくもRPできずで、猫しゃくを最後にトライしたら、なんとRPされたemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0102-bigsmile.gifemoticon-0111-blush.gif2撃!!
 アキラさんは岩のルートは初めて、ジムではボルダーと最近はリードも高グレードを登っている。
今回は猫しゃくをトライされた。自分の体に合した足位置やホールドを探るのがナカナカ大変だったようだが、トップアウトされた。
 夜は疲れていながらも、遅くまでクライミングについての宴会だったemoticon-0167-beer.gif
大人になり、緊張したり、高揚した気持ちになること、ヒリヒリした感覚を味わう、非日常の世界に身を投じることはなくなった。それを体験できるのが、クライミングであると思う。
 時代は変わり、今はジムから始めるクライマーがほとんどになった。ジムのボルダリングだけで完結してしまうことも多い。それではもったいないと思う。ジムのリードをしてみたら、そこから岩にも行ってみたなら、マルチやトラッドにも繋がり、沢登りやビッグウォールやアルパインへも繋がる。またリードクライミングは、高齢になっても続けられる。ボルダリングのパワーやムーブはあらゆるクライミングへの技となり、高度なクライミングへと発展する。
 クマさんは時々、ジムのスタッフもされているので、猫の核心のアドバイスも頂いたemoticon-0115-inlove.gif
アキラさんは岩場初だったが、プリクリの仕方、回収や、掛け替えなどいろいろ覚えることも多かったと思うが、運転、ロープ、何から何までお世話になりました。大変、疲れたと思いますが、私はめっちゃ楽しかったですemoticon-0100-smile.gif今回に懲りず、RPを目指して、自然の中でヒリヒリした感覚を味わいに、また騒々しい鬼岩にRPを目指してご一緒してくれることを願いました。
[PR]
by mizunoawa921 | 2016-10-17 00:56 | | Comments(0)

シーズンイン 鳳来 鬼岩



d0151699_21313663.jpg


d0151699_21315387.jpg


d0151699_2132439.jpg


d0151699_2133578.jpg


d0151699_21332366.jpg


d0151699_21334856.jpg


d0151699_2134526.jpg


 週末雨続きでやっとシーズンインemoticon-0107-sweating.gif 違うエリアの人に入れて貰って鬼岩に単独で上がる。フル装備でフラフラになり1時間かけて鬼岩へ。アプローチはまだ暑いemoticon-0141-whew.gif
連絡していた横浜のM君が出迎えてくれてビレーして頂く。あとC,mon君、そして猫しゃく仲間にもビレーして頂く。 久しぶりの猫しゃくは、ヌン掛けして、1回目はバラシて抜けることができて、一安心。2回目は続けて行くが続かず・・・3回目はトラバースから核心を行こうとするが抜けれず・・・まぁまぁシーズン始めにしてはまずまずか・・・状態は連日の雨でシケシケだったが、オフシーズン、辛い辛いと言いながら、ジムのルートをやっていたのがよかったのか、被りにも威圧感はなかった。
 パートナーが不在で先の見えぬ限界ルートをやりに行ってる自分をいかがなものか?と思いながら、連れて行ってくれる人を探し、重い荷物を背負い長いアプローチを上がっていけば、気兼ねなく話せる人達がいる。登ることの喜びも辛さも、幾度の季節を共有した人達が鬼岩にはいる。
 アコさんがFBで紹介してた、剱特集の岳人の雑誌を持ってきた人と、雲ノ平から赤木沢へ行く行程などを伺って話は盛り上がったemoticon-0104-surprised.gifアコさん沢行ったの?とハイカラの常連さんが話しかけてきてくれた。昔、沢の会に入っていたらしく、いろいろ話を伺う。奥又白へ突き上げる中又白の沢や東北の和賀郡という地域の沢など、マイナーな沢をいろいろ教えて下さったが・・・レベルが違うし・・・w
 いろいろ不安になりながらも、楽しく過ごせた。ありがとうーーーーーつ!!
南アルプス天然水CMのパクリw 大きく被った岩を振り返りながら下山した。
[PR]
by mizunoawa921 | 2016-10-11 21:41 | Comments(0)