「ほっ」と。キャンペーン

滝洞谷



d0151699_11423450.jpg


d0151699_11522334.jpg


d0151699_1255974.jpg


d0151699_126239.jpg


d0151699_1293938.jpg


d0151699_121074.jpg


 鈴鹿山脈の北部、犬上川水系、滝洞谷に行ってきました。トポに「不気味な雰囲気を漂わせる世界」「宝石箱みたいな谷どこもかしこもおもしろい」とあり。石灰岩の岩は備中のごとく、しっかりした岩で面白かった。
朝早くから取り付いたのだが、先行パーティが4人で、エイド登攀を待っての私たちの登りだった。今回は、Mさん、K氏、私の3人。いきなり、被ったジャミングで登る岩が出てきたemoticon-0104-surprised.gif 荷物を上げて貰ってなんとかフリーで登る。今回はMさんがトップで登った壁はオールフリーで登られたemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0104-surprised.gif Mさんはフリーなので私たちのパーティの登りは結構早かった。そこからまたまた下山劇場が始まった。
稜線まで登りは私の嫌いなガリーの急登で、しかも長くてバテバテだった。そこから下山は1時間のはずだったが・・・・・emoticon-0114-dull.gifemoticon-0114-dull.gif 薄暗くなり、送電線から行ったり来たり登り下りを繰り返し迷いに迷って・・・もうビバークになるんちゃうん??という惨劇間際まできて、何とか民家の裏へ辿りついた。帰ってからブログを観たら、送電線から北東に下ると書いているが、トポは北西にルートをとる約1時間とあるが・・・・??トポ間違ってるんちゃうん??最後はバテバテでまたまた多大なるご迷惑をお掛けして、本当に面倒を見て頂いた、今回沢を始めてご一緒したMさんには感謝してます。再骨折が上手く治らずそれでもまだ歩きたいと、しぶとく登っている私だが、行く前に観た田部井淳子さんの追悼番組で「歩くことは生きること」と仰っていたのを思いだす。「この辛い一歩はずっとは続かない」とつぶやきながら歩いていたのだが・・・・私の荷物を最後には全部担いて下さったMさんだった。今回はMさんに準備を全て任せてしまって、反省点いろいろをK氏と話す。
他のパーテイより早く行くこと。かなり余裕をもって行けば、下山も休憩しながら歩ける。下山道の下調べをしっかりすること。これを教訓にまた頑張るわ!!と言うと「懲りへん奴やな・・・」と言われた。emoticon-0136-giggle.gif 
 今年は、渓谷登攀も経験できた。来年はグレードを落として、自分で企画して登る沢に行こうと思う。
[PR]
# by mizunoawa921 | 2016-11-14 01:13 | | Comments(0)

迷いながらの・・・鳳来 鬼岩

d0151699_2133742.jpg


d0151699_2134994.jpg


d0151699_2141541.jpg


d0151699_2142974.jpg


 単独で鬼岩。寒いと思い、真冬装備、焼き石の用意、フル装備で荷物重っ!!
早朝は鬼は誰もいてなくて、ハイカラにビレーお願いしに行く。思ったほどは寒くなかったが、やっぱり先週より、核心手前までしんどい・・・・
核心までは、結構楽にいけるようになった猫しゃく、そこまでは続いていけるようになるが、核心は相変わらずキツく、抜けれない・・・emoticon-0107-sweating.gif 先週、核心を変更してみたが、今週はやったらできん!!emoticon-0114-dull.gifemoticon-0114-dull.gif 結局自分のムーブに変えたemoticon-0107-sweating.gif
 テンテンで行って核心からはノーテンで終了点までいけて、ヌンチャクの掛け替えもできた。
カーニバル13BをトライされてるO野さんにビレーして頂き、いろいろご指導受けた。カーニバルは、核心手前までランナウトに耐え12D?くらいを登り、そこから核心が1級くらい。猫しゃく12Cは核心手前まで11C?くらいを登りそこから終了点まで4級くらいの核心をこなす。11Cくらいをなんとか自動化して11Aくらい登り、4級のムーブを5級くらいにできるまでもっていったらRPができるかも??
 単独フル装備で鬼に上がり、骨折せんように下山。それができただけでも、丸儲けと思った。
来週はちょっとお仕事は休んで、真逆の世界に行ってきます。
[PR]
# by mizunoawa921 | 2016-11-06 23:27 | | Comments(0)

RPへのFantome  鳳来 鬼岩

d0151699_0255718.jpg


d0151699_0261131.jpg


d0151699_0263795.jpg


d0151699_0264687.jpg


 クマさんと鳳来。土曜は前日の雨で濡れてるかも?と日曜に変更にした。この時期、雨でもいけますよ!!と私は言ったが・・・・土曜は猫の前は池になっていたが、岩はバリバリだったらしい。
日曜はハイカラは激混みだった。クマさんこないだ宿題になっていた。クラショー12CをRPされた。次にバーニス13Aをやろうと順番入れに行ったが、バーニス、パンダ、ウルフ、ラーマラインは交錯していて、15人待ちで、順番ボードは解読不可能。ウルフラインの時にバーニス下部だけ入れてくれると、順番を待ったが、断念して私の猫しゃく核心ワークのビレーに専念して下さった。私の猫しゃく12C、核心前までは、結構、楽にいけるようになったが、核心は相変わらず、テンションてんこ盛りしないといけないので、ちょっとムーブを変えてみたら、できた。できんと思っていたムーブだったが・・・まぁこれもしんどいのだが、スタティックにいけるので、これでやってみようと思った。また一からか・・・・・レストしてる時にぼやいていると、Mさんに、そんなんみんなあるよ!!ええやん!!また自分のムーブに変えてもいいし、いろいろやったらええ!!アコちゃん猫しゃく絶対登れるよ!!と言って下さった。いやいや、そう言ってくれるのは、Mさんだけなんですよ・・・・と言いながら、その気持ちに嬉しく泣きそうになったemoticon-0106-crying.gifemoticon-0106-crying.gif もう若くないお互いのクライミング人生を考えて、やりたいルートを今やればいい!!と言って下さった。
 クマさんと車中、いろいろ話して、アコさんクライミング本当に好きなんですね!!と言われて、努力もできてないし、そうでもないですよ・・・・と思いながら、宇多田ヒカルのニューアルバムを聴かせてくれて、とても楽しい週末だったemoticon-0111-blush.gif本日しっかりRPされたクマさんと私のこの先のクライミング人生と揺れながらの私の人生を思いながら・・・・大阪に着いた。
道 - covered By HINA [UtadaHikaru - Fantomeより]
[PR]
# by mizunoawa921 | 2016-10-30 23:49 | | Comments(0)

目標に向かって 鳳来 鬼岩

d0151699_10504855.jpg


d0151699_1052166.jpg


d0151699_10551692.jpg


d0151699_10553371.jpg


d0151699_10562468.jpg


 土曜日帰り、鳳来。車の中のDVDはなぜか谷川岳一ノ倉第三スラブ、鬼スラの映像が流れているemoticon-0104-surprised.gif フリーに専念するのは1年と決めてまた山を登るというH田さん。久しぶりの鳳来で、ムーブがややこしくて有名な12Cは手ごわいよう。でもジムのグレーディングは上がっているので、ムーブを解決されたらすぐRP態勢になれそう。
 私の猫しゃく、ヌンカケして2便は核心猫パンチまでノーテン。2便目は猫パンチの出だしカチを保持するがムーブが続かない。続けると何回もしないとパンチが決まらず・・・最後は回収便でテンテンで回収する。
余裕をもって核心手前までいけるように来週は頑張ろう。
 5人で乗りあわせ、ヨセミテを目指す人がいたり、其々いろいろクライミングの目標があるようだ。
私の目標は・・・・短い鳳来シーズン取りあえず頑張ろう!!
 
[PR]
# by mizunoawa921 | 2016-10-23 10:34 | | Comments(0)

RP祭りの 鳳来 鬼岩

d0151699_2130131.jpg


d0151699_21302796.jpg


d0151699_2131078.jpg


d0151699_21313330.jpg


d0151699_21315219.jpg


d0151699_21324973.jpg


d0151699_21333481.jpg


d0151699_21335427.jpg


d0151699_21343191.jpg


 今週は、アキラさんとクマさんと一緒に土日で鳳来に行って来た。
今週末は、久しぶりに週末晴天で岩の状態は最高でRP祭りとなった。
アクシデントウルフ13B、猫しゃく12C2人、ジェット12C、アレー。
私の猫しゃく12Cは初日に核心前にテンション入ったが、終了点まで抜ける。2日目、朝一で冷たく、出だしからデッドが決まらず、疲れてると思っていたが、2便目は岩の状態が良すぎて、核心までノーテンでいけた。しかし、相変わらず猫パンチのムーブは繋げると決まらないemoticon-0114-dull.gif
 クマさんは、昨年の6月にご一緒したきり、鳳来に来られてなかったが、クライミングショー12Cにトライ。猫しゃくも1便だけトライした。2日目、クラショーは残念ながら、惜しくもRPできずで、猫しゃくを最後にトライしたら、なんとRPされたemoticon-0104-surprised.gifemoticon-0102-bigsmile.gifemoticon-0111-blush.gif2撃!!
 アキラさんは岩のルートは初めて、ジムではボルダーと最近はリードも高グレードを登っている。
今回は猫しゃくをトライされた。自分の体に合した足位置やホールドを探るのがナカナカ大変だったようだが、トップアウトされた。
 夜は疲れていながらも、遅くまでクライミングについての宴会だったemoticon-0167-beer.gif
大人になり、緊張したり、高揚した気持ちになること、ヒリヒリした感覚を味わう、非日常の世界に身を投じることはなくなった。それを体験できるのが、クライミングであると思う。
 時代は変わり、今はジムから始めるクライマーがほとんどになった。ジムのボルダリングだけで完結してしまうことも多い。それではもったいないと思う。ジムのリードをしてみたら、そこから岩にも行ってみたなら、マルチやトラッドにも繋がり、沢登りやビッグウォールやアルパインへも繋がる。またリードクライミングは、高齢になっても続けられる。ボルダリングのパワーやムーブはあらゆるクライミングへの技となり、高度なクライミングへと発展する。
 クマさんは時々、ジムのスタッフもされているので、猫の核心のアドバイスも頂いたemoticon-0115-inlove.gif
アキラさんは岩場初だったが、プリクリの仕方、回収や、掛け替えなどいろいろ覚えることも多かったと思うが、運転、ロープ、何から何までお世話になりました。大変、疲れたと思いますが、私はめっちゃ楽しかったですemoticon-0100-smile.gif今回に懲りず、RPを目指して、自然の中でヒリヒリした感覚を味わいに、また騒々しい鬼岩にRPを目指してご一緒してくれることを願いました。
[PR]
# by mizunoawa921 | 2016-10-17 00:56 | | Comments(0)