ブログトップ

My Foolish Heart

<   2017年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

シーズンイン 鳳来 鬼岩

 

d0151699_23163138.jpg

休日出勤やら台風やらで、延び延びのシーズンイン。週末夜に雨が降って気温高く、梅雨みたいな状態悪い出だしだった。
春の登れる気がする猫しゃくは、今日は登れる気がしなかった137.png 核心手前まで必死で核心で大落ち。最終便でテンテンで核心ムーブを練習して終わった。またイチからちゃうん・・・と思いながら、帰りに今日一緒に行った昔鳳来に通った仲間から、ダメ出し。
お盆に瑞牆(マルチ)いったり、沢行ったり(一緒に行ったやん!w)は行くべきではなかったと、夏休みないんかい・・・w 限界グレード登るんやったら夏はジムでガンガン登るべき!!今シーズン登る気あるんか??と苦言。猫はやってたら登れるルートではない。ムーブで落とされる。力は年齢と共に益々落ちてくる。やっぱり鬼やな・・・と思いながら、昔、仲間が限界グレードをより少ない便数で登った時、凄まじい努力をしていたのを知ってるので、忠告は真摯に拝聴した。ガンコの分岐からの下山がいつもしんどいけど、今日は仲間についていったらあっという間だった。脚力はついたのかも(笑)来週から仕切り直して頑張ろう166.png

[PR]
by mizunoawa921 | 2017-09-24 23:24 | | Comments(0)

雪の鉄樹

d0151699_18420870.jpg


 遠田潤子著『雪の鉄樹』を読む。庭師の愛情に恵まれない家庭に育った主人公が、ある事件の贖罪のために両親のいない少年の面倒を見続ける。分厚い本だが、次々と頁をめくってしまう。庭師の仕事について興味深く書かれている。そして、舞台が私の自宅の近所に設定されている。狭山池やら北野田駅、陶器山、金剛寺・・・市内から遠い何の取柄もない片田舎。まだ自然が残る土地が庭師の職業の設定にあっているのか、この物語の侘しさを際立たせている。愛ゆえに人は翻弄される。愛が狂気にもなり、また人が苦難を乗り越え再生できる強い力にもなり得る。小説が描くのは人の心の問題であり、本物の小説はこういうものなのだと思う傑作だ。人にとって一番大事なものは何かをこの小説は描いている。
[PR]
by mizunoawa921 | 2017-09-17 18:36 | 雑記 | Comments(0)
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30