ブログトップ

My Foolish Heart

<   2017年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ピカレスク 太宰治伝

d0151699_041498.jpg


 深夜の対談番組で又吉直樹と猪瀬直樹が出ていた。太宰の話になり、猪瀬直樹著『ピカレスク』を読んでみた。分厚い本で、これは時間かかると思い持ち歩きの文庫も取り寄せたのに文庫が到着する前に読み終えた。
 ピカレスクとは悪漢・・・『太宰のこれまでのイメージは、人間失格の弱い男で、生きることに耐えられず、つねに死を追い求めていた。だが、僕は死のうとする太宰治ではなく、生きようとする太宰治を描きたかった。』
こんな男のどこがええねん・・・・
「私は無知驕慢の無頼漢、下等狡猾の好色漢、にせ天才の詐欺師、ぜいたく三昧の暮らしをして、金につまると狂言自殺をして田舎の親たちを、おどかす。貞淑な妻を、犬か猫のように虐待して、とうとう之を追い出した。」
 東大の仏文も試験なしで入れたけれど、ついていけず辞めてしまう。働く意欲もなく仕送りして貰うことばかりを考えている。頭もそんなに良くなく、努力もせず、ルックスがいいのか?しかし女を口説き落とすことだけには長けていたようだ。
 「一番いいひととして、ひっそり命がけで生きて下さい。コイシイ。」と愛人に手紙を送り。
 「僕と、命がけで恋愛してみないか?」と女を口説き愛人にした。
 「一番愛しかった。」と死んだ後に妻に手紙を書いている。
 大学の卒業旅行で、青森に行った。太宰の文学散歩とでも言おうか。バブル真っ盛りみんな海外に行ったりしてる中で、私と友達は青森だった。斜陽館にも泊まった。「おさむちゃん・・・おさむちゃん・・・」と言っていた友達は太宰に傾倒していた。この子頭おかしいんちゃうか?と思っていたが、仏文を主席で卒業した。
 対談番組は猪瀬のオフィスで行われ、この1冊を描くたの膨大な資料となる蔵書を紹介していた。悪漢とイメージした理由がわからないが、精妙な筆致で的確に描かれている。ノンフィクション作家らしい、直感的にものを見抜く力、洞見力があるのだろう。あと井伏鱒二の盗作事件についてもかなりの頁を割いている。日本文学の狭隘さに抵抗し、著者自身、「如是我聞」とこの作品を評している。
[PR]
by mizunoawa921 | 2017-01-15 00:33 | 雑記 | Comments(0)

雨の連休 備中 ニューエリア

d0151699_002949.jpg


d0151699_0047.jpg


d0151699_001228.jpg


d0151699_01924.jpg


d0151699_01163.jpg


d0151699_2359820.jpg


d0151699_23564434.jpg


d0151699_23571216.jpg


d0151699_23573131.jpg


d0151699_23574811.jpg


 3連休、初日は晴れで寒い予報だったが、ニューエリアそれでもない。私の時間よ止まれは、コルネも叩いて核心の中間、昔やってた最高到達点までいけた!!これからやり込めばいけるかも・・・003.gif001.gif012.gif
 sportabaさんはリハビリ、親の心子知らずを後一手でRPを逃す。
 翌日は、雨予報なので、知り合いのS本さんが始められた岡山のジム
クライミングスペース リズム に伺う。S本さんと言えば備中の常連でいつも楽しく仲間も多い。備中のイメージが強く、想像していたジムとは全然違っていて、チカコさんのイメージの滅茶お洒落で素敵なジムだった。イケチャンが来られていて、用瀬の小屋みたいなジムと思っとったやろ?と言われた037.gif 関西でもこんなお洒落で綺麗なジムはないのではないか?と思われるほど、トイレ、更衣室、休憩スペースは気配りが行き届いている。課題は、備中テイストが効いていて、ムズ面白い。オーナーお二人や有名セッターの課題もある。登っているとS本さんがいろいろアドバイスしてくれて、教えてくれた。当たり前か!!お二人は、岩登りの経験から後輩たちに、クライミングの面白さや、スタイル伝えていかなければならないことを伝えていけたらと仰っていた。ルートクライマーもた登りに来ていて、一緒に登ってとても楽しかった016.gif
sportabaさんは最近、クライミングのモチが無くなり、ジムに行くのも億劫だと言っていたけど、sportabaさんのリクエストでリズムに行った。Sっちゃんとチカコさんには会いたかったようだ。顔を出して帰るつもりが、結構登って、sportabaさんも楽しかったようだ。
 やっぱりクライミングはいい!!と思えた岩とジムと仲間を再確認した連休だった。
[PR]
by mizunoawa921 | 2017-01-08 23:44 | | Comments(0)

正しいお正月の過ごし方

d0151699_2085657.jpg


d0151699_209177.jpg


d0151699_2094766.jpg


d0151699_2010341.jpg


d0151699_2010182.jpg


d0151699_20105476.jpg


d0151699_20111554.jpg


d0151699_20131653.jpg


 今年のお正月は、太地温泉に行ってきた。白浜の先で結構遠かった。お正月料金は通常の2倍くらいで結構高かったけど行く機会はナカナカないとのことで行ってきました。
 海に浮かんだ岩を観て、これ、登れるんちゃうん?辺境クライミングできるんちゃうん?と思うような岩はゴロゴロありました。
 食べ過ぎ、飲みすぎ、騒いで、踊って、何度も温泉に入り、帰ったらお腹壊して、昨夜はバタンキューで何時間寝たかな?二日酔いダイエットで今日はジムへ初登り、体は軽かったが12は最後備中入っていて、ムズくて抜けれず。
明日から初出。お正月休み短っ!!015.gif
南紀太地温泉 花游 
[PR]
by mizunoawa921 | 2017-01-03 20:08 | 雑記 | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30