ブログトップ

My Foolish Heart

カテゴリ:雑記( 147 )

クリスマス

寒波きて岩はやめた。
マルちゃんに、連休のクリスマスどないするん?と言われて、日帰りで備中かな
男と会わなあかんし!w と言うと 
マルちゃんに、akoさん やりまくらなあかんな!
頑張るわ!w

昨日は飲み会で
今日は年末のパッキングやら年賀状やら

録画していたドラマを観る。
視聴率40%超えた「家政婦のミタ」を観てその理由を考える。
内容が踏み込んでいて面白かった。
キムタクの「南極大陸」は、最後、犬で泣かせただけやった。
月9の「私が恋愛できない理由」見事に綺麗ごとで終わった。
期待の大石静脚本の「蜜の味」も全然踏み込まんと最後、みんなええ人で終わった。

「家政婦のミタ」は、家族の不幸がえぐすぎて、それを上まる家政婦の過去もえぐすぎた。
人間が生きるとは綻び、傷つきながらの連続だ。しかし、それでも人間はそれらの不幸を乗り越えて生きていかなければならない。ドラマが教えようとすることは、いろいろあっても、ぶれずに自分の生き方をもっていて欲しい。 

昔、一番好きなドラマがあった。「29歳のクリスマス」 山口智子が主演で鎌田敏夫脚本。
人間の愚かさ、不器用さを描き、本音で生きる人々に踏み込んだ脚本が上手かった。最後には、其々のヒロインと男たちのぶれずに生きる姿勢が描かれていたところが感動的だった。

今思うと29歳なのに大人だったな~と出演者たちを思う。
アラフォーになってもぶれまくりの自分の人生を情けなく思う。
明日はホワイトクリスマスか・・・? 恋人たちのクリスマス♪
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-12-25 00:51 | 雑記 | Comments(5)

ぽんちゃんと飲み会&祝賀会

ぽんちゃんと飲み会。秋に行く予定だったのですが、予定の変更が重なって忘年会になりました。

私が行きたかった、堂島の シャンパン食堂
に行ってきました。

お酒も料理も三ツ星!!新地にしてはリーズナブル。サービスも行き届いていた。料理人は、私たちの話を聞いていて、友人がクライミング始めたから、お勧めのジムを教えて欲しいと言ってきた。玄関先まで見送ってくれました。

今年の山口国体で優勝した、兵庫代表のぽんちゃん。忙しかったけれど、やっとひと息ついたみたいです。
ぽんちゃんとの出会いは、私が星田カップを応援しに行って、アクシデントに見舞われ、思うような成果が出てなかったぽんちゃんに励ましの言葉と写真を送ったのがきっかけでした。

それから、定期的に飲みに行って、私とは縁のない世界ですが、競技の世界の話を聞かせてくれました。

いろんな経験や努力を重ねて、もうこれで終わり!と言いながら、やってきて、今年最後にするといった国体で、優勝したので、栄冠の勝利、有終の美の競技人生で幕を引いたように思います。

時々、パンプで練習に来て、登りを見せてくれたけど、リード苦手というぽんちゃんでも、トップクラスの登りは上手くて、ムーブが一つ一つ決まっていて、見てて惚れ惚れするくらいでしたが、本人はいつも、問題点を見つめていました。いつも弱点を語ってくれましたが、私には何がマズイのか???・・・わかりませんでしたが・・・それほど、競技の世界はシビアなのか・・・といつも思ってました。

競技人生を振り返って、私は競技者には向いていなかった。でも競技をやってきて、いいこともありました。
どうやったら効率良く、回数少なく登れるか?上手く登れるか?と・・・・・

ぽんちゃんは、競技者として、いろんな経験を経てまた小柄でリーチがなくて、それを努力で解決してきて、栄冠を掴めたのだから、その経験を後輩たちに目指す人たちに指導していくべきだと私は勧めた。

今回の国体を振り返り、優勝したのは、ほんま運ですよ!!でも、もう明日がなくなっても何も後悔しないと思いました。と感想を述べていた。

明日がなくなっても構わないと思えるような喜びと充実感を、感じれる人はどれほといるだろうか・・・

まだまだ引退するわけではないけれど、また新しいぽんちゃんのクライミング人生が始まるのやろうね。
そのスタイルは今までと何も変わることはないだろう、真面目で直向に登る姿はこれからも同じなのだろう。
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-12-16 21:38 | 雑記 | Comments(2)

祝賀会!!

d0151699_2140259.jpg


スイスに遠征に行ってV13 4段+を見事登ってきた、ロックオンのマルちゃんの祝賀会に行ったきました。
八尾の洋風居酒屋 たんと で1次会。美味しいごちそうを頂きました。2次会は、マルちゃんたち行きつけのBarで・・・・

マルちゃんのクライミング論
11Cを登れれば、クライミングは教えることはできる。
しかし、クライマーを育てるのなら、やっぱりルートもボルダーも高グレードを登ってこそ、その苦労や経験を伝えることができるかなと・・・・

マルちゃん以外は、独身のメンバー。結婚願望のない男子たちに、結婚の意味や素晴らしさを語る。
結婚すると大事なこといろんなことも二人で決められる。なにより、大人になって自分のことを真剣に思い、叱ってくれる人はいない。それが、夫婦だと・・・結婚とは、自分が成長できることだと話してくれた。

マルちゃんの深イイ話はそこそこで、後は、シモネタ、セクハラ?話でマルちゃん節が炸裂しました。
その強烈さは・・・・V13ぐらいあると思いました!!私は、ボルダリング5級くらいしか登れませんが、マルちゃんのV13級の激しいセクハラ?トークに、なんとかついていきました 笑 042.gif

すっかり電車はなくなり、運転手のK下君が、遠い自宅まで送ってくれました。
記憶は遠のいていましたが、K下君感謝です。
幹事の私でしたが、段取りは全部主役のマルちゃんがやってくれました。やっぱり仕事できる人なんですね~
運転手のK下君 
会計のまっちゃん
突っ込みのA田君 
このメンバー結構バランスとれてますね。

V13を登る人のパワーをこの飲み会で垣間見たような気がしました041.gif
また飲み会参加します。終電ある時に退散か、次の日休みの時に・・・・笑
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-12-01 20:46 | 雑記 | Comments(2)

登れたーー!!!8B/V13

ヨーロッパに遠征行ってるロックオンのマルちゃんが8B/V13を登りました。
マルちゃんのブログ ○○な話
スイス遠征の模様が克明に・・・・とてもコミカルに書かれています。
面白すぎて、核心の目標課題が登れたのかどうかが、ボルダーグレードがさっぱり理解されておらず、常連のコメントで登ったんかい!とわかる私です。
マルちゃんは、見かけよりはきっとシャイなので、そこんとこは控えめに書いてるのかと思います。
私ならきっと
登れたーー!!!8B/V13\ (^0^) /
と書くでしょう。8B/V13は4段+だと思います。H田君のブログハラブロ
にその凄さが書かれてます。
クライマーが夢をもつことは素敵なことだと思います。夢を現実に変えることは、それを成し得ようと本気になり、一歩踏み出した人にはその苦労が凄まじいことだとわかると思います。夢をもったクライマーを見てきて私が感じたことです。

取り敢えず、おめでとうございます。
 
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-11-02 22:25 | 雑記 | Comments(0)

Edyと飲み会

Edyと久しぶりに飲みに行った。
2年前に結婚して、最近赤ちゃんができた。仕事と学校も通っていて、大変忙しく、その忙しい合間に会いにきてくれた。学校に行きだしたのは、新たに転職する為で、その試験にも挑んでいる。その仕事は、Edyにとても合っていると思うし、将来の為にいいことだと思った。
忙しい日常の話で、クライミングのことは話すことないかもな~と思っていたが、クライミングとそれに関わる人の話でやっぱり盛り上がった。

Edyが今行くジムの課題の話。
これ作る人ってどんな発想の人やねん?面白いな!と思うのは江坂のKさんの課題
ルカの課題は、本当に絶妙!
京都のS君の課題は、これがワールドクラスかぁ Edy曰く、ジムの課題は難しくていい。ジムで登れるとこ登って、岩で登れなかったら嫌や!
Pにいた岩嗜好のトミーがいなくなった。久しぶりにPに行くとファイルに残った課題は、明らかにトミー自身の為のトレーニング課題。クライマーだったトミーとの思い出話をしていた。

最近おもしろい人に会いました。瑞牆に登りに行ったら、一緒に来た人らはクラックに行ったから、混ぜてください。と来た人。一緒に初段をやるが、出だしから二人とも嵌って、
僕、一応3段登ってるんですよ!とその人が言って、
僕も3段登ってます!と僕も言って・・・・
次に1級行って、二人とも歯が立たず・・・・
僕、一応3段登れるんですわ・・・・と言って落ち込んでいた。
僕は先に帰らなあかんかったので帰ったんです。
その後、ルカでたまたま会って、その人100回トライで1級登りました。と言っていた。
僕ら結局1級クライマーやったんですね。って・・・・・w
その人、かなりおもろかった。クライマー!って感じの人で、でも冬は山に行くから!てシーズンもクライミングしたらええのにと言うと、それが本業やからて言うてました。
その人L○○さんやろ!
なんで知ってるんですか?
知ってるねん 冬山に行くのもクライミングやで~ 

そのおもろい人の話でかなり盛り上がった。

超多忙なEdy、クライミングもあんまりできんやろ?というと、でも僕は、負けたくない。仲間とセッションして登れないとやっぱり悔しい。登れないのは自分の事情、家庭をもってる、仕事、学校、それは僕の事情みんな事情をもっている。それは言い訳やと思います。私も怪我したけど、それも私の事情やな・・・・
息抜きも必要やし、また誘ってください。
いろんなことがあってもクライミングしてると、無心になってその課題に向き合う。そんな場所があることを幸せに思う。ジムちがうし、ボルダラーでもないけれど、どんな状況でも語り合えるのはクライマーだからなのだろうと思った。 よう飲んだな~
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-10-29 02:05 | 雑記 | Comments(3)

盛り上がってきたけど・・・

やっぱり盛り上がってきた(><) 形成外科が火曜にあるので、レーザーで焼くかどうか相談してと言われた。そんなん火曜まで待てるかい!と思い、会社の近所の病院行こうと思ったが休みだった。
金晩は飲み会やし、ふと思いだして昔行った皮膚科に行ってみた。
ドライアイスのような冷却した綿棒で傷口を焼く。昔、魚の目とかを治療してもらった。
このままほっといても治るけど、これでやったら、治りが早いと言われる。

週末から登れると思ってたけど・・・・あかん ジムに差し入れもっていって、しゃべろかな~
差し入れ、何しよ・・・羽山で頑張ってもらわなあかんからな~マムシドリンクかがええかw045.gif
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-10-27 21:01 | 雑記 | Comments(3)

盛り上がるなよ

今日も病院行った。今日はまた違う偉そうな先生だった。
もうこんでもええ、絆創膏の粕がついてたから手でいらってたら、あんまりいらわん方がええで、また傷口盛り上がってきたら、今度は、レーザーで血管ごと焼くらしい048.gif

傷口すっきりはしておらず、微妙に腫れている。

木曜、ジムに前之園先生に診てもらいに行こうかな 

常連のみんなも羽山デビューして、盛り上がってるみたいやし
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-10-25 21:46 | 雑記 | Comments(0)

肉芽をとりさった すっきりさっぱり

土曜に近所の病院行った。近所の総合病院で昔、急性リンパ腺炎と盲腸で入院したことがある。
急性リンパ腺炎では他病院で??と言われ院長が治してくれたから、悪い病院ではない。
ひょうそうと言われて、爪はがさなあかんと言われ、軟膏くれて2日間、傷口から肉が益々盛り上がって、痛くて、痛み止め飲んだり、薬箱に残ってる抗生剤を飲んだりしても、肉は盛り上がり・・・一部はかさぶたになったが、それも絆創膏剥がす時にとれて・・・・ちょっと腫れは縮だような・・・

爪剥がさなあかんかったら、また会社休まなあかんと思い、今日は、見積書をできるだけ入力した。やっと終わったと思ったら、システム化のシュミレーションの売上も入力してと言われて打ち込みまくり。小指はあんまり使わず・・・・

ぽんちゃんがコメントくれて、クエン酸かい!!爪はがさなあかんと言われたら、ちょっと待った034.gifと言って、考えよう・・・・と思いながら特急で500円乗車券払って即効帰る。

今日は、土曜の担当医とちゃうかった。これ、肉剥がさなあかんわ!麻酔なしでですか?麻酔の注射も痛いで!ピンセットで肉芽をいらわれ、
イターーーーーーイィ!!!
麻酔してくれーーーー!!麻酔をしてくれた。麻酔の注射の方が全然マイルドやろーーーー!!
肉芽をとったら、すっきりちょっと傷のある綺麗な指になった。
看護婦さんも綺麗になりましたね~
この2日間はなんやったんや?爪剥がなあかんて言われた。と言うたら、そんなんせんでええ!と一言。
明日も病院いかなあかんけど

しつこく打ち続けるのも考えもんやな、ボルダラーはどうなんやろ?ばい菌入らんよう気をつけなあかんけど、こんなんなったんはじめてやし・・・・
肉芽をとってすっきりしたわ 人生もこんな感じで鬱積した膿を取り去ってすっきり爽やかに出直したいもんだ・・・
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-10-24 22:20 | 雑記 | Comments(0)

あきまへん

小指の爪の間から流血して、大したことないと思ってたら、肉が盛り上がってきて、触れると激痛。
病院行ったら、ひょうそうらしい。爪はがさなあかんかもやて・・・・・007.gif
様子みると言われて、軟膏くれた。
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-10-22 21:10 | 雑記 | Comments(2)

ビターシュガー

NHKの連続ドラマ 「ビターシュガー」を観た。昔ときめいた?アラフォー3人女優人が演じる。

甘いだけでなく、年齢と共に人生は苦味を増してくる。
いくつもの眠れぬ夜を数えて、人生を重ねてきた・・・・・


身につまされて、なんだかな~・・・と思いながら、やっぱり観てしまう。

NHKはこのところ、スキャンダル系、本音、辛口のドラマを主張しているようだ。
それに引き換え民放は、お子様向けのドラマに寄っているように思うが・・・

ひと通りの酸いも甘いも経験した39歳の女性3人。
甘いだけが幸せじゃない。苦くたって不幸せとは限らない。
だから私たちの人生は "ビターシュガー" かな・・・
と宣伝している。

「私たちが恋愛できない理由」現代の20代女性という草食系女子とはちがう、アラフォー世代の女性。
恋愛に恋愛することもなく、もはや世間体もどうでもよくなった。しかし、まだこのまま終わるにはまだまだ人生この先長く・・・・
恋愛にしろ、結婚にしろ、私たちの年齢では益々ほろ苦く感じる世代。
でも、だからこそ一歩踏み出す時には、真実の内なる思いからそれは生まれてくるのだろうと思う。生きていくことの苦味を存分に経験し、甘さの極意もわかった私たちだから・・・
ビターシュガーを味わいなが生きる彼女たちに思わず、ガンバ!とつぶやきながら、火曜の夜のドラマに私は没頭していくだろう。
[PR]
by mizunoawa921 | 2011-10-19 23:38 | 雑記 | Comments(0)
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30