ブログトップ

My Foolish Heart

<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

クライミングとは何か?・・・・鳳来 鬼岩

d0151699_22143055.jpg


d0151699_22150910.jpg


d0151699_22154451.jpg


猫しゃく12Cの核心ムーブをハイステップデッドからスタティックなハイステップキョンムーブに変えたが・・・核心手前までは、楽にいけてきたが、核心までつながらない・・・・148.png140.png134.png
岩の状態は最高からボチボチシーズンオフへ以降中。
一緒に行った方は、数日間費やしたが13をされているが、同じ箇所で落ちるからもう、このルートは封印だと言っていた。
彼はムーブは綺麗に決まっている。ムーブの話をしていて、もう他の人のムーブを参考にすることは最近なくなった。という話から、私は、核心ムーブを変えて、それまでも変なことを一杯して、下手でアホであかん・・・というと、回り道をしてもクライミングは、自分でムーブを考えて試行錯誤する過程が楽しみでクライミングだと思うと仰っていた。今のクライマーはすぐにyoutubuや人に教えて貰って、自分で考えずにすぐ答えを見てしまう。そういう話をしながら帰った。
 今日は飲み会だった。『神々の山嶺』を読んだハイキングが趣味の男性がいて、どんな男性がタイプですか?との問いに、昔は、それこそ、『神々の山嶺』の主人公のような自分を持っている男性に惹かれてましたが、今は特にはなく、一緒にいて楽しい人がええです。と返答した。登山からボルダリンからクライミングとは何か!!を私は止めどなく話してしまっていたが、要する『神々の山嶺』の片鱗のようなものが窺えることがクライミングだと・・・帰りにくじ引き引いたら、エビス無料チケット10枚当たった!!110.png


[PR]
by mizunoawa921 | 2017-05-28 22:42 | | Comments(0)

1テンなった!! 鳳来 鬼岩

d0151699_00505866.jpg


d0151699_00511833.jpg


d0151699_00534799.jpg


d0151699_00482633.jpg


d0151699_00501888.jpg


d0151699_00522958.jpg


d0151699_00531048.jpg


猫しゃく12Cは1テンなった!!しかし2日目核心の正対ムーブの確率が悪いのでキョンムーブに変えた105.png去年の秋にやってみて1回できたけど翌週やったらできんようになっていて自分のムーブに変えた。今日やってみたら楽にできた150.pngスタティックにできて、やっぱりこれか!!と今更ながら思った105.png105.png
 sportabaさんは1日目は徳川家康13Aにトライ。2日目はガンジャ13Dにトライ。左肩を痛めてるので、M先生に診て貰い行くという。
去年の秋以来、久しぶりにアキラさんが参戦。猫しゃくムーブ確定させて、次回はRP狙えそう。
アキラさんと飲んで、sportabaさんクライミング感を話して楽しそうだった。
ヌンチャクの掛け替えのレクチャーをsportabaさんがしていた。長年やってるのにバックアップの意味も知らない人がいる。肩を治して、後輩の育成の為にも復帰して欲しい。

[PR]
by mizunoawa921 | 2017-05-05 00:41 | | Comments(0)

連休 前半戦 鳳来 鬼岩

d0151699_01191993.jpg


d0151699_01180647.jpg


d0151699_01212848.jpg


d0151699_01211738.jpg


d0151699_01201782.jpg


d0151699_01295417.jpg


 気温低く、私の猫しゃく12C猫パンチ核心出だしのカチをとり猫パンチ左とりに行く体勢で落ちた。最高到達点。猫パンチきめたら体が離れるが、それを止める体勢がわかった。ちょい収穫か・・・109.png
 M本君、メタフォース14BC、2日目の最終便が一番よかったようだ。やっぱり寝不足で朝発より、金晩から出発した方がいいのではと言っていた。
 M矢さんの入門11A、頑張ってムーブは確定したようだ。駐車場合戦は鬼岩までの1時間プラス朝発ならもう20分くらい歩きでかかる小滝の駐車場まで歩かなければならない。小滝から歩いてくれ、登山のトレーニングだと言ってロープも担いて下さった。感謝感激とても気の利く女子でビレーも上手かった。山の話や職場の話、年下の女子と登って話することはないので、とても楽しかった110.png
 今時の若者は、なかにはどうかと思う人もいるが、私の周囲の若いクライマーはルートもする人で、なかなか珍しい人種なのか良い若者ばかりである。
 メタフォースを登れるなら、いくら通っても構わないと言うツヨツヨクライマーのM本君。私の限界ルートの猫しゃくもそうだが、生涯通わなければならないようであってGW明けの次の鳳来行きの車を探していた。

[PR]
by mizunoawa921 | 2017-05-01 00:53 | | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31