人気ブログランキング |
ブログトップ

My Foolish Heart

13Cクライマーの誕生 ロックオン

A君が、打ち込み中の鳳来のステロイドパフォーマンス13CをRPした。
みんなが、おめでとうと言って握手を求めていた。その中でも、一番その喜びも、苦しみも本当の意味でわかっているのは、同じルートを完登したK氏だけだろう。

打ち込み中の長モノをみんなで教え合いながらワークしたり、休みながらしゃべったり、ボルダーセッションしたりする中で、A君は一人でいつも黙々と長モノを繋ぎ、持久力トレーニングしていた。限界グレードの高グレードの長モノはワークすればすぐ登れるほどの力はある。
私が本気トライでやっていると、上にトラバースするA君がいて、登ってるでーーー!!と怒鳴り散らすと、すみませんとA君が謝る。いつもグルグル休みなく登っている。
ステロイドは去年からやって、丸一年かかったらしい。
私たちは、ジムの実力からすれば、すぐ登れるはずだから、岩の状態が悪い時にやってるからと、調整ができてない。ジムで登りすぎて疲れてるんちゃうん?と言っていたが・・・・この週末登った。

K氏は3年前に6ヶ月で登った。春と秋にやっている。A君より20歳上でリーチもない。しかし、K氏が6ヶ月で登ったことを考えると、やはり岩というものは、力だけでない体力以外の精神的にかプラスアルファの何かが必要な気がする。
何れにしても12とはちがい高グレードは、やってたら登れるものではない。相当の力がいる。それは、A君のジムでの実力を目の当たりにしていることや、過去のK氏の努力を思い出すとわかることである。

私の11Dは、また後退、仕切り治してジムトレやな~ 

A君、今日は、奥壁でみんなダベリングの中ちょいボルダーしながらおしゃべりに参加していた。
13クライマー
by mizunoawa921 | 2011-09-28 00:43 | 室内壁
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31